【宅配寿司】 銀のさら / 神戸中央店
銀のさら

いつも仕事柄、車でうろちょろしていて、ときどきみかける「銀のさら」の店舗?事務所?工場。

商圏から離れたところにぽつんとあって、窓などを完全に目隠しして外から一切見えないようにしてる。うわ、胡散臭いなあ。生鮮食品扱ってるのに見せたくないって、食材、どんな扱いしてるんだろう。まるで信用できない。ここでは絶対買わないようにしよう。そう思っていました。

ところが先日、こちらのチェーン、テレビで紹介されてて、そのような想像は全くお門違いで、実際にはとてもちゃんとしていて、支持されている真面目な宅配会社らしいという事が分かったので、ではでは、と注文してみました。悔いのないように!?あらゆるメニュー系を網羅して一気に注文してみました。

銀のさら

見た瞬間に、これは(ちょっと上質な)お寿司屋さんの仕事やん…やばい(僕の知ってる宅配寿司や回転寿司とは次元が違う)と思いました。桶から、ラップの仕方から、ネタの処理から、何から何まで、綺麗で丁寧。実際値段は高いですから、スシローと一緒じゃお話にならないですけど、近所の小さなお寿司屋さん(=意識低いけどそれなりな値段はする)とかより何倍も品質が高そうでした、見るからに。

実際に食べた感じも、基本見た目通りでした。


今回買ったものは、トータル7,999円。2人分です。前日予約で5%OFFだったので、何百円か差し引かれて、その値段です。


1人あたり

・握り寿司(高級なネタから順に選んだ感じです)15貫
・炙りさば棒寿司4切
・いなり2つ
・上巻寿司2切
・バッテラ4切
・茶碗蒸し1つ

で約4,000円くらい。コース料理並の値段ですー。でも、内容からすると、これが宅配で家に届くのか、って考えると、割と安いかもとも思えます。

"シャリ"については、ご飯の炊き方自体はとても素晴らしいと思います。芯の残る、粒がはっきりした感じ。プロっぽいです。ただ、酢飯全体の握り方の強さは、ほろりと崩れるという訳にはいかず、ブロック、という感じで残念です。せっかく注文を聞いてから握っている?なら、もう少し機械では出せない、崩れる具合に出来そうと思うのですけど…。何か制約か、マーケティング的な理由があるんでしょうね。

以下、そのネタ全ての内訳、値段含めてひとつひとつ感想です。(☆=イイネ!て思った一貫)

【11】伊勢(いせ)2人前22貫 \3,990 x 1 = \3,990
・さび入り

マグロ…おいしいです。
イカ…おいしいです。
サーモン…おいしいです。
上あなご…臭くておいしくないです。
甘エビ…ふつうです。
☆五島あじ…とてもおいしかったー。
ほたて…ふつうです。
☆イクラ…元々味がない食べ物の割には臭い事が多いので苦手なんですけど、臭くなく、おいしかった!
ネギトロ…ふつうです。
切玉子…ふつうです。

【1221】トロサーモン握り1貫 \180 x 2 = \360

それなりにおいしかったです。

☆【314】エンガワ2貫 \430 x 1 = \430
・さび入り

家ではあんまり食べられないのでそれだけで幸せですが、味は…まずまずという感じ。

☆【322】生車エビ2貫 \680 x 1 = \680
・さび入り

すごいおいしかった。てかこんなのが家で食べられるなんてすごい。

【402】茶碗蒸し1個 \370 x 2 = \740

よくスーパーで売ってる工業製品の茶碗蒸し(もどき)みたいのありますよね?あれです。

☆【208】炙りさばの磯棒寿司1人前8個 \980 x 1 = \980

これ一番凄かった。身がシャリと同じくらいの大きさでデカいし、さば、てあるけど、あじ?なんなら鯛?て位、ふわっとした食感と上品な味と柔らかい香り。これ、お買い得。

【210】助六1人前 \640 x 1 = \640

いなり寿司…具は全くなく、白飯、ご飯だけです。潔い、いなり寿司です。揚げ含め、佇まいはホンモノですが、もう頼まないかも。
上巻き…甘く煮た椎茸が具として凄く多くて、僕はあのもわっとした味が苦手なので、ダメでした。海苔とかご飯かは高級です。かんぴょうやメンマのあの動物的な臭みが大丈夫な人にはきっと美味しいです。

【207】バッテラ1人前6貫 \600 x 1 = \600

これおいしくなかった−。臭みは少ないけど、やたらしょっぱい。駅弁とか柿の葉寿司とかそういうバッテラの方がもう全然おいしいです。これは値段から何から頼む価値ないと思います。

以上です。

<総評>

僕の住環境では、宅配してくれるお寿司屋さんで、普通の値段でまともなお鮨を作っているというお店は、あるのかもしれないですけど、僕は知らないですので、多分また頼むかもしれません。。宅配のスタッフさんもとても良い応対でしたし。

頼む『かもしれません』という表現なのは、メニューが、季節によっていろいろと変わる感じではなさそう=もう食べてしまったので、おもしろみがない。という部分です。ものすごい大きなチェーン店の、莫大に確保出来るネタでないとメニューに出来ない、という、アキレス腱の部分なのかもしれません。

p.s.

宅配時、器(うつわ)について、"桶"か、"捨てるのが可能なプラスティック容器"か選べるのですが、僕は断然桶です。高級なお鮨をここ一番で頼む訳ですから。食べる時の優越感、特別感、全く違いますから。器ってたいせつ。でもお店としては、"桶"の場合、後日回収しないといけないですから、単純に言うと400円とか余分に人件費がかかるわけです。それはユーザーに請求される事はなく無料ですので、この『桶』を用意しているという、会社の考え方(=お鮨はみんなにとってご馳走なんだ)という哲学が伝わってきて、少し感動しましたし、良心的な会社だな、と共感しました。

あと、残ったもの(巻き寿司とか押し寿司)を次の日食べたら、めっちゃ不味かったです。それだけ、きっとちゃんとしてる(保存料とか柔らかさをキープする薬品とか発色料とか入ってない)んだと思いました。ですので必ず、その場(頼んでから2〜3時間)で食べ切れる量だけを頼みましょう。

→ 銀のさらウェブサイト
関連記事
2012/11/02 | おいしい…飲食店 | コメント:0 | トラックバック:0____
<<【アニメ】 ジョジョの奇妙な冒険 | ホーム | 【ラーメン】 みなとや / JR神戸駅から徒歩13分>>
コメント
コメントの投稿









▲投稿時に任意のパスワードを設定しておくと、投稿後の再編集が出来ます。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

http://jiro.blog42.fc2.com/tb.php/629-00e6a84f
| ホーム |