【邦画】 湯を沸かすほどの熱い愛
Yu-sub1s.jpg


この映画、凄いよかったー。めっちゃ幸せな気持ちになりました。映画として見ず、おとぎ話と思って見れば、誰も不服に思わないと思います。

登場人物全てが素敵な人っていう、やばい(幸せな映画あるある)やつ。

リアリティ重視な僕は、初見当時、細かな点で不満爆発で、5分に1回は、いやそれはおかしい、みたいな感じで、結果、途中見るの実際何度か、やめたんですけど、でも何か気になって結果全部通して見たら、すごい良い映画でした。

リアルなツッコミを入れずに、全編真っ直ぐにずーっと見たら、最後はとても幸せな気持ちになれます。この映画を作った人達が何を言いたかったのか、それがこんなにはっきり分かる映画もそうないと思います。その分、個々が感じる自由な余白みたいのは全くないですけども。
ところどころ噴出してる、監督さんの妙な狂気?には敢えて触れません。
関連記事
2018/07/25 | お気に入り…こと | コメント:0 | トラックバック:0____
<<【猫】 猫のこと その3 | ホーム | 【解説】 アンドレス・イニエスタさんの凄さ>>
コメント
コメントの投稿









▲投稿時に任意のパスワードを設定しておくと、投稿後の再編集が出来ます。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

http://jiro.blog42.fc2.com/tb.php/1245-ecc634a1
| ホーム |