M1グランプリとすべらない話 - お笑いについて思うこと -
<M1グランプリ>

M1グランプリ、最後ということで、見た。

最近のお笑いの人たちのコントや漫才のバイタリティーやスピード感、技術はほんとうに凄いな!とここ何年も←思っているんだけど、民放のテレビ自体をあまり見なくなったので久々。

何というか、凄いのは凄いんだけど、ちょっと何かがいろいろ煮詰まっているのかな的なもんはやっぱ感じた。笑い飯の優勝なんてある意味その象徴。何かに優勝するようなコンビじゃない(昔は超好きだったんだ)。彼らについてはどんどん劣化していってると思う。それは、若さや勢いが彼らのスタイルを助けたり、それが楽しかったりした昔に比べて、現在は、未だに表現力(演技力や滑舌)がなさ過ぎたり、基本的に知性や知識の幅がない内容、小学生の様な発想ベースという感じだから。あのスタイルのままなら、これからどんどん年をとるごとに厳しくなってくると思う。

そんなことよりもスリムクラブ!おれ彼ら、何だろう…レッドカーペットかなあ、ずいぶん前に何かで見て感動というか爆笑して、何こいつ(ボケのハスキーな人)異常!!てなって、そこだけ何度もビデオを見返した記憶がある位で、超好きで気になってたんだけどここ何年かで2回位しか見たことないorzという感じだったので、すごい嬉しかった。あの人消えてない!てか伸びてる!と。

あと、審査員…のチョイスやその制度も良く分からないけど、それは置いておいて、多くの審査員が「これが漫才なのかどうか云々」という不細工なフレーズを頻出させてた。そういう事を言うのなら「予めやる側がちゃんとレギュレーション敷いとけよ」と思った。事前にネタに関する決めごとをはっきりさせておいてかつそれを演者に伝えておくということ。何回もやってるんやから。どんなスポーツも、選手がプレーしながらルールを考えつつそれをその場で守りつつなんてあり得ない。審査員がそれを言う度、しらけるし、お粗末やなと。少なくとも現場でコメントする事じゃない。大会そのものの骨格の薄さ、いい加減さを感じた。


<すべらない話>

この番組、いつも半分くらい楽しくて半分くらいなんじゃこりゃ?と思う。
みんなそんな感じなんじゃないかな。

細かくは、敢えて言うことってないんだけど、大きいところで1個ストレスがあって、それは、

豪華な芸能人のゲストを多数迎えて、ゴージャスな雰囲気の中で、みんな正装で厳かに、というアッパーなコンセプトなのであれば、

しっことかちんことかキンタマとかいう下ネタは、せめてなんとかならんのか。

という部分。

それこそ、小学生やないんやし、てかあんたら…プロでしょ?と、おれはいつもガックゥ…なるんだけど。

別にそういうネタ自体を否定してる訳でなくて、そういうレベルでやるんなら、笑笑とか居酒屋貸し切って、演者みんなジャージ姿で、そこに小中高生の一般客でも集めたロケでやれと思う。そういうのが似合うレベルでしょ?という。

実は、芸能人の知性なんてこんなレベルなんすよ、アホばっかでしょ?という、ディレクターの高度なペーソス(皮肉)を表現しているの?…たぶん違うでしょ。

すべらない話については以上。


<このエントリーで言いたかったこと(最後のセンテンスに特に集約)>

松本人志とか筆頭だけど、お笑いの人って、頭の回転や反射神経、度胸や現場経験は凄いんだけど、もともと生きてきたバックボーンとして知性や品格を育む時間がなかったというような、そしてそれが有名になってもそのままで、結局表現や知識の内容、振る舞いが“幼稚”なままになってしまっているという人も多い。

おれが尊敬する人が、お笑いというジャンルに限って全然いないのはそのせいのような気がする。日常生活レベルの文化的引き出しの狭さというか。。お笑いの社会的な地位が未だなんとなく低い感じがするのは、そういうことのせいだと思うんだけど、本人ら自身あまり分かってないのか、売れてどうでもよくなるのか。ざんねん。
関連記事
2010/12/28 | 独り言 | コメント:2 | トラックバック:0____
<<【営利追求】 GROUPON / グルーポン | ホーム | ゴーストトリック(GHOST TRICK) / iPhoneアプリ>>
コメント
お久しぶり~。
ちょっと共感することがあったので書かせてもらうぜ!
まず、M1だけど、「これが漫才か?」というくだりはオレも全く同感。
だって、松ちゃんなんて、その昔に横山のやっさんに、「お前らのは、漫才やなくて立ち話や」みたいなこと言われた際に、「おもろかったらええんちゃうんか」って思ったくらいなのに、なんで今頃形にこだわるんだろう。
あと、ジローちゃんが言うみたいにレギューレーションを強めるべきというのも同感だけど、そもそも漫才の定義なんてあんのか!?って思うよね?
次に、「すべらない話」は、「すべらせない話」になってるよ。みんなで無理やり盛り上げてるやん。今回で言うなら、雀々の話とか。
2010/12/29 URL | やっさん [ 編集]____
>やっさん

完全に、おっしゃる通りと思います。

雀々さん。。。最高にきつかったね!
あと、顔のおかしい兄弟の…千原!とか、いろいろ変なの多いね。

やる側は呼ばれてやってる訳だから仕方ないというか、別にいいんだけど、見る側(視聴者)が普通に受け入れてるのが、いつも信じられないよ。
2010/12/30 URL | じろ [ 編集]____
コメントの投稿









▲投稿時に任意のパスワードを設定しておくと、投稿後の再編集が出来ます。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

http://jiro.blog42.fc2.com/tb.php/388-121af1e7
| ホーム |