なぜ「粗食」が体にいいのか / 幕内 秀夫 (知的生き方文庫 / 三笠書房)
s.jpg

この本と出会えたおかげで、これまでの自分の中の“食”についての知識に1本の線が通った。全てがクリアになった。ぶれない指針が自分に出来た。

ありがとう幕内せんせー。

ごはんを食べたり作ったりということを、ファッションや趣味、娯楽としている人にはまったく関係ない本です。でも、食べるということを“自分のいのちの糧”と考えて、シビアというか(ある程度以上)神経質にとらえているような人にはマストの本です。

どんな情報もそうですが、全部が全部正しいと思ったらアウトで、自分に必要な部分だけきっちり見極めて消化すべきですけど、この本は自分にとって感覚的にかなり共感。そこそこバイブルですといっていいくらい。
関連記事
2009/05/06 | お気に入り…こと | コメント:0 | トラックバック:0____
<<新型インフル 初の国内感染確認 神戸市の高校生 | ホーム | MY BLUEBERRY NIGHTS>>
コメント
コメントの投稿









▲投稿時に任意のパスワードを設定しておくと、投稿後の再編集が出来ます。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

http://jiro.blog42.fc2.com/tb.php/242-cc71fc74
| ホーム |