【お米は日本のアイデンティティ】 ガス炊飯器 直火匠 / リンナイ (RR-055MST)
直火


(使用の感想だけご覧になりたい方は“続きをよむ”へジャンプ!)

僕は炊飯器を買ったことがありません。

自分でごはんを炊くようになったのは、10年以上前かな。ふつうの安い土鍋で。

あ、これでもごはんって美味しく炊けるんやん

ただ、吹きこぼれで後片づけが大変

あ、御飯用土鍋ってのがあるんやん(買う)

ミシュラン料亭御用達の世界一の土鍋があるやん(買う)

という推移。10年かけて。感じ。ちなみに、炊きたてを食べるという訳でもなく、炊けたら150gずつ小分けにして冷凍(瞬間冷凍みたいなの)して、朝チンして食べる、という習慣。

そんな中、先日ふと思った。

御飯用ミシュラン土鍋、思ったように炊けない。むずい。しかも、当然炊けるまでつきっきりでいないといけない。でも今時の炊飯器って、御飯の炊きあがり方を指定すれば、ワンタッチでそういう風に炊きあがるし、当然保温も出来るし、当然予約も出来るし、当然つきっきりでなくていいし。土鍋のように、炊いて直ぐ小分け、冷凍、とかしなくても、夜に仕込んで予約で朝炊きたて食べて、余った分を小分け冷凍とか、夜予約で炊いて食べて次の日の朝昼食べて、とか、出来る。

すごい!炊飯器買う!

という事で、炊飯器について生まれて初めていろいろ調べたら、以下の様な事が分かりました。いっきに書きます。



炊飯器には

電気炊飯器とガス炊飯器があるんだけど、電気炊飯器は家庭用電源のワット数の上限(コンセントいっこ分)という制約があり、それは御飯を美味しく炊くには決定的に非力で、一方、ガス炊飯器は、昔のかまど炊きに相当する火力のパワフルさがある、と。で、電気炊飯器は、その非力な熱量の壁をカバーする為(ある意味それだけの為)に、ものすごく労力やコストをかけて様々な工夫をしているという。つまり(高級電気炊飯器は)圧倒的にコスパ悪い。15000円程度のガス炊飯器にも勝てないという。

ごはんって、

結局、高い温度で激しく攪拌(かくはん)させていっきに炊く事で、一粒一粒、立って、瑞々しく美味しくなる、という理屈が基本、要点の全てみたい。

僕んちはオール電化でなくガスだし、しかも、ガス栓いっこ余ってる!

となると答えは出てる。

電気炊飯器の場合、6月上旬に新商品が出る為、6月下旬〜7月が、型落ちを狙って買い替えるのがお得。購入当時はちょうどそういう時期。でもガス炊飯器についてはある意味既に技術的に完成してて工夫する必要がない為、ここ20年位モデルチェンジしてなかったみたい。いつ買っても同じという。でも、銀シャリなどの昨今の高級ごはんブームで、2年前、ガス関係会社総出で、高級ガス炊飯器をはじめて作ったみたい。それがリンナイの直火匠。選択の余地ない、1社1種類存在する高級ガス炊飯器。今後もきっと当分はモデルチェンジしないだろう。当然値崩れも値上がりもなく常にほぼ一定の値段。これにする。即買い。

ただ僕の家って築40年くらいで、2つあるガス栓の1つが固まってしまって動かない。大阪ガスを呼んで、修理してもらった。

(だから余分に)かかったお金。

<工事>
・グリスアップつってガス栓のグリスを塗り直して、ちゃんと回るようにする。(約7000円)
・タイマー付きガス炊飯器用に、カチッと栓みたいのをつけてもらう。(約1000円)

そして炊飯機器。

・ガスコード1.5m(約4000円)
・炊飯器(43000円)

計、55000円。

以下追記は、使用しての感想。
うまく炊けない。

冷めてもおいしい感じで、1粒1粒しっかりと炊けてるな、とは感じるが、みずみずしさがない。ぱさつくというか。

これは炊飯器や土鍋のせいではないな、と思い至る。

結論、


僕が同じ自然食品屋でずっと買ってたいろんなお米(玄米)は、管理が良くなく(要はオープンエアー)、晒されて乾燥して痛んでいたようだ。通販で、最近パックされた、ちゃんと管理された?お米(玄米)を買う。(ちなみにつや姫を買ってみた)。それを、炊く都度家で精米。(ミチバロクサブロー監修の精米器)


カップで適当に計量すると分量に誤差が出るので、きちんと1合165g(玄米)計ってから精米して炊く。

これで多少改善されたけど、まだアウト。水加減でもない。いろいろ試した。

こうなると、あとはミチバの精米器が悪い、という事のみになる。

次というか、ラスト、スーパーで、最近パックされた良い白米を買ってみる。もうこれでダメなら、おれが呪われてるというほかない。

関連記事
2015/08/16 | お気に入り…もの | コメント:0 | トラックバック:0____
<<【レトルト】 おいしいカレー S&B | ホーム | 【炊き込み御飯】 ツナごぼう御飯>>
コメント
コメントの投稿









▲投稿時に任意のパスワードを設定しておくと、投稿後の再編集が出来ます。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

http://jiro.blog42.fc2.com/tb.php/902-031e3309
| ホーム |