【テクノロジー】 3D映像の世界
消費者的にはそこまで流行ってはいないと思いますけど、メディアや企業的にはめちゃくちゃ流行ってますね、3D。

どう思いますか?

僕は、映画の世界とか、携帯ゲーム(NINTENDO 3DS)とか、そういう特定分野、エンターテイメント分野などから、ある種の先駆的テストも兼ねて展開されている分には、そういうものというか、いいんですけど、一般の家電商品としてのテレビとしてバンバン発売されているのは、ちょっとどうか、というか、まだ全然完成してないのではないのかこれ(家電商品のレベルに満たないのでは)という気がするんですけど。

まず、特殊なメガネが要るとか、寝ながら見ちゃダメとか、前後左右一定の場所から見てねとか、そういう時点でアウトなような。お茶の間の、あくまでテレビですからね。家族全員でメガネかけてすき焼き食べるんでしょうか。また裸眼のタイプのでも、冷蔵庫の前が一番3Dでソファだといまいちとか?何かおかしい。

あと、3Dを実現するメガネや画像処理の為に、『画面が暗くなる』とか『実効解像度が下がる』というのもどうなんだろう。

いちばんどうかと思うのが、僕が見たものは全て、立体というより、今までが1枚の紙芝居だったとすれば、奥行き方向に4枚くらいに増えた紙芝居になりました、というイメージ。PC用語でいうと、レイヤー?と。古典的なイメージでいうと、飛び出る絵本みたいな。



立体だ、かつ、今までの映像より次元だ、と言える条件には、以下の要素が必要だと思います。

●現在のハイビジョンと同質以上の映像レベルであること(明るさ・コントラスト・精細度)
●同じく同質以上の視聴条件であること(どの角度からどのようにみても裸眼でふつうに高解像度で見れる)
●遠近感が無段階であること(でないと、書き割り、もっと良くてもレゴブロックみたいになってしまう)
●左右180度近くの視野角であること(でないと多分人間の視野的に違和感を覚えると思う。立体となると)

TVが積極的に売れる理由や、現行のテレビの利益率がほとんどなくなってしまって、何かしないとダメなのは分かりますけど、このレベルではまだ売ったらあかんのとちゃう?と僕は思います。TVに関してだけは。

もちろん、3Dテレビ、でなく、テレビ(3D機能つき)、と捉えるなら、それでいいじゃんか、ということかも知れないですけど。

大昔の原理のものから始まった3Dテレビですが、いま急速に技術が進んでいってるので、今後どんどん良くなるとは思いますけど。

とにかく頑張れ3DとTV!
p.s.

僕は、近年の3D映像で最初にちゃんと見たのは映画館での「アバター」でした。
昨今の3Dについての知識が全くない状態で見たため期待が大きすぎ、愕然としました。
(大変がっかりしていたので、クラゲみたいのに周りをちらちらされた時は、「ほぅ~ら3Dぃ~。いえー(ドッキリ)大成功~」とからかわれたようで、うがぁ!てなりました。)

また3Dの見え方だけでなく、メガネが顔に合わずずり落ちるので、3時間ずぅー=3っと右手で押さえておかなければならなかったことや、偏光レンズのせいでスクリーンが異常に暗く(それでなくても映画館のスクリーンは暗いのに)、極端に言うとぼやけたモノクロ映画を見ているような感覚でとても見辛かったこと、また、内容についても、アメリカのいつもの自作自演系(侵略して破壊しておいて、誰か一人が急に、ダメだ!やめろ!となんか寝返って、で、みんな立ち上がれ!えい・えい・おー!おれら最高!てやつ)で、もう登場人物全員爆発希望と思ったりで、見終わったときにはどこにもぶつけようのない殺意のようなもの(エア殺意?)が、鮮やかにくっきりと3Dで芽生えたのをいまでも覚えています。

入り方は、確実に良くなかったナー。
関連記事
2011/02/01 | 気になる・・ | コメント:0 | トラックバック:0____
<<【Web】 Pogoplug (ポゴプラグ) POGO-P25 (ブラック) / Cloud Engines (クラウドエンジンズ) | ホーム | 【学校】 神戸ノート>>
コメント
コメントの投稿









▲投稿時に任意のパスワードを設定しておくと、投稿後の再編集が出来ます。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

http://jiro.blog42.fc2.com/tb.php/416-c664adb3
| ホーム |