【焼き鳥】 鳥一 @JR六甲道
toriichi.jpg


ものすごい前からあるっぽい、(いっけん)完っ全に普通な感じの焼き鳥屋さん。

こうやって改めて書くのも憚られる位では?多分近所の人にとっては「何をいまさら」「知ってた」「知ってた」「知ってた」…そんな感じだと思います。

でも、僕みたいに、「そんな店あったっけ…あー、、言われてみたらあったかな…」みたいな人もめっちゃ多いはず。入り口も地味ですし。

阪急六甲から八幡神社脇の道を南に下って来たら山幹とぶつかりますが、信号渡ったら商店街で、右は道に面してコープちゃんがありますね。そっち(右・西側)ではなく左(東側)。商店街に面したビルの、もいっこ隣(左)のビルかな。地下に降りる階段と、鳥一の看板やメニュー。そう聞いて「あー!何となく!」という人も多いと思います。

神戸出身の女優の戸田恵梨香さん(=有名人)が、いつも神戸帰って来たら家族で行くお気に入りの店とかで、にわかに、あらぬ感じで一瞬有名になったらしいです。

もちろんそんなこたともあれ、ランチで今日行っただけなんでランチ限定の話なんですけど、要は

「きっちりと美味しい端正な焼き鳥なのに、めっちゃ安い」

という事です。

鳥丼定食が580円。内容は、

・鳥丼(具は、鳥と海苔と…忘れた。大葉とかもあったかな。鳥は、胸かな?)
・ちょびっとのおでんみたいの。ちっこいお揚げさんと…忘れた。ちっこいのが3つくらい。
・なんか1/4切れだし巻きみたいのあったな。おでんの具やったかな…忘れた。
・漬け物
・汁物(味噌汁?)

あまりにも忘れすぎですが、ともあれ、なんと言っても鳥が、ちょっとした鳥ですホント。昼から炭火でね。それなりに地鶏と思うけど、何せきっちり丁寧に焼いたのが出てきます。ごはんの炊き加減も良いし、タレの量も良いし、全てが上品で、程良くて、すごくいいです。

ちょびっとのおでんみたいのも、冷めてたりせず、ちゃんとあったかいです。

漬け物も、やっつけでなくて、ちゃんとしています。

汁物、だけは、何これ?という、お吸い物に白味噌を小さじ半分だけ溶いてみました、みたいな、不思議な飲み物でした。(寸足らずのえのきだけがまばらに入っていたのも不思議な感じ)

ネットを見ていると他に、

・づけにしたササミの丼
・鴨のきしめん
・ももの丼

も美味しいみたいですね。また行く。すぐ行くよ。

平日17時30分~19時だっけかな、生ビールも200円台とかだったので、夜もまた行ってみたいな。。。

ちょっとお店のテーブルや床がベタベタしたり、何となくとっ散らかってる感も、美味しくて破格とあってはご愛敬です。(平日)昼どきど真ん中でも空いてるのもありがたいです。家族でやっていらっしゃるようで、朴訥な感じですが決して悪くない雰囲気もグーです。

追記
また行って、づけのササミ丼と鴨のきしめん食べてみました。づけの方は、古い肉、という感じで若干気持ち悪かったのと、きしめんは、鴨の動物臭がちょっと下品でした。やはり、鳥丼一択かな?

→ 手作り感がいぃ感じの鳥一ホームページ
関連記事
2011/06/14 | おいしい…飲食店 | コメント:0 | トラックバック:0____
<<【映画】 インセプション / INCEPTION | ホーム | 【映画】 パレード>>
コメント
コメントの投稿









▲投稿時に任意のパスワードを設定しておくと、投稿後の再編集が出来ます。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

http://jiro.blog42.fc2.com/tb.php/481-31d182d7
| ホーム |