Quarter Pounder With Cheese / Mcdonalds
1_quarter_pounder.jpg

3ヶ月か半年に一度くらい、ジャンクなものを食べたくなったとき食べることのある、マクダーナル。

久々の超大規模戦略商品のコレ、ずっと気になって、食べたいなーと思っていました。でも日々少しでもまっとうな食生活を、と考えるとまず食べる機会無いのが“マクド”と“カップ麺”と“コンビニ弁当”でありまして、故にずっと気になったまま食べずで、きょうやっと「もうお昼とかおれの人生とかどうでもええわ」というアナーキーな気分になったので、ドライブスルーで買って食べました。

せっかくだから、“ダブルクォーターパウンダーウィズチーズ490円”を買ってみました。

ふつうのハンバーガーの4倍くらいパテがでかい、食べにくいハンバーガー、という感じでした。(そのままだ)

時々舌に感じる、ジャリッとした軟骨?やボソボソした肉。舌がぴりぴりするような後味やフツーのステーキや挽肉を食べた時には味わえないピーキーで複雑な香り。塩辛さ。いったい牛肉のどんな部位をミキサーにかけ、どう加工して、そしてどんなケミカルを混ぜ合わせたらこんなことになるんだろ、とサイエンスに夢は膨らみます。(やな表現ですね)

食後には、ケチャップと油でぬるぬるした手と、それに呼応するような心地、例えるなら、小さいけれど献身的にささやかに暮らしているひとつの村を、どういった理由か分からないけれどミサイルで破壊する任務を国から命じられ、それを忠実に実行した戦闘機乗りが、ミッション完了後に抱く罪悪感や嫌悪感、みたいな心地が残りました。(さらにやな表現だ)

ところでこれ、チーズはデフォルト、絶対なんですね。チーズ苦手な人は食べれないね。

この800キロカロリーは2度と食べることはないですけど、以下のサイトにはまた訪れるかも知れない。このページはサイコウ。(マウスポインターもサイコウです。また、マウスをガンガン動かして欲しいです。絶対突っ込みたくなりますよ。うるせー!と)

→アメリカのマクドのサイトのとあるページ
関連記事
2009/02/27 | お気に入り…こと | コメント:0 | トラックバック:0____
<<得るものと失うもの | ホーム | 三浦 大知>>
コメント
コメントの投稿









▲投稿時に任意のパスワードを設定しておくと、投稿後の再編集が出来ます。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

http://jiro.blog42.fc2.com/tb.php/220-a07c87e7
| ホーム |