【映画】 El cuerpo (The Bodyみたいな感じ?意味) / スペイン
ロストボディ


邦題、ロストボディです。センスない邦題。表面的なんよね邦題って。含蓄がないというか思慮がないというか、薄っぺらい。

殺人事件とおぼしき事柄が起こり、老刑事が容疑者を調べるうち…。。

ま、見て欲しい。書くと完全に先入観与えてしまって台無しになる。トリッキーな映画ってあるでしょ?ギミックが仕掛けられてる映画。そういうの。

俺はそういうのすき。多少内容に無理あっても、無難な作品よりは全然尊敬するしワクワクする。

しかも、こういう映画でスペイン映画、というのも日本人の俺としてはとっても不思議な感じ。スペイン人もこんなの撮るんだ、て。

別にその国にいかなくても、映画でも、本でも、発見って幾らでもある。そういうのを改めて教えられたみたい。映画って、単純にエンターテイメントなのものもあるけれど、自分がどこかの国の誰かの立場になれるという、精神的トリップみたいな、疑似体験が出来るのがいいところ。そういう意味では、僕は映画に世界とそこで暮らす様々な立場の人々の存在や立場、感情の片鱗、を学んでる気がする。特に学ぶ必要ないんだけどね。

話逸れた。そういうのはこの映画は関係ない。

単にストーリーがトリッキーで良かった、て映画。ざっくりであっても何か具体的な事いっちゃうとダメな映画なので、よかったら見てみて。
関連記事
2014/11/02 | お気に入り…こと | コメント:0 | トラックバック:0____
<<【邦楽アルバム】 evergreen / 秦基博 | ホーム | 【土鍋】 黒楽五合炊御飯鍋 / 雲井釜 by 中川一辺陶>>
コメント
コメントの投稿









▲投稿時に任意のパスワードを設定しておくと、投稿後の再編集が出来ます。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

http://jiro.blog42.fc2.com/tb.php/854-7e906e6a
| ホーム |