【映画】 42
42


メジャーリーグ初の黒人選手が差別を乗り越えて活躍する、実話に基づく映画。

もう、典型的なアメリカ映画過ぎて、しかも野球だし、穿って見ると、ある意味ウンザリ、失笑、という感じの系統なんだけど、果たしてめちゃくちゃ良かったです。

特に事件とかなく、比較的淡々と描かれていて、そもそも典型的に先が読める映画なのでこの上なく退屈になる方が当たり前なんだけど、この映画を作った人の真面目さや愛情、プロフェッショナルさが画面に出ていて、絵が綺麗、演技が良い、音楽が素晴らしい。

アメリカのオールドスクール?な、素朴な美しさが集約されてる映画。

音楽が素晴らしいと書いたけど、サントラがオーケストラなんだけど、その作りの丁寧さったらない。でも、典型的な映画オーケストラなんだ。でも、最高に合ってる。

戦後間もない頃を描いた今の映画だけど、その頃の古き良き美しさを、今の音楽と映像で表現したという感じ。

アメリカの良さって?

と誰かに尋ねられたら、この映画を紹介すればいい。

そう思うくらいの映画でした。

昔のアメリカは、平和的なアイデンティティがあった。過去の話。
「この顔の歪み方…ハリソンフォードだろ。でもこんなに年寄り違うしな…。」

ハリソンフォードでした。特殊メイクとか、あと、飛行機が飛んでるシーンとか、考えてみたら、ありとあらゆるシーンがCGな気がします。Always四丁目の奇跡、の映画みたいに、昔の街を再現する為に、作りまくって、消しまくって(電柱とか)、という。

CGって便利だね。いいと思う。(完全に憶測です。実際は完全実写だった…て事は、ないな。うん。)
関連記事
2014/10/26 | お気に入り…こと | コメント:0 | トラックバック:0____
<<【フジテレビ】 オモクリ監督 | ホーム | 霜降りひらたけ / ホクト>>
コメント
コメントの投稿









▲投稿時に任意のパスワードを設定しておくと、投稿後の再編集が出来ます。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

http://jiro.blog42.fc2.com/tb.php/851-ad27556b
| ホーム |