【せっかち】 お風呂と私
お風呂


私の家のお風呂場(上記画像参照)は、私が生活している高層階ではなく、低層階にあり、しかも一度外に出なければなりません。

ですので、風呂に入りたいな、と思った時、僕は、一般のご家庭とは違って、わざわざ沸かしに出かけていって、一旦部屋に帰って待機し、また出かける、という感じになり、大変億劫です。でもめんどくさいので、僕はそんな事はしません。いきなり風呂場に行って、いきなり入ります。沸いてても沸いてなくてもヵㇻでもそうでなくても。ラシアンルーレットお風呂。

その為、たまたま沸いてたら、キャッ♡ウフフ、というふうですし、そうでなかった場合、つまり、冷たいお風呂、もしくは空っぽのお風呂の場合、どうにかしないといけない訳です。

いずれにしても、躊躇なく全裸になり、湯船に飛び込みます。

いや、飛び込みはしないか。そうぅっと浴槽に入って、、さて、どうするか?…からの対処法をご紹介、というのが本エントリーの趣旨です。


1・浴槽が空の場合

これは楽勝です。お湯を入れながら、空の浴槽に入り、アラーにひれ伏すようなポーズ(正座でうつぶせになり、手のひらから肘までをぴたっと床に付ける)をとります。人間、手と足があったかいと寒くないんです。これでお湯がある程度たまるのを待ちます。快適ですが、いっさい何も出来ないのと、格好悪いのがデメリットです。そうして15cmくらいたまるのを待ったら、いっきに体勢を反対にします。つまり、湯船の床に背中をつけて天井を見、足を思いっきりM字開脚します。こう…本来男性はあまり取らないけれども女性には一般的←、という、非常に大人な体制のやつです。これでもう体の6割半は早くもお湯の中へ。夢の中へ。行ってみたいと思いませんか?

ということで、この後は、もう寒さ知らずでぬくぬくです。OK。ちなみにセカンドセッション(仰向け)のデメリットも、屈辱的に格好悪いことです。あとはお湯がたまるにつれ体を起こしていけばOK。


2・浴槽にお湯があり、追い炊きの場合

こちらは地味にやっかいです。あ、あの、追い炊き機能なんてない!とか、ユニットじゃ!みたいな場合は、すべからく1、でお願いします。つまり浴槽に水が入ってたらまず全て捨てるとこからスタート、てことです。うちのはお湯が沢山入るやつなので、都度お湯を捨てるのはあまりにも勿体ないので、追い炊きのパターンがあるんです。

まず、浴槽に残っている水の量。多いか少ないか。あと、温度。入っても死なないか、死ぬか。この2つの要素を、以下の加熱方法と掛け合わせ、総合的に判断します。

<加熱方法>
1・追い炊き(これはいかなる場合でも必ず)
に加えて 2・入って自分の体温で温める(死なないと判断した場合)
に加えて 3・60度設定にしたお湯を足していく

に加えて、最終手段(水量が多い場合)は、ガンガンすくって(冷たいとこのを)捨てていく、というのを掛け合わせると、西日本の厳冬期(5度とか)なら、入ってから…3分?とかくらいで、まともな状態を作り出せます。

お試しください。

※画像のお風呂はあくまでもイメージです。
関連記事
2014/12/30 | 独り言 | コメント:0 | トラックバック:0____
<<【洋画】 アメリカン・ハッスル | ホーム | 【邦画】 もらとりあむタマ子>>
コメント
コメントの投稿









▲投稿時に任意のパスワードを設定しておくと、投稿後の再編集が出来ます。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

http://jiro.blog42.fc2.com/tb.php/865-c5c9cbb0
| ホーム |