【映画】 ダラス・バイヤーズクラブ
ダラスバイヤーズクラブ


こないだ、程なく期限切れになってしまう映画のタダ券、があったので観てきました。

映画館が限定だったので、無理矢理選んで観てきた、という感じ、興味はあるにせよ、特別見に行ってまで…という。逆に、そんな映画を鑑賞するのは久々です。

でも、人との出会いなんか含め、凄い出会いとかって、たまたま、いつもとは違う行動を取った時とかの方が、案外多かったりするような気がします。

この映画もそうでした。

今年のアカデミー賞の主演男優賞?と、助演男優賞?的なのを取ってる映画、てのは一般常識的に知ってましたけど、内容については全然知りませんでした。あまり興味なくて。

その、全く知らない、てのが完全に功を奏したような感じ。

下品で乱暴なのが売り(タランティーノみたいな)とか、或いはアメリカの片田舎?低所得者層?の人生模様とかの映画かな、て思ってたんですけど、確かに、導入はそのようなムードなんですけど、その後の展開が斜め上というか、でもとても破綻なく良く出来ていて、凄かったです。

今年に入って観た映画(少なくとも100本以上は観てると思う)の中で、一番インパクトありました。

カメラも本も、全部いろいろ良かったけど、やっぱ主演の人と助演の人が、圧倒的に凄かった。

日本の俳優さんと(渡辺謙さん含め)、世界の俳優さん。意外と、まだ随分差があるのかもしれないなーと初めて知ったというか思いました。役者さんが本気で命を削ってるというか。ほんとうに本人になっているというか。気概でなくて、結果として本人という感じが凄いというか。渡辺謙さんて、どの作品も普通に単に渡辺謙さんですもんね。言葉悪いけど。そういうのとは全然違う。高倉健さんとも同じ意味で全然違う。

映画ていうのは、ラーメン屋さんの感想などと同じで、人の好みやその時の気分や環境などによって、まったく印象が変わるもので、万人に通用するレビューってなくて、意味ないですが、この映画については、誰がどのタイミングで観ても、それぞれにとって、意味があったり楽しめたりする映画だと思います。制作に関わったいろんな人のエネルギーが高次元で結実した、かつ、ユニークなタイプの映画と思います。

機会があったら観たらいいと思います。多分、どんな映画とも被らないので、少なくとも「これなら〜のが良かった」みたいにはならないと思います。
関連記事
2014/03/19 | お気に入り…こと | コメント:0 | トラックバック:0____
<<【アニメ】 キルラキル | ホーム | 【トルコライス】 神戸トルコライス>>
コメント
コメントの投稿









▲投稿時に任意のパスワードを設定しておくと、投稿後の再編集が出来ます。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

http://jiro.blog42.fc2.com/tb.php/797-23221862
| ホーム |