東京夜話 / いしいしんじ


この本すごい。この人、すごいですね。

ファンタジーとリアリティーのバランス加減。物語の展開させ方の寸法の程良さ。豊かだけれどウェット過ぎないエモーション。文章自身に酔いしれない清廉さ。適度で的確なばかばかしさ。ゴージャスで愚かな比喩。

人の本を読んで、ジェラシーを感じるなんて。。何かくやしいなー。

素晴らしいです。

これ、マジ、バイブルー。超やべっつの、てか、なくなーーい?みてえな感じです。

これからはいしい先生…師匠。いや、もっと身近なニュアンスがいい。

いしい先輩

と呼ぼう。(主に心の中で)

現在、好きな作家世界ランキング、先輩が第1位※っす。
※あまりいろんな本読まないので、多分13位くらいまでしかないのだけれど。
(追記)
引き続き他の本もいろいろ読みました。
どうやらこの短編集だけが異質に抜きんでているようですね。。
個人的にはこの本だけが印象に残っています。
関連記事
2008/06/29 | お気に入り…もの | コメント:0 | トラックバック:0____
<<人を優先する | ホーム | アーモンドチョコレート / ロッテ>>
コメント
コメントの投稿









▲投稿時に任意のパスワードを設定しておくと、投稿後の再編集が出来ます。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

http://jiro.blog42.fc2.com/tb.php/153-c2224fb3
| ホーム |