おっきなレモンちゃん
□□
ラグビーボール大のレモンがたわわに、キプロス

 [プセブダス(キプロス) 25日 ロイター] キプロスの村ではラグビーボール大の巨大なレモンが実り、村人たちを驚かせている。
 キプロスの首都ニコシアの南東約30キロに位置するプセブダスの村では、ひとつの木に直径10センチから20センチのレモンがたわわに実り、栽培用の水に何かが混入されているのではないかと訪れた人々を不思議がらせている。しかし、木の持ち主は全くの有機栽培と主張している。
 裏庭に巨大レモンの木があるアンドローラ・チャララムボスさんは「(巨大レモンの)木は接ぎ木ですが、ほかの木と違うものは何も使っていません」と語った。
 住民によると、ほかにも何人かの村人が重さ1.5キロから2.5キロにもなる同様のサイズのレモンがなる木を保有しているという。
 チャララムボスさんは、巨大レモンについて「たくさんのジュースが採れるし、皮は砂糖漬けにしています」と語った。

■■
何かドーピングしたのだろうか。それとも単なる自然のいたずらか。あるいは万田酵素か。

何にしても、すっぱいのに人一倍敏感なおれの場合、このデカレモンならムイただけで120才の人みたいな顔になって卒倒することウケアイだろう。

ところで、今野菜売り場に売ってる野菜、例えば人参とかそういうのって、品種改良で今の状態だけど、本来は大きさとか栄養とか味とか、全然違うらしいね。でっかいんだかちっこいんだか忘れたけど、栄養は本来のものに比べると今のは全然ないらしい。

レモン。このところ食べてないなあ。また買ってきて、チューハイレモンでも作ろう。
関連記事
2006/03/27 | from Yahoo!トピックス | コメント:0 | トラックバック:0____
<<さようならNIFTY-Serve (と、ポートピアランド) | ホーム | 寄藤文平>>
コメント
コメントの投稿









▲投稿時に任意のパスワードを設定しておくと、投稿後の再編集が出来ます。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

http://jiro.blog42.fc2.com/tb.php/25-cc05c09b
| ホーム |