【たこ焼き】 風風(ふうふう)
風風(ふうふう)


でかい!画像が!!

まあいっか。。

風風(ふうふう)です。

神戸や大阪など関西に沢山あるたこ焼きチェーンさん。たこ焼き界のホモ弁(ほっともっと弁当)?みたいな僕は印象です。そこそこ店多い、安い、結構美味しい、清潔、店員さんの態度いい、みたいな。

何度か買っていろいろ分かったので、それについて書きます。お店で食べた事はないので、持ち帰り限定の話です。


<1・たこ焼きとその状態>

粒が大きいし(タコはどこにあるのか分からない位小さいけれど値段から考えると仕方ないです)、本体自体にも塩味とか旨みがそもそもあります。

味付けは、ぼうず(裸のたこ焼きのみ。鰹節や青海苔すらなし)と、塩、醤油、ポン酢、ソース、そしてそれら+マヨというバリエーションです。

そして、焼き加減について、結果的に以下の3つのバリエーションがあります。これはお客さんがチョイス出来るものではなく、単に各々店舗の時間帯とそれに付随するオペレーションから生まれるたこ焼きの状態で、運次第です。

1・超出来たて

超出来たてのたこ焼きは、付属の爪楊枝ではピックアップ不可能で、かりふわでなくて、ふわふわ、明石焼き状態です。持ち帰りをそのまま外で食べる場合だと完全に罰ゲームで、死ぬほど熱い上爪楊枝ですくえないドロンとした状態なので、爪楊枝を2つ使って、一粒まるごとを一気に器から口に掻き込むしかありません。美味しいも不味いも、とにかくやけどで口の中がぼろぼろになります。家で食べるなら、スプーンなどを使えるので全く問題ないですけど。

2・程良い時間経過したもの

これは、いわゆるかりふわというか、表面が薄く固くなっていて、中はふんわりした状態で、この状態のを買った人は、この食感と量で300円ならイイ!美味しい安い!!となるハズです。当たりです。

3・たこ焼きの墓場、10分~15分くらい?もっと?鉄板に乗って保温されてたもの

これは、たこ焼きではありません。くるみの殻の様な、冷めたベビーカステラのような、一粒食べる毎に、屈辱を感じるような、パスパスの何か、食べ物のなれの果て、です。こういうのを廃棄しないのも風風なのか、僕がたまたま出くわした、六甲道店のレギュラーさん(愛想いい)のエアポケット的な油断、なのかは分かりません。その、たこ焼きみたいな何か、は見分けるのは簡単で、みるからに黒っぽくなって乾いている。また、ひとけがない時間帯の、鉄板に24個(3人前)しかたこ焼きがない場合にそうなる場合が多そうです。その場合は、(携帯がかかってきたようなふりをして)潔く店を後にするか、はっきりと、「焼き立てを待たせてもらいまっせ。よろしおまっしゃろ?」と告げて、店内でじっと待つのが良いです。


<2・たこ焼きとその味付け>

これは、今日、ぼうず(何にも入ってない状態まる裸のたこ焼き)を買って帰って研究したので、いろいろ分かりました。

まず、ぼうずは絶対買っちゃダメです。何故なら、鰹節やソースや醤油など、表面を保護するものが何もないため、乾くスピードが多分半端なく、非常にパサパサになり易いです。そして冷めやすいです。

まず、どの味を頼むにせよ、鰹節と青海苔とマヨはかけてもらうべきです。細かな味を(家で)試した結果、一番バランスが良かったのが、

ポン酢マヨ。

これを頼めばいいです。で、何か足りなければあとは自分で足せばいい(醤油なり塩なり酸味なり)。


<唐揚げについて>

風風のオーナーさん凄いなあ思うのは、そのバランス感覚で、たこ焼きなので、必要以上にこだわっても仕方ないし、それでもきっちりしないとダメな部分もある。そのバランス感覚が絶妙です。唐揚げもそう。注文を受けてから揚げても時間がかからないように、鶏肉をスティック状というか縦長に処理してあります。それは食べやすさにも繋がっていて、よく考えられています。

味付けは、ほぼ、スーパーの唐揚げのそれですが、スーパーのと違って保存料添加物等が多分ないか、少ないのと、注文を受けてから揚げるので、揚げたてなので、段違いに美味しいです。そして何と言っても値段が安い。普通の唐揚げ専門店の半額くらいかな。細長い20gくらい?のが8個入って300円(大)。

ただ一点、衣にしっかりした味がついているのに、更に最後に塩を振るので、注文の時に「塩ふらないで」と言うのがベストです。

→ 風風ウェブサイト
関連記事
2012/04/18 | おもしろい | コメント:0 | トラックバック:0____
<<【楽曲】 アルタイル / 秦基博 (アニメ坂道のアポロンのエンディング曲) | ホーム | 【小説】 1Q84 / 村上春樹 (新潮文庫)>>
コメント
コメントの投稿









▲投稿時に任意のパスワードを設定しておくと、投稿後の再編集が出来ます。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

http://jiro.blog42.fc2.com/tb.php/562-6535c739
| ホーム |