【お酒】 焼酎甲類
僕は学生時代にバーテンダーを少しかじっていた事もありますし、それなりにはお酒に詳しいつもりだったんですけど、最近まだまだ知らなかった根本的知識がよく発覚して、目からうろこです。

焼酎には(原料ということでなく)、その規格に甲と乙という種類がある、というのは何となく知ってたんですけど、それが実際何なのかとか特に何も考えずに飲んでました。

ところで僕は、ウイスキーやブランデー、ワイン、日本酒など、お酒の香りやアロマは大好きなんですが、焼酎の持つ香りやアロマだけは何か苦手です。例えばジャガイモの穀物の臭みや酸味みたいだったり、アロマというよりは植物や食品のにおいという感じ。穀物じゃなくても、サトウキビの甘ったるい香りも黒糖も、植物のニオイそのままでしょという感じで、全部ダメです。

だから高級焼酎なんて、高級たこ焼き2500円ですが何か?みたいなイメージで、は?という感じです。

雑穀ベースのお酒である焼酎。味香りは興味なく、要はウォッカの様な使い方です。ロックでレモンとか、酎ハイ、お湯割り梅。

なんですけどー、というような事を酒屋さんで話していたら、じゃあ焼酎甲類でいいんじゃないですが、という事。

先にも書きましたけど、焼酎には甲類と乙類というのがあります。

甲類というのは連続蒸留器で抽出したアルコール(の水割り)で、いわゆる高純度精製のスピリッツ。素材の風味は残らない。乙類は単式蒸留、要は昔ながらの素朴な抽出法で素材の風味がかなり残るやり方。それと、甲+乙をブレンドしたもの。

今までそこそこ高い焼酎を飲んでいたのはつまり全部乙類。720mlで1000円とかしてました。一方この甲類の焼酎は、ほんとにマジウォッカ。余分な臭みなし。原材料は基本は乙類と同じような酒類。勿論、風味を残さないでいいので、こだわりのない安い穀物を使っているとは思うけど、アルコールを添加してるとか、そういう意味での粗悪品ではない。あと、甲類は業務用ジャンルというか、安くてでかい。4リットルで1800円とか位で、小さなサイズはない。でもそれは、別の720mlの容器に移しながら使えば問題ない。

乙類に比べ、無味無臭だから、洋酒やフルーツ、野菜、紅茶とか、何にでも合わせられるし、雑味がなくシャープだし最高。

市販の缶酎ハイは、なんだかんだ言って香料や糖質、ジュースなど余分なものが入っていて、雑味もあるし甘いけど、そういうのが一切ないクリアな味が楽しめるのも最高。

そういう訳で、安い、使い易い、美味しいと、捗るばかり。

臭みのある焼酎が好きな焼酎マニアの人は別として、それ以外の人全てにおすすめのマストアイテムだと思います。意外と誰も知らない(4リットルペットボトルのコーナーなんて行かないのでは)?と思ってエントリーにしました。

レモン酎ハイは以下の様なコスト。

・焼酎60ml(原価27円)
・ソーダ170ml(原価23円)
・氷(原価0円)
・JCP有機レモン果汁ストレート or POKKA焼酎用レモン15ml(原価15円)

合計65円です。合計250ml位ですが氷が溶けるので実際飲む量は300ml位。発泡酒や缶酎ハイ(350ml)と比較して、同じ値段で2杯とは言わないまでもそれに近い位のコスパとなります。安くないですか?
関連記事
2011/09/04 | おいしい…飲み物 | コメント:0 | トラックバック:0____
<<【PC修理】 トラックパッドの修理 / アップルストア心斎橋 - ジーニアスバー (Apple Store,Shinsaibashi-Genius Bar) | ホーム | 【和風サラダ】 簡単美味しい和風サラダ>>
コメント
コメントの投稿









▲投稿時に任意のパスワードを設定しておくと、投稿後の再編集が出来ます。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

http://jiro.blog42.fc2.com/tb.php/500-b70b7297
| ホーム |