【どんぶり】 かつ丼 吉兵衛
神戸ではダントツに有名な、超昔からあるリーズナブルなかつ丼屋さん。

20年位前までにトータル2~3回行ったっきりで、行ってなかったです。

どういうかつ丼かというと、一言でいうと「なか卯の親子丼の、かつ丼版」です。リーズナブルで美味しくて、この値段でこれなら言うことないでしょ、という。しかもなか卯の親子丼は、細かく言うと、ちょっと鶏肉が臭かったり、店やスタッフによって品質にばらつきが相当ありますけど、こちらの場合はチェーン店ではありませんから品質のブレは少ないですし、カツは美味しくてかつ(←)大きい。=すばらしい!という感じです。

三宮に買い物に寄った時たまに「久々行こかな」と思って店の前まで行った事は、この20年何十回かあったと思うんですけど、でもいつも結構な行列(10人とか20人とか)で、すぐ回転する(1分程度で商品は出てくるし)と分かっていても、吉野家に並んで入るなんて絶対イヤ的な感覚で、やめる、という事を繰り返して今に至ります。

でも、きょうこうやってエントリーを書いているという事は、行ったという事で、そこに変化がもたらされたということになります。お店の側に。
>変化

知らない間に、新たに2店舗オープンされてたんです!どちらも息子さんがやってはるらしい。

神戸ハーバーランドのプロメナB1のフードコートに1つと、サンパルの近所の路面店1つ。特に、サンパルの近所の方はかなり最近なんでないかな。

そちらの2店舗は、神戸の人でも知らない人も結構多いと思います。故に、余程時間帯を間違わなければ、並ばないで全然ふつーに食べられます。

タイムハズカム。きょう20年来ぶりに(ハーバーランドの方で)食べました、かつ丼600円。


20年前食べた時の感想は

「作ってる時のスタッフの動きはおもしろいけど、味とかふつう。何でこんなに人気なの?」

だったんですけど、改めて食べた感想は

「これは素晴らしい。いろいろ、めっちゃバランスがイイ。流石。そして安い。カツおおきい。美味しい」

です。おっさんになって分かる事もある、ということでしょうか。

なか卯の親子丼もそうなんですけど、要はご飯と、卵と、タレと、あと肉をそれぞれタイミング良く加熱して混ぜて出すだけの食べ物ですよね。単純。その中で、肉の品質は4割くらい?あとの6割はご飯の炊き方とか卵の加熱の仕方とかご飯へのタレの絡まり方とか、調理だと思います。卵が特別とかタレが特別とか米が特別とかではないでしょうし、実際にあんまり関係ないです。加熱の仕方と混ぜ方。その中でも、吉兵衛は、タレの絡まり方に一番感銘を受けました。つゆだくとかって、不味いですよねべしゃべしゃで。食べにくいし。かといって白ご飯ばっかりでもダメです。タレの量がいい濃さで均等にうまく混ざっている事にびっくりしました。こういうのって、ファストフードではまず出来てないですから。箸ですくえる、ちょうどな感じのタレの絡まりと味の濃さ。

ソースかつ丼(タレでなくソース。溶き卵でなく温泉卵)というのもありますし、+卵1個(50円)というのもありますが、アウツ。普通のかつ丼600円これ一択です。

ところでいろいろ書きましたけど、例えばこういう事を、実際「なるほどその通り」と思う人ってあんまりいないと思います。

ほとんどの人は、「安いしカツ大きいし有名やし、並んで食ったし、満足」という、薄い感覚だと思います。でもそういう薄い感覚の人が本来厚く反応する、例えば、大盛りとか濃い味とか、そういう事には手を出さずに、でもそういう人を全員、何十年も取り込め続けてるというバランス感覚が、いちばん凄いと思います。

p.s.持ち帰りもやってはります。たぶん蒸れて冷めても、あれなら美味しいんでないかな。
関連記事
2011/07/05 | おいしい…飲食店 | コメント:0 | トラックバック:0____
<<【TVアニメ】 SKET DANCE (スケットダンス) | ホーム | 【映画】 インセプション / INCEPTION>>
コメント
コメントの投稿









▲投稿時に任意のパスワードを設定しておくと、投稿後の再編集が出来ます。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

http://jiro.blog42.fc2.com/tb.php/485-5115bef5
| ホーム |