【革靴】アレン・エドモンズ / Allen Edmonds
もういい年齢なので、可能な範囲で、年相応なまともなファッションをしよう、と日々努力しているんですけど、更に最近はそれに加えて同時に、極力最低限のアイテムだけを吟味して所有しつつスタイリッシュになろう(ミニマリズムとかいいますね)、という高度なミッションを意識するようになりました。お金かからないですしね。

で革靴。

黒いプレーントゥ×1と、茶色いローファー×1すら持っておらず、それだけは所持しよう(いい年して持ってなかったんです)、とは何年も前から決めていたんですけど、一気に達成出来ました。

アレンエドモンズ

という、アメリカのブランドです。高級ブランドのOEMをやってるようなブランドみたいです。本ブランド自体は地味、という。アメリカの大統領が就任式に履く靴のブランド、と聞きました。ホントかどうかすら知らないですけど、要は、真面目で地味な会社、というイメージなんでしょうか?高価なブランドでなく、質実剛健な、値段の安いブランドを履く大統領は真面目ですよ、というイメージ戦略の代名詞?

Walden というローファー
ウォルデン

茶色でなくてバーガンディーだけど、まいっか。30,000円くらいだったかな。アメリカ価格だと20,000円とかでしょうか。


Park Avenue というストレートチップ
パークアベニュー

ストレートチップ。つま先部分に1枚まっすぐな革があるやつね。プレーントゥ(つま先に革なし)よりこっちのがフォーマルな靴だそう。三宮のTrading Postさんという高級靴専門店で買ったんだけど、日本の、しかも定価、みたいなお店でめっちゃ高かったんだけど、たとえ値段がネットの倍とかしようとも、お店で(専門家と)ディスカッション重ねて買うべきかなと思っててそうしたけど、実際それはそうだった。

ていうのは、僕の普段の靴のサイズはUS8(26cm)。厳密には左足は靴サイズで25.5cm、右は26cm。でも、結局買ったローファーのサイズは7(25cm)。普段の足のサイズと全く違う。しかも左は余ってるし右は大体ジャストという微妙な感じ。(履きならすと、ちょうどの方も余ってきた。6.5で良かったのかもしれない。)

ストレートチップは、同じブランドなのに、足型違うから全く違う。サイズ結局6(24cm!!)。普段買う靴のサイズと2cm違うという。。

革靴はほんとうに難しいと感じます。
関連記事
2015/09/14 | お気に入り…もの | コメント:0 | トラックバック:0____
<<【ハンガー】 MAWAハンガー made in Germany | ホーム | 【糠料理】 肉吸い定食 / アポロ食堂>>
コメント
コメントの投稿









▲投稿時に任意のパスワードを設定しておくと、投稿後の再編集が出来ます。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

http://jiro.blog42.fc2.com/tb.php/918-98a6ff23
| ホーム |