【名曲】 駅舎(えき) / さだまさし



作詞 さだまさし
作曲 さだまさし

君の手荷物は 小さな包みがふたつ
少し猫背に 列車のタラップを降りて来る

驚いた顔で 僕をみつめてる君は
夕べ一晩 泣き続けていた そんな目をしてる

故郷訛りのアナウンスが今
ホームを包み込んで

都会でのことは誰も知らないよ
話す事もいらない

驛舎に降り立てばそれですべてを
忘れられたらいいね

重すぎるはずの 君の手荷物をとれば
身じろぎをせず ただ涙をこぼすだけ

ざわめきの中で ふたりだけ息を止めてる
口を開けば 苦しみが全て 嘘に戻るようで

季節の間(はざま)ではぐれた小鳥が
時計をかすめて飛ぶ

泣きはらした目が帰ってきたことが
君をもう許してる

驛舎を出る迄に懐かしい言葉を
思い出せたらいいね

改札口を抜けたならもう
故郷は春だから
<追記>

道化師のソネットだとか、映画、二百三高地、のだとか、有名なのある中、昨日突然夢で思い出した。

中1レベルの単純なコード進行なのにメチャメチャいい曲だし、何と言っても歌詞!!普遍的なモチーフをこの上なく端的に叙情的に…素晴らし過ぎる。こういう内容の曲は、世界でこれしか要らない。早速レパートリーに加えよっと。てかオリジナルキーは超声高ぇな。サビが。
関連記事
2018/01/14 | 僕の名曲 | コメント:0 | トラックバック:0____
<<【名言】 福山雅治 | ホーム | 【最後の生鑑賞】 スターウォーズ 最後のジェダイ>>
コメント
コメントの投稿









▲投稿時に任意のパスワードを設定しておくと、投稿後の再編集が出来ます。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

http://jiro.blog42.fc2.com/tb.php/1172-1371210a
| ホーム |