すきまのおともだちたち / 江國香織


よかったです。ちょっとした時間で読めてしまう、ちょっとした本です。(ボリューム的にも実際にも、半、絵本、という感じ)

この人の文章の、淡々とした感じ、何でもない日常を切り取ったような、でも特別なきらきらしたことがちりばめられてて、全体はゆっくりしているけれど、でもしゅっと背筋を伸ばしたような端正さがある、そういうおじょーちゃまな雰囲気が好きです。おぼっちゃまなので(ぼそ)

いままでいくつか読んで、この人のトーンなら「こども」が主人公だったりしたら、そのパワーポイントがいちばん発揮されるんだろうなあと思ってたんですけど、まさにという感じ。

絵も含めて、きれいで、かわいくて、いい本。心がささくれたらまた読み直そう。
関連記事
2008/06/12 | お気に入り…こと | コメント:0 | トラックバック:0____
<<無印良品 / サンホーキン綿フェイスタオル | ホーム | 文章讀本 / 谷崎潤一郎>>
コメント
コメントの投稿









▲投稿時に任意のパスワードを設定しておくと、投稿後の再編集が出来ます。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

http://jiro.blog42.fc2.com/tb.php/147-e1cad6e8
| ホーム |