大森寿美男
脚本家。33さい。

また×2、WOWOWでみて気になった。TV映画みたい『メールで届いた物語(ストーリー)』という、30分のオムニバス×4本(だったかな)のドラマの、3本目?の「アボカド納豆」という1本の本を書いている人。

他の3つは特にどうという事はなかったけど、この3本目はすごく面白かった。

他にどんなの書いてるんだろうと思って調べたら、

「昭和歌謡大全集(村上龍のだな。原作は読んだ。)」
「星になった少年(柳楽優弥の象使いのヤツだ。見てない。)」
「黒い家(森田芳光監督の映画だね。見てない。)」

(たぶん)シリアスなのばっかだ。“アボガド”は笑える楽しさだったので、よくわからん。
…たまたまツボに入ったのかな?
関連記事
2006/02/17 | 気になる・・ | コメント:0 | トラックバック:0____
<<IHIのウェブサイト。 | ホーム | 【讃岐うどん】自家製麺 純正讃岐うどん 民藝>>
コメント
コメントの投稿









▲投稿時に任意のパスワードを設定しておくと、投稿後の再編集が出来ます。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

http://jiro.blog42.fc2.com/tb.php/18-faca6d8d
| ホーム |