【スティーヴ・ジョブズ】 iCar / Apple
iCar / Apple


先日ネットで、“スティーヴ・ジョブズが最後に作りたかったのはiCarだった”的な記事を見て、ちょっとインスパイアされたので、僕なりに書きます。

まず該当のiCar(車)。

ジョブズさん、車とか好きでなかったでしたっけ?もちろん作りたかったでしょうね。そして実際ジョブズさんそれっぽい動きしようとしませんでしたっけ?(具体的なアーキテクチャーみたいのは全く覚えてません)

普通に、例えばレクサスがずーっと昔からやってた、ネットとカーナビと人的ナビゲーターが結びついてのコンシェルジュ機能みたいのとか、Googleマップなどとの連携とか、車載カメラから撮影してtweet云々とかは、とてもイメージしやすいですね。車自体のデザイン外観のカスタマイズ等もそうですね。BTOってやつ。ネット注文的な。ナイキの靴みたいな。

勿論、車だけではなくて何でもいけます。

iBike(バイク:車と同じイメージ。カラーリングやパーツなどをカスタマイズ&ネット注文)、iBicycle(自転車)、iCloths(服:無限に選べるファッションソリューション、ではありません。単なる黒いタートルネックの無限バリエーションです。半袖、とか、ノースリーブとか)、iShoes(靴:NIKEのジョグ靴+Appleの内臓センサーとPCプログラムで、出来損ないですけど既に実現してる)、iFood(食材デリバリー&調理コンシェルジュ)。

i~的サービスは、いろんなところでいっぱい実現しています。単に、Appleがやれば、i、てだけの話ですね。言い方ですね。見せ方、というか。

再び、iCarの話です。

僕にとってiCar、というと(文字通りというか海外ではiCarと呼ばれてる?)、三菱の“i”、です。

冒頭画像がそれです。どうですか!!(フロントガラスの下にアップルロゴつけてみましたけど)完全にMacbook Pro Car ですよね??

見た目だけでなく、もともと三菱のi-MiEV(電気自動車)プロジェクトで最初にこの車がコンセプトモデルとして出た時、確か、エンジンはなく、車輪4つにそれぞれモーターを配した、全輪駆動による自動車だったと思うんです。

このコンセプトだと、パワートレイン(駆動系。エンジンやその動力を車輪に伝える歯車やロッドや機械)が全く必要ないので、ボディデザインやレイアウトに一切の制約がなくなる(=自由なデザイン&100%車内空間を有効活用出来る)、圧倒的な軽量化が計れる、という、夢の様なコンセプトだったはず。勿論電気なのでバッテリーの問題とか、車輪部分に大変な加重がかかる問題とかあるんですけども。。

でもエンジンのない、スペース効率100%の電気自動車、という事で、僕は当時、これほんとに世界は変わるのでは?と思ったもんです。変わりませんでしたけど。

iCarつったら(車種は)三菱i。僕の揺るぎないイメージです。
関連記事
2012/05/25 | 独り言 | コメント:0 | トラックバック:0____
<<【レシピ】 ミネストローネ | ホーム | 【NHK】 デザインあ>>
コメント
コメントの投稿









▲投稿時に任意のパスワードを設定しておくと、投稿後の再編集が出来ます。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

http://jiro.blog42.fc2.com/tb.php/579-31075331
| ホーム |