【映画】 Out of Rosenheim (邦題:バグダットカフェ)
バグダットカフェ


27年前の映画!マジか!古さゼロです。素晴らしい映画です。

こんな映画観たことないです。鑑賞時系列で以下のような感想。


何これ、へんてこりんな映画。

ぷっ!可笑しなの。あはは。これはコメディ?

何か…やたらみんな可愛いな。さりげにおしゃれだしな。変なの。内容もおっかしいし。

この映画…なんかラブリーなのかな?そうだ!ラブリーだ!みんなかわいい!(そして世界観&キャラがパないな)

ん?手品だと?ありゃ?何か映画の感じが変わってきたぞ。。

わー。終盤普通に素敵な(別の)映画になってもうた。わー。あれと同じや…フロムダスクティルドーン。。。む_?タランティーノぽいとこあるな、そういえば。

という事で、ひとことで言うなら「Lovely」。他に類を見ないオンリーワンな映画なので、少なくとも誰しも新鮮で楽しめると思います。懐の深さが凄いというか、いろんなタイプの人がそれぞれ違う部分でいろいろ楽しめるであろうな、と思える、凄まじい映画だと思います。

例えば、芸術好きな人には絵的なところ、コメディ好きな人、劇好きな人には会話の部分や編集(カット割り)、物語好きな人にはキャラの部分、ミーハーな人も笑えるキャラやセリフや世界観、ディープな人も満足出来るユニークな描写やタイミング、妙なカメラワークとか。

全編独創的でへんてこなのに、絶妙なバランス感覚(はみ出過ぎない)と美的感覚があるので、めちゃくちゃB級的なのにビッグムービーみたいなスケール感があるという。ほんと、そこら辺タランティーノ的というか、天才的で奇跡的な映画だとおもいます。

ひとつだけ残念なのは、上の時系列感想にあるように、終盤、独特な世界観やくすんだ感じ(ファジーというか、余地)がなくなって、単なる平たいハッピーストーリーみたくなってしまうところ。絵も内容も。

有名な映画みたいですけど、伝説にならなかったのは多分それが理由だと思います。

でも楽しい。ハードディスクに残しときました。また何回か観ます。


関連記事
2014/05/02 | おもしろい | コメント:0 | トラックバック:0____
<<【宅配弁当】 ご馳走や 惣兵衛 | ホーム | 【映画】 DJANGO UNCHAINED(ジャンゴ)>>
コメント
コメントの投稿









▲投稿時に任意のパスワードを設定しておくと、投稿後の再編集が出来ます。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

http://jiro.blog42.fc2.com/tb.php/813-7199bf47
| ホーム |