【基本】 自分に合ったコーヒーって、豆の品種より焙煎や挽き方でほぼ確定という前提。
コーヒー豆


長らく、いろんなコーヒーを、インスタントから半ドリップから、粉、豆から、飲んできた。でも、根本的なところで無知だったみたいで、最近「え、そうなの?」と個人的には青天の霹靂、的な事を知り、今までの知ったかぶりが恥ずかしくなったので、同じような人が少なくなるように、と、書く。

まず、コーヒーの味って、酸味と苦味は相対関係にあるということ。どちらかが強くなるとどちらかが弱くなる。まずこれが絶対的基本。そしてその味を決めるのは、以下の順。

1・焙煎度合い
焙煎が弱いと酸味が強く、強いと苦味が強くなる。

2・挽き方
粗挽きだと酸味が強く、細かいと苦味が強くなる。また、挽き方にムラがあればある程、雑味が増す。あと、渋皮(豆の割れ目の部分の皮)を取り除かないとこれも渋味になる。とはいえ実際取り除いてられないけど。

3・煎れ方
沸騰したお湯で煎れると雑味が出る。90度くらいがいいらしい。とはいえ、その温度で煎れるとギリぬるい。痛し痒し。また、正しい煎れ方(あらゆるサイトで書かれてる基本的な煎れ方)を守らないと、都度減点法的に雑味が混じる。

4・豆の品種

やっとここで、豆の差。


かように、自分に合ったコーヒーを選ぶ際、「豆の品種」は一番最後の要素だ、という認識がない人、以外に多いんではないでしょうか?

ま、そういう事です。

以下もっと細かな説明。
<ロースト(焙煎)>は以下8段階。

1、ライトロースト(Light roast)
2、シナモンロースト(Cinnamon roast)
3、ミディアムロースト(Medium roast)
4、ハイロースト(High roast)
5、シティロースト(City roast)
6、フルシティロースト(Fullcity roast)
7、フレンチロースト(French roast)
8、イタリアンロースト(Italian roast)

僕は、何につけても超バランス派(ど真ん中のど真ん中を求める)。3か4が好みの様です。不味すぎて長らく飲んでないけど、例えばスタバとかは多分7とか8。超安い豆を強烈な焙煎で苦くして誤魔化してるのに超値段高いコーヒー、というのが僕の認識。世の中、味より雰囲気なんだろな。味は誰にでもは分からないけど、雰囲気は誰にでも分かるから。


<挽き具合>

自動で挽く機械は、高熱が加わる+加減を知らないという事で、不味くなりがちらしい。僕は1杯1杯手で挽いてるので、自動の不味さは知らない。手挽きの場合、僕のうちにあるのはハリオという会社のやっすい挽き器。高級な手挽きの機械が一番らしいけど、4万とかする(職人の手作りらしいけど)ので、馬鹿らしくて買わない。買えないともいう。

そのハリオの挽き器は、歯車の目盛り(=臼部分の締め付けの隙間。マックスがゼロで、そこからどれだけ緩めるかなので、数値が多いほど挽き方が粗挽きになる)で

細挽き →4メモリ
中細挽き →7メモリ
中挽き →9メモリ
中粗挽き →11メモリ

僕は豆により6〜8。中細挽きの前後。前述の好み通りなんだな。ど真ん中近辺。


<余談>
コーヒー豆の賞味期限ですが、冷凍なら1ヶ月持つとか冷蔵なら…、また、粉なら、豆なら、といろんな意見や説がありますが、僕としては、

豆の状態で、買ってから(開封してから)常温で2週間。粉ならもっと早い。1週間とか?これが真理だと思います。

もいっこ、コーヒー豆って、品種どうの、焙煎どうの以前の最前提として、焙煎したてである事が一番大事。割と圧倒的に。

僕の場合、近所に、オーダー受けてから焙煎するお店があって、それは最高なんだけど、大企業の、キーコーヒーとかの豆と比べたら倍の値段するんよね。(かたや大盛り1杯100えん、かたや同1杯50えん)

でも、街の豆屋さんってそんなもんで、スーパーの豆売場ですら、1杯換算100えんなんよね。

要は、100g=400えん、てのが街の豆の標準的最低価格。ネットの大企業の豆(僕の場合キーコーヒー)は200g=500えんがAmazonプライス。また個人でこだわり持ってやってはるお店なんかだと、100g=550えんとかする。ブレンドが。そこまで行くと、流石に、もうキーコーヒーでええよ、てなる。流石に、倍程の味の差、ない。

ちなみに、ネスカフェバリスタは、単なるフリーズドライのインスタントなので、一番損で割高で美味しくないと思う。ウォーターサーバー置いてる人と同じで、雰囲気や気分に騙されてるぱてぃ〜ん、と思う。
関連記事
2018/02/19 | 独り言 | コメント:0 | トラックバック:0____
<<【自論】 スマートで正しい?ラーメンの食べ方。 | ホーム | 【アニメ】 ポプテピピック>>
コメント
コメントの投稿









▲投稿時に任意のパスワードを設定しておくと、投稿後の再編集が出来ます。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

http://jiro.blog42.fc2.com/tb.php/1180-bbcc1163
| ホーム |