【映画】 好人好日 / 監督:渋谷実
好人好日


最近、新旧洋邦、いろんな映画見てて、映画って、時を越える文化の凍結みたいなところあるなという事が分かりました。(…今さら)

そういう事が分かると、まずは単純な映像のクオリティ、とか、内容のドラマチックさ、とか、そういう中学生的?リミッター全て脆くも崩れてしまって、対象となる映画が莫大になりました。これはとても大変です。

古い映画でも、凄いのが多すぎる。。

この映画は、渋谷実さんという監督さんです。小津安二郎さんのスタッフさんだった人なんですね。

コミカルな内容で、とても面白いです。やばいです。これが日本だよという感じ、この時期の日本がここにあるし、日本の何が良くて何がダメなのか等も、全部この時代の映画で既に描かれてるやん、て思います。日本人の権威主義、長いものに巻かれろ、野蛮な人間に刃向かわず、滅ぼされていいと思う美学と言えば美学、情けないと言えば情けない国民性。

とにかく楽しい映画ですので、必見です。

てか日本は50年前から、いい意味でも悪い意味でも全く何も変わってない。
関連記事
2012/11/16 | お気に入り…こと | コメント:0 | トラックバック:0____
<<【ボディソープ】 Mellsavon(メルサボン) / 石鹸 | ホーム | 【ふりかけ】 タナカの旅行の友(小魚のふりかけ) / 田中食品株式会社>>
コメント
コメントの投稿









▲投稿時に任意のパスワードを設定しておくと、投稿後の再編集が出来ます。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

http://jiro.blog42.fc2.com/tb.php/634-31f8a9d4
| ホーム |