【ケミカルシューズ】 crocs / クロックス
crocks1.jpg


crocs。

どんなイメージですか?僕は、ドンキホーテに来る人が履く靴、というイメージです。前時代的な、安っぽい靴というイメージ。

5年くらい前に何となく買って、アルバイト先で使ってるのが上のやつ。クラシッククロッグ?白いの。3,000えんくらいしたかな。トータル、たぶん何万時間とかめっちゃ超時間履いてますが、未だに頑張ってる。クッションが全然へたらないし、未だ足にめっちゃ合ってる。強度が半端ないです。かかとは流石にだいぶへたったけど、穴などは空いていないです。ソールの厚み部分、空洞ではないって事です。ケチってない。

…あれ?この靴って、地味に凄いんちゃうんか??

と、最近思う。改めてネットで調べたら、医学的にもクッションの有用性が証明されたとか書いてた。んー。俺の勝手なイメージが、だいぶ悪い?? 量産型のぼったくりシューズかな、とか思っててごめんなさい。ソールもアッパーも、全部が1枚もん=ボンドで接着などしていない、ので劣化しない。剥がれて来ないというか剥がれる箇所自体がない。シンプルな構造は、ちゃちなんでなくて、靴として強いという事。

履いてて見た目がかっちょ悪いというか、馬鹿みたいなので、クラシックは、2度と買わないけど、いい靴だなあ。今のをまだまだたいせつに履く。ベランダでとか朝のゴミ捨てとかに。

そして、先日2足目を買った。

ビーサン。これ。

crocks2.jpg


クロックバンドフリップというモデル。スノボの技名みたいやな。紺に白ライン。さわやか〜。ポイント500えんとか使って1,700えんくらいだった。

到着して、履いた瞬間から、長年履いていたみたいにしっくり来る。やっぱし凄い。クロックスって、基本的に作りの精度がとても高い。尖ってるところとか樹脂が余っているところなどがない。工作精度の凄さは、安価な靴を販売するケミカルメーカーの中では世界一ちゃうかと思う。足触りが最高に快適。あと、人間工学的にも研究してるはず。そういうデザインやもん。だからカチッと足に合うんちゃうかな。

履けば分かる、これ、たっかい奴や。(でも異常にリーズナブルという)

あと、靴って、0.5cmでなくて0.25cm単位でないと合わないだろ、てのが僕の自論なんだけど、たまたま、クロックスは僕の足のサイズにちょうどだった、というのも理由の1つだと思う。これは俺がラッキー。単に。

結論。

crocsって、ヤンキー御用達の安もん靴、と思っている人多いと思うけど、超安価で、かつニューバランス的な医学的?な良さ満載で、最高の靴なので、偏見持ってる人は買ってみ?(ただし、実際にお店に行って、3サイズは履き比べないとダメ)
ケミカルだけでなく、革靴やスニーカーなど、crocsがいろんな靴を出しているのは当然知っています。てか前に全商品調べたもん。

今回は、その中でもケミカルな安価モデル(つっかけなど)を限定で論じました。てか安価なもの程、crocsの真骨頂だなって感じがします。お得というか、唯一無二というか。
関連記事
2018/06/05 | お気に入り…もの | コメント:0 | トラックバック:0____
<<【レトルト】 ボンカレー グラン / 大塚食品 | ホーム | 【ITトレンド】 ダークモード>>
コメント
コメントの投稿









▲投稿時に任意のパスワードを設定しておくと、投稿後の再編集が出来ます。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

http://jiro.blog42.fc2.com/tb.php/1231-6f8cf4a8
| ホーム |