【トレイルウォーキング靴】 MO703G / new balance
  
  
 
new balance / MO703G

  
 

トレイルウォーキング用シューズ。つまり登山靴というか山登り用の靴です。

山登り。家の裏がもう山なので、春や秋は一眼レフを携えて、ちょこちょこ一人で登っていましたが、ここ3年ほどは全く登っていません。なんでだろう?分かりません。

今持っている唯一のトレイル用(と書いてあった)靴は、完全に素足感覚のそれで、実際山に登ってみたら、もう恐ろしいったらありゃしなく(裸足で山に登っているようなものだった)、何かあったら爪とか剥がれ放題、また透け透けメッシュなので水浸み放題&砂入り放題で、「…そりゃダメよねやっぱこれじゃ?」というもの。犬の散歩用みたいな靴です。new balanceのですけど。

だから実質、今山登り靴は持っていません。

ちなみに前の山登り靴はメレルのだったんですけど、値段とても高かったのに、僕には悲劇的に足に合わず、これまで買ったあらゆる靴の中で唯一にして初めて、足を壊した(土踏まず周辺の骨が歪んでおかしくなった)靴でした。その原因は分かっていて、(僕の買った時の)メレルは、ソールのインナー部分が、石のようにガッチガチに堅い靴で、足型が合えば頼りになるし、そうでなければ拷問になるというタイプ。しかも、そもそも足型自体が欧米人向けの、土踏まずや足の平をがっちり彫り込んでいるようなものだったので、僕の場合は日本人らしくというか、土踏まずも足の平も平たいので、合わずにダメだったんだと思います。強制青竹踏み状態で山を登っているようなものでした。

そのまた前のは、ナイキACGのもので、これはデザインとイメージを重視して現実が欠落していたのか、どうしても下りでつま先が前に来てしまうという形で、初歩的にな欠陥構造なもので、ダメでした。可愛いデザインだったですけど。

そんな中、ついこないだABCマートで、本商品を見かけました。型落ち(去年モデル)なのでそれなりに安くなっていて、「ああ…靴買って、必然的に山登りせざるを得ないようにしてみよ…かなぁ」とか思って、買っちゃいました。えへ。

黒にオレンジという僕の好きな配色(読売ジャイアンツは別に好きじゃないよ)だった事も大きいです。黒は泥汚れ目立つんですけどね。でもゴアテックスの上等なお靴だし、その他もポリエステルやゴムで構成されていますので、水で流せばOKです。

靴というのは、サイズだけでなく靴幅がとても重要で、特にジョギングや登山など、何千歩何万歩も歩くものの場合、そういう事も含めてしっかりチェックして買うべきなんですけど、あまり何も考えず、おっぱかぱーなままに買いました。(こういう信じられない衝動買いが僕にはとてもよくあります)

そしてそういう場合いつもそうなんですが、買った後になっていろいろと一生懸命調べます。果たして、買った物は正しかったのだろうか?みたいな感じで。馬鹿ですね。

結局、new balanceの場合は、WIDTH SIZINGという基準を設けていて(→new balanceサイトの該当ページ)、D、EE(2E)、4E、Gと4つの靴幅があるみたいです。細い→太い順です。で、トレイルウォーキングの商品に関しては、Dはないようです。Gも。各シューズ、2Eと4Eの2種類。

僕の足は甲高く、扁平足で幅も広いと思うんですが、それでもワイドラスト(ラスト…靴床の幅、の、一般呼称)というのはあり得ないです。それが僕の経験上の結論です。asicsのランニングシューズでも、1Eの商品はあまりないんですが、それがちょうどです。(多分asicsの標準は2E~)

この靴も、実際履いてみて「ん?何か幅広いな」という感じです。

でも、恐らくですけど、つま先部分の硬さや広さなど含め、岩や石から足を守るマージンを設けている感じの靴?と想像しています。ジョギングシューズの様に、ちょうどのソールではなくて、少し大きなボート(船)の上に足を載せて守るような感じ。

ともあれ、山登り靴ではこれまで成功した事がない僕。今度はうまく行くかなー?行くといいな。

また実際山登って、追記します。

p.s.
シークレットシューズでもないのに、身長が2cm位高くなる。下のショックマージンも設けてるみたい。とても嬉しい。景色が良い。

→ new balance該当ページ(現モデル)
実際山登りました。

標準的なハイキングコース(多少獣道的なところや登りにくい道も含むけれど、鎖を伝って登らないといけないような急な岩山や、道のないような急な坂などは特にないコース)を登ってきました。

現状、都合9時間くらい履いて歩いたことになります。

感想は、これまでで一番イイ。というか多分正確には、やっと普通な山登り靴をチョイスしたんだと思います。

良くも悪くも、ナイキやメレルはクセのあるブランドですので、履く靴次第で(例えば足型やコンセプトなどが)全然ちがかったりするのかもしれません。ニューバランスは、とてもオーソドックスな作りという感じがしました。

サプライズはない。普通。でも特に文句もない。それでいいんじゃん?

という感じです。遊びも程良くて足は安全ですし、下りのつま先も前詰めになったりしないですし。

GOATEXというのが、今さらながらにいいですね。全然水が浸みないし、あまり蒸れない。そこが一番いいです。

欲を言えばというか、デザインが問題なければ、ハイカットのタイプの方がいいような気がします。ゆっくり登る人は別に関係ないですけど、だんだん慣れてきてペースや歩幅が上がると、足首をひねったりしても守ってくれますし、水もさらに浸みませんし。僕はデザインの問題と色の問題でロウカットにしましたけれど。

何せ、しょっちゅう山に行くわけではないので、これでいいっす。少なくとも向こう10年は買い換えなくて良さそうです。
関連記事
2012/05/02 | お気に入り…もの | コメント:2 | トラックバック:0____
<<【日本人として】 東京都尖閣諸島寄附金 | ホーム | 【楽曲】 アルタイル / 秦基博 (アニメ坂道のアポロンのエンディング曲)>>
コメント
今日、MO703Gのブラックを買いましたが、なかなか良さそうで安心しました。価格は1万円ぐらいでした。
2013/09/30 URL | ひろりん [ 編集]____
>ひろりんさん

こんにちは。コメントありがとうございます。

ひろりんさんの場合、2年落ち、ないしは1年半落ちでご購入という感じですね。

それでも1万円はするんですね。。

履いていて、ここが良くないなとその後思った点は、やはりというか、ローカット、ミドルカットなので、かかとから土が入ってくる、という事。

ミドルカットの場合、ゲーター(くるぶし周りを囲うポリエステル製の泥、水よけのようなもので、ゴム紐で足に固定する)というものを装着する手があるのですが、この靴は、かかとからつま先まで平らで、靴底にスペースがない(かかとに段差がない)為、紐が通せません。

説明しにくいですが、さすがにそこまでは盲点でした。しまった!という感じです。
2013/10/01 URL | [ 編集]____
コメントの投稿









▲投稿時に任意のパスワードを設定しておくと、投稿後の再編集が出来ます。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

http://jiro.blog42.fc2.com/tb.php/567-3b4b8c58
| ホーム |