自宅前でわいせつ被害直後 助け求めた男にも襲われる
□□
 神戸市中央区の路上で、男に体を触られた女性看護師(23)が別の男に助けを求めたところ、この男からも体を触られる“ダブル痴漢”の被害に遭っていたことが18日までに分かった。

 16日午後11時20分ごろ、この看護師は同区自宅マンション玄関前で、コンビニ帰りに前から歩いてきた男にすれ違いざまに襲われた。男は看護師のTシャツの下に両手を入れて触り、ジーンズのボタンを外し、中に手を入れてきたが、大声を出すと逃走。助けを求めながら追いかけたところ、もう1人の男が無言でついてきた。

 約70メートル追いかけて痴漢を見失ったところで今度は、一緒に捕まえてくれるはずの男が看護師に襲いかかり、無言のまま両肩をつかむといきなりキス。右手で胸を触ってきた。看護師が突き飛ばすと走って逃げたという。

 最初の男は35~40歳で小太り。第2の男は50歳前後でグレーのスーツ姿のサラリーマンふう。生田署は強制わいせつ容疑で捜査中だが、看護師は「もう他人を信用できない。怖くて自宅周辺をひとりで歩けない」と憤っているという。


■■
神戸市中央区在住の身としては、何とも嘆かわしいというか、恥ずかしいというか、情けない。世知辛すぎる。世も末だ。…なんだけど、この事件、不可思議というか、可笑しい(すみません)というか、何かツッコミどこ満載な感じだ。敢えて何も書かないけれど。

彼女の何がそういう事態を呼び込んだのか。その答えは風に吹かれている。
関連記事
2006/10/19 | from Yahoo!トピックス | コメント:0 | トラックバック:0____
<<シャチの「クー」、突然甘えっ子に…名古屋港水族館 | ホーム | ATOK>>
コメント
コメントの投稿









▲投稿時に任意のパスワードを設定しておくと、投稿後の再編集が出来ます。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

http://jiro.blog42.fc2.com/tb.php/67-d5e1e4db
| ホーム |