【カレー】カウボーイカレー / COWBOY CURRY
カウボーイカレー

ずーーーっと行ってみたかった、三木市の方にある、カウボーイカレーさん。

アメリカのカウボーイをモチーフにした、ファンキーな、びっくりドンキーみたいな?特徴的なウッディなお店。看板メニューは、ローストビーフを並べたカウボーイカレー。

とてもキャッチーで興味深い感じ。仕事のついでがようやく出来て、行ってきました。

お店は意外にこじんまりしてました。全部ボックス席で、各席に焼肉のロースターがあるので、元々は焼き肉屋さんだったのでしょうか?

店員さんはハキハキして良い感じです。黒板に書かれた限定メニューの、カッパスジカレー(鹿児島産の牛スジで、スジというより肉々しい感じで美味しいとの説明)というのを薦められたので、それと、看板のカウボーイカレーを頼みました。


<カウボーイカレー>

程なく出て来ました。冒頭の写真がカウボーイカレーのご飯とローストビーフ(ルーは別盛。下の方の画像を参照してください)。オニオンステーキソースみたいのと、福神漬けがカスターとして出てくるのですが、最初はそのソースにローストビーフをつけて食べて、その後ルーをかけて?つけて?食べてと言われたので仰せの通りに。

ローストビーフ。ローストビーフって、よっぽど上等とかでない限り、あんまり味ないですよね。これもそんな感じ。スーパーで売ってるあのローストビーフの感じです。海外の肉なのかな?とにかく、うお、うまい!とか、香ばしい!とか、柔らかい!とかなく、あ、うん。普通だ。もぐもぐもぐもぐ(長らくかみ続ける)…と言う感じ。

ルーに期待して、オニオンソースつけは1枚で見切り、もうどばっとルーをぶっかけて食べます。

ご飯はパラパラした感じ。カレーに合う乾き具合で良い感じです。そしてルー。一口食べてすぐ、「ああ、チョコレートだな、チョコ凄いな」という感じ。煮込まれてるので香りは全部飛んでいて問題ないですが、甘さ、コク、苦さは完全に健在です。カレーの香辛料やハーブのコクや香りでなくて、チョコ+野菜を煮た味+ビーフの味+その他の諸々、みたいな感じです極端に言うと。カレーに必須の10種類〜くらいの定番香辛料ってありますよね。それらをあまり沢山の種類入れてないか、量が入っていないか。とにかくほんのりカレー風味という感じで、辛さもないですし、これカレーなの?というのが率直な感想。チョコで仕立てたハヤシライス・カレー風味、みたいな感じです(デミソースじゃないですけど。感じとして)。

美味しいか美味しくないかで言うと、バランスが変な訳でもないですし、勿論不味い訳ではないですし、ありなんですけども、一度食べてみるのは楽しいけど、リピートしようとは僕は思わない感じでした。カレーの王道的なところを踏まえてない、あくまで亜種の、カレー的な別の食べ物、というイメージで、わあカレー食った!というど真ん中の部分(ブイヨンだったりフレーバーだったり香辛料だったり)という要素が薄い分、僕にとっては「これはクセにならない」と感じました。チョコがカナメ(一番前面に出てる)というのが僕には致命的でした。スパイスと、なんらかのフォン(出汁)が最前面。これが僕にとっては前提みたいです。

あと、こちらのお店、具が大きいのも特徴みたいで、がっつりお肉入ってますので、そういう意味では割高なはずではないんですが、崇高な味わい(高級食材を使って手間暇かけまくったようなの)などではない、庶民的な味でしたので、やっぱ1000円は高いな、と思ってしまいます。



<カッパスジカレー>

カッパスジカレー

定番メニューではないようです。上等のスジが入っています。ごろん、とでかいです。スプーンの倍くらいのでかいお肉がごろごろ入ってます。店員さんの説明通りに、スジというよりは肉です。シチュー肉テイストですね。この肉は美味しかったです。ルーは上記カレーと全く同じなので同じ感想です。こちらは1100円。更に100円高いですが、ローストビーフよりは、国産牛の良い味と香りがありましたし、そこそこいい肉食ってる!という実感があって満足度高いです。でも、やっぱ値段高いなとは思います。カレー風味のステーキ定食を食べてると考えればいいんでしょうけれど。。


<その他>

福神漬けとサラダがつくんですが、福神漬けはいちばんチープなタイプ。サラダも、キャベツ千切りと玉葱薄切りと茹でたコーンと人参せんぎりとレタスを、ふたくちで食べれる位ほんのちょこっと盛った、日本一どこにでもよくあるタイプのサラダです。これはこちらに限らず、カレー屋さんに行くとそのカレーの良し悪しに関わらず、良くある事なんですが、なんでこういうディテールについてはどこもいい加減になるんだろう。逆に言うと、小物が気が利いてると簡単に好印象なのに、勿体ないなって思います。


<総評>

カレー

面白かったですし、清潔ですし、良いお店だったです。単に僕に合わなかっただけで。ですから、この味がドンズバに好きな人は、このお店がオンリーワンな最高のお店、て事になると思います。十分に特徴的です。

ハヤシライスもあるみたいですが、何となく想像はつきますし、それ以外については、具とトッピングを変化させるだけなので、同じ味のバリエーションです。なので僕は1回体験出来たし、もう行かないと思います。


<蛇足>

こちらで食べた時、お店にサイフを忘れ、その後須磨で用事があったのですが、その須磨に着いてからそれに気づき、気づいたとき車のガソリンはゼロ、かつお腹を下していて直ちにトイレに行きたく…。という悲惨なその後が待っていて、とても辛かったです。まず用事先でトイレを借り、ガソリンを入れ、往復2時間かけてお店にサイフを取りに行きました。そっちの方が印象的な思い出になりました。(あ、店員さんはお金をぱくる事もなく、丁寧にサイフを取り置いて下さいました。ありがとうございました。)
関連記事
2013/12/03 | 微妙なお味( ´Θ`) | コメント:0 | トラックバック:0____
<<【カレー】 あゆむんや / AYUMUNYA | ホーム | 【映画】 鍵泥棒のメソッド>>
コメント
コメントの投稿









▲投稿時に任意のパスワードを設定しておくと、投稿後の再編集が出来ます。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

http://jiro.blog42.fc2.com/tb.php/760-52588042
| ホーム |