北浦愛 さん
北浦 愛さん

昨日「きみの友達」という、重松清原作の映画をヴィデオで見て、とっても良かったんですけど、それに出ていた北浦愛さんという準主役の女の子が、とってもヤバくて。

おれの(きっと沢山の人の)深いところをツンツンと突いて、涙を流させる、とっても悪い女優さんなんです。上記の映画は、長く生きられない子という役所なんですけど、それは全く関係なくて、彼女の台詞の間の「間(ま)」が、本当にきゅーん、と、くるんです。表情を変える「間」とか、言葉を放つ「間」とか、本当に天才だなあと思います。映画という嘘100%の中で(作りもんだから)、100%リアル(ほんとのこと)なんだ、と思わせる「間」を表現する人なんです。

東京ガスのCFだったかなあ、最初にみたの。(ネットを調べる)うん、そうだった。

→YouTube該当VTR(オフィシャルサイトは配信終了だった)

これ、ドキュメントだと思ってた。この映画で彼女が女優さんと知るまで。

彼女は、脚色しない、色を付けない表現が出来る、つまりリアリティでなくて、リアルそのものの表現が出来る、天才の女優さんだ。大好きだ。
関連記事
2009/09/21 | お気に入り…こと | コメント:0 | トラックバック:0____
<<田中の漫画日記 | ホーム | 塊魂トリビュート>>
コメント
コメントの投稿









▲投稿時に任意のパスワードを設定しておくと、投稿後の再編集が出来ます。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

http://jiro.blog42.fc2.com/tb.php/278-d64f6d7a
| ホーム |