【SMS】 さよならFacebook
facebook.png


はは。ロゴ作ってしもた。暇。。

僕は、SNSはその黎明期から一般的に当たり前の存在になる手前位までやりまして、mixiもGREEもキヌガサも、国産SNSは相当コアにやったクチで、どちらかというとSNSについて親和性が高い方だと思います。ご存じの通り、それらは各々衰退したり別モノに変化したり消滅して、現在世界ベースのFacebookに全て取って変わった訳ですが、このFacebookは、僕には全く馴染みません。ついに退会してしまいました。

ビジネスの人、商売の人、あるいは何らかのサークルや団体に属していて連絡掲示板的な機能を欲する人にとっては、つかいであるのかもしれませんが、それ以外の人は、何故こんなに使いにくいプログラムを使っているのか不思議でならないです。デファクトスタンダード(品質関係なく圧倒的なシェアになるとそれが世の中の標準になる)のいちばん悪いパターンという感じです。

(僕の場合)本当に知りたい情報やFUNな情報はTwitterの方が質が高く、Facebookには、基本薄い内容の個人日記みたいなものばかりがどんどん表示されて、それは前出の人以外では「お友達と常に密に繋がっていたい人」などでない限り、閲覧罰ゲームというか、ソーシャルジブリというか…そんなです。ブログなどですと、訪れて見るからいいんですけど、Facebookの場合、自分のトップ画面にそういった日記が表示されるので、抵抗感半端ないです(非表示には出来るんですが)。

企業や気になる公的アカウントも勿論追加して(というか元々それが目的)チェックしてみましたが、今ひとつ大した事ない情報が多いというか、その企業のウェブサイトや公式Twitter、一般の情報サイトの方が精査された情報が得られる感じでした。またやはり使い勝手が悪すぎて、エントリー閲覧以外何が出来るのか良く分からないし。

これだけユーザーの規模が大きいと、もしかして面白い出会い(また話したかった懐かしい人との再会など)もあるのかな?と一縷の淡い期待を持っていたのですが、それはありません。現実には(Facebookあるあると言っていいと思うんですが)、どちらかというと、別に繋がりたいと思わない知り合いの人ばかりが増えていきます。

そして、中途半端にFacebookに所属していると、繋がっているフレンズ?からすると、それを見ている事が前提になるようで「あのお知らせした件どうする?」的な展開になったりします。それなりにチェックしておかないといけないような感じになる訳です。

また根本的な事ですが、Facebookの基本コンセプトは、実際の生活での人との繋がりのオンライン化、ですから、当然、ガチで情報をインターネットに晒す事が前提なんですが、そんな僕みたいな場合、個人情報を自らばらまいて利用するデメリットは多かれど、メリットはありません。

という訳で辞めました。インターフェース以外の部分では、Facebookのせいどうのでなく単に僕に合ってないだけなのかもしれませんが(リア充ではない点が何より致命的に向いてないですし)、とにかく、僕自身がネットのゴミにはなりたくないですので、放置するんならきちんとやめろ、の原則(自分のルール)に従いまして、さよならFacebookと相成りました。
上記の様な感じで、やめたんですけど、ちゃんと使っている先輩に、
「それは、Facebookの事、あんまり分かってないからだよ」
と、いろいろ説明してもらって、
うわー!そうなんかー!だいぶ分かってなかったみたいー!
となって、いっとき、再開しました。

先輩のおかげで、Facebookは、いいね!てボタンを押せば(かつて全く幼かった)、そのAI(学習能力)で、自分が望む情報だけ表示するように、どんどん勝手に特化してくれるというコトが分かりました。

なので、今ではどんどんFacebookを使っています!

とはなりませんでした。頑張りましたが、結局やはり放置と相成りました。(退会はしてません)

終わり
関連記事
2012/12/25 | 独り言 | コメント:2 | トラックバック:0____
<<【お正月】 七草粥ならぬ七草のすまし汁(お吸い物) | ホーム | 【お総菜】 里芋とこんにゃくの甘辛煮>>
コメント
あら、残念…。
オレは逆に、ツイッターとかmixiは全然ダメだわ。
FBのおかげで、昔の友達に色々出会えて、結構助かってます。
でも、友達は厳選したほうがいいね。
2012/12/28 URL | Kozzy [ 編集]____
Twitterは、オリジナリティあるというか、人とちょっと違う人(歪んだ人?)に向いてると思う。

Facebookは現実が円満な、普通の人に向いてると思う。
2012/12/29 URL | じろー [ 編集]____
コメントの投稿









▲投稿時に任意のパスワードを設定しておくと、投稿後の再編集が出来ます。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

http://jiro.blog42.fc2.com/tb.php/657-81f38ff6
| ホーム |