【カレー】 Cafe Punasipuli / カフェ・プナシプリ
プナシプリ

和歌山の田舎の、分かりにくいところにぽつりとある、カレー屋さんだそうです。
上のわんちゃんは店主さん(直筆?のアイコン)です。かわいいなっ。

ネット掲示板をぼーっと見ていたら「いなかでカレー屋さんやってるけど…(もう限界かもしれん)」というスレッドがあり、気になって見てたらとっても面白くてチャーミングな人で、お店も楽しそうだし味もちゃんとしてそうだし、ブログもめっちゃ楽しいので、ご紹介します。

要は…

田舎で人があまりに少ないのと、田舎にありがちな市民性(外食する意識が低かったり金出さなかったり)と、お店のユニークな性質が田舎に悪く作用して、頻繁なリピーターや一見さんのお客さんは来なかったり。てか誰も通りかからないような場所みたぃ。そんなとこにオープンしちゃって…バカだな。まいいや。で一部の、先入観なく、ものの質自体をフラットに咀嚼評価できるような人、要は「ワンコインランチないんか?」とか「焼き飯出してえや」みたいなのでない、普通にそのジャンルの味覚を一定程度判別出来るまっとうなお客さん、の支持自体は増えているものの、それは遠方の人ばかりとなり、イコール日々の売り上げを埋めるには到底いたっておらず、日々、一人でわーいわーいつってゲームして遊んだり試作メニュー作って食べてみたり自然と戯れたり、たまに来たお客さんと何時間も遊んでみたり、また土日以外はランチ営業だけにし、生計を立てるべく、夜は佐川急便で仕分けをしてバイトを続けるもののトラックの荷台から酷い形で落ちて深刻な足首の捻挫、車いす生活直前のダメージを受け、現在足を引きずっている為に佐川も円満に働いていたもつとまらずやめ、先日工場でのアルバイトに面接受かったらしく、とはいえ、一緒に商売を始めた奥さんと程なく離婚の運びと相なったり、もっと前を振り返れば、通風にかかった為にお医者さんにはお酒を止められていたりする、とても大変な、九州出身の、関西で飲食を経験した後四国で独立した、クリエイティヴな仕事をしていた時期もある、男の人みたいです。 はぁはぁ…。。あ、あと店舗賃貸の都合上、まだ10年程は現在の場所から撤退出来ないらしく、ちなみに、自然農園を併設していてその貸し出しや野菜の栽培をしていたり、ピザ釜完備のパーティスペースを貸し出したりもしているそうです。

(おし。短く説明できた)

店舗の写真や詳細は以下をご参照ください。

→ 【食べログ】Cafe Punasipuli(カフェ・プナシプリ)


僕は、この店主さんめっちゃ好き。カレーは食ったことねぇから知らねーけど、凄く素敵なセンスを持っていて、形に出来てると思います。応援したい事山の如しです。

ぶっちゃけ、インターネットベースで商売を始める方策を考えないと(要は通販で惣菜やカレーを冷凍で売るとか、スパイスセットや野菜を売るとか、イラスト売るとか)、お店の営業のみでは存続は無理、と思いますが、店舗にとらわれなければ、農園の方と、バーベキュースペースの方、ゆるい企画力を発揮すれば、全然成功出来そうです。僕に何か出来るなら手伝いたいくらい。

店主さんのユニークさは、以下お店のブログを見てご判断ください。

→ Cafe Punasipuli [かふぇ ぷなしぷり]

この店行きたいぃぃ。店主さん、おれにそっくりやねんもん。思考の感じが。。(←ついに本音告白)

でも僕は和歌山なんて多分行かない。天皇が南極に行かないのと同じ(おれ偉いという意味ではないょ)。神戸に来てくれへんかな。ただで泊めるし、接待するねんけどな。

頑張ってください。店主さん!
行ってみてね!皆さん!
関連記事
2013/12/17 | おもしろい | コメント:2 | トラックバック:0____
<<【ラーメン・つけ麺】 和六(わろく) | ホーム | 【カレー】 あゆむんや / AYUMUNYA>>
コメント
はじめまして
ぷなしぷりで検索したらみつけました。
店主ちゃん、そんな事になってたと知って吃驚です。
良いキャラだったのになぁ…
料理も結構美味しかった、もっと行けば良かった。
2015/05/07 URL | 通りすがりの和歌山市民 [ 編集]____
> re:

コメントありがとうございます。
これ随分前のエントリーですね。

現在てんちょさんは、大阪の量販店で携帯売られてる?みたい?トップセールスみたいですよww

近々、週1、平日にカレーのお店も再開するみたいです。詳しくは知らないですけど。
2015/05/08 URL | じろー [ 編集]____
コメントの投稿









▲投稿時に任意のパスワードを設定しておくと、投稿後の再編集が出来ます。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

http://jiro.blog42.fc2.com/tb.php/762-bb3822c7
| ホーム |