【身だしなみ】 ヘアーのトリミング
hair.jpg


タイトルと画像で、意味は分かると思います。えっと、別に頭のネジが一本外れてしまった訳ではありませんよ( ´_ゝ`)ノ真面目?なエントリーです。

僕はこれまでかつて、ヘアーをトリミング(カット)したことは一度もありません。Always 原生林、でした。なんとするならば、そういうことはしてはいけないではないですけど、完全に概念の外でした。考えた事もなかった。

でも先日テレビを見ていて、整えないのは日本人他近隣のアジア人(中国・韓国)くらいで、黒人や他のアジア人、西洋人は皆、整えるもしくはツルツル、という事を知りました。

考えてみたら、ツルツルは別として、“整えない事”のメリットってこれ、何もないんですよね。見た目も良くない、抜け毛が散らかり易い、挟まったりいろいろ不便、蒸れるし衛生的でない、など。

そういう訳で、整える事にしました。ちなみに、脇も同様です(←西洋人はこれも当然整えるのだそう)。

<そして整えましたお風呂でさっき。(以下、脇ではない方の話のみ)>

果たして、これまでがトータルテンボス(半端ないの方)だったのが、ツマブキになりました。

行き過ぎず足りなすぎず。満ち足りた絶妙の息吹感や芽生え感、命の躍動。さっぱりとしながらも、柔らかなファブリック感はふくよかに健在。そう、言うなれば春のきらめき。一言でいうなら、お洒落!

…。

具体的な技術論、方法論としては、いきなりざくざく切っていくと当然おかしな事というか、虎刈りになりますので、一回で大量に横にハサミを入れるのでなく、5本ずつ位小まめに切るか、体に対して縦にハサミを入れて、小さな範囲を斜め切り、それを延々続けるというのがコツといえばコツです。

あまり人の目に触れるジャンルのものではありませんが、やってみて思うのは、やっぱし、口ひげなどと同様、伸ばしっぱなしというのは見た目だらしないし、機能的にも不便だったな、という事です。

これからの日本人にとって、地味に、これは必須の身だしなみと言えるのではないのでしょうか。

裸で鏡に立ってみて、改めて自分の判断に満足しています。

捗ります。ナイスガイ達は是非。マストです。(女子にも必須です)


以下余談
そのテレビでは、黒人とアメリカ人は丸刈りと言っていて、イングランド人がトリム(整える)と言っていました。タイ人?ミャンマー人?は丸刈りと言ってたような。とにかく原生林は日本・韓国・中国だけだったのが印象的でした。

あと、女子に関しては、東欧の人は、好きな人のイニシャルの形にしたり、ハートマークにしたりと言ってました。

頭髪と違って、かなりプライベートなところですので、そういう遊び心を反映出来るというのは、なるほど!と納得しました。
関連記事
2011/04/12 | 独り言 | コメント:0 | トラックバック:0____
<<【焼肉のタレ】 黄金の味 / エバラ | ホーム | 【洋画】 (500) Days of Summer>>
コメント
コメントの投稿









▲投稿時に任意のパスワードを設定しておくと、投稿後の再編集が出来ます。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

http://jiro.blog42.fc2.com/tb.php/449-0f32d6a9
| ホーム |