The Fall
The Fall

2、3年前の映画のようですね。
先日観て、すごい感動して、3回見てしまった。。

こんなリピートした映画って、たぶん中高生の時とか以来だ。

僕は、人とは、ストーリーを含んだ映像表現については求めることの感覚が随分違うみたいで、独特のツボみたいのを持っている。

その莫大に重要な要素の一つが、よく書いてる事だけど、演者の「演技」がいかにないか。つまり、基本的には「演技」をしなければしないだけポイントが高い。演技に脚色を感じると白けてしまって、作品に入っていけない。演技がないと、それだけ純粋に作品だけに入っていける。結局ドキュメントばかり見てしまうのはそういう訳だ(それがリアルだとは思わないけれど、少なくとも純粋に物語だけを追える)。

あるいは「演技」と思えない“リアリティ”を、その表現の中で見せてくれれば、それでもOK。それこそが本来の俳優の仕事ではないの?と思っちゃうくらい。

だから洋邦問わず、表現が、劇(舞台とか体育館で演技してるようなオーバーアクション)の表現形態の映像はあまり見ない。TVドラマとかその類い。

この映画は、コマ毎の映像の美しさや、プロットの構成とか、衣装とか、諸々とてもスケールがあって素晴らしいですけど、いちばん感動したのは、事実上の主人公である、カティンカ・アンタルーちゃんのふるまいと、演技でないこの子の振る舞いを軸にして映画作りをした監督ターセムさんの考え方と手法。

映画のスケールは別として、こんなことってなかなか出来ないと思う。

カンティカちゃんは最高だったし、そこにリアリティを借りて派生するファンタジー(といっていいのかな)もきれいだし、すごく良かった。

ターセムさんって、とってもピュアでかわいらしい人なんだろうなあ。。

ハリーポッターにはないものが全部詰まっています。(あれはあれで素敵な映画ですけどね)

→公式サイト

p.s.
邦題“落下の王国”って、酷いセンス。英会話習うの大好きな人たちの国なんだから、もう原題で大丈夫でしょう、全ての映画。
関連記事
2009/09/29 | お気に入り…こと | コメント:0 | トラックバック:0____
<<Hooligan3 2010 / Canondale | ホーム | 田中の漫画日記>>
コメント
コメントの投稿









▲投稿時に任意のパスワードを設定しておくと、投稿後の再編集が出来ます。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

http://jiro.blog42.fc2.com/tb.php/281-6ea88fbc
| ホーム |