【PC修理】 トラックパッドの修理 / アップルストア心斎橋 - ジーニアスバー (Apple Store,Shinsaibashi-Genius Bar)
アップルストア心斎橋 ジーニアスバー


きょうMacBook Proの修理の為に、生まれて初めてアップルストア心斎橋に行きました。
もうずっと前から、トラックパッドのクリックが反応しなくなってきていたので。

ネットで予約を入れて、ワクワクしながら行きました。

探すまでもなく、ミナミのど真ん中にどーんとありました。おお、格好いい!!

足を踏み入れると、贅沢な空間を使ってMacやMacBookやiPadなどがシンプルに展示されている。おー。そして左手に2階へ続く総アクリルの螺旋階段!!「ここにじぶん命かけましたから(建築デザイナー)」とか聞こえてきそうなエネルギーが伝わってくる階段です。日の丸弁当の梅干しみたいな感じ。(店舗がごはんで階段が梅干し)

世界一分厚いアクリルの板(←妄想)を踏みしめつつ2階へ。

おお!主にオーディオ関連の沢山のアクセサリー展示と待合所。沢山の高度知的疾患に病めるPatient(患者)達が選ばれし精鋭スタッフ達のジーニアスなオペを待っている。奥にはセミナー用のシアター。壁に沢山のモニターがあり、Genius Barの文字とジーニアスなモチーフの背景が動めく。2001年宇宙の旅?ここは宇宙船の船内??

ひょ-!

さて、俺はどのタッチセンサーに自らの到着を入力すればいい??あるいは音声認識か?いや、指紋認証からか?

「まだの方おうかがいしまーす」

スタッフがインカムも使わず、地声で叫んでいる。


「なん…だと?」


戸惑いつつ、スタッフに近づいて、「あのえっと、○○時に予約してたXXです」と告げて諸々説明する。「技術スタッフにそのようにお伝えします、しばらくお待ちください」と口頭で言われる。

おおふ、こんなハズは…。まだCTスキャンの様なボディチェックすらも済んでいないというのに。。

足下には案外何の特長もないフローリング。設置されたベンチは公園かIKEAかというような木の板。何かが狂い始めたのか!?とりあえず待つ。

待つ。

だいぶ待つ。そして

「MacBookProの修理でお待ちのXXX様~!!!!」スタッフが地声で叫ぶ。やはり、インカムも、順番待ち掲示モニター(3Dのはずだった)も、そこにはいっさい何もない。叫ぶ労働店員がいるだけだ。ちょ!!大声で俺の名前呼ぶなこら!恥ずかしいから!しー!!

「ははい。はーい!」そそくさと、LEDはおろかランプが光るでも、何かがその場所を指し示すでもない故に、遠くで大きく何度もお辞儀して強く目線を送ってくる技術店員に向かって、物理的に全身で存在をアピールし、手を上げ歩いて行く俺。緩やかな感触。マンツーマン。


もう何も書く必要はないだろう。


ジーニアスバーは、ちっともジーニアス風ではなかったです。


おわり。

(でも店員さんはとっても丁寧ダヨー☆)

→ アップルストア心斎橋ジーニアスバー(Apple Store Shinsaibashi / Genius Bar)
関連記事
2011/09/06 | 独り言 | コメント:0 | トラックバック:0____
<<【エレキベース】 Aria Pro II (アリアプロ2) / IGB-NEO | ホーム | 【お酒】 焼酎甲類>>
コメント
コメントの投稿









▲投稿時に任意のパスワードを設定しておくと、投稿後の再編集が出来ます。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

http://jiro.blog42.fc2.com/tb.php/502-cce13b42
| ホーム |