【パスタ】 フェデリーニ by De Cecco
Fedelini.png


何十年もディチェコのスパゲッティーニ(直径1.6mmの棒状のパスタ)を食べてきました。バリッラでなくディチェコ派です(=工場制機械工業でなく工場制家内工業派。=ツルツルで延びないが味が絡みにくい大量生産系パスタより銅の板に開けた穴にニューッと押し出す旧来方式の、ザラザラだけど味が絡みやすく、でも延びやすいパスタ派)。

何だかんだで、ディチェコ、ネットの並行輸入もんだと、質の割に考えられないくらい安い(500gで200円弱)ので、他の選択肢はもはやありません。

で、先日、間違ってスパゲッティーニ(直径1.6mmね)でなくて、フェデリーニ(直径1.4mmの棒状のパスタ)を買ってしまった。更にもいっこ細いのが多分フェットチーネつって、素麺みたいなやつ。0.9mmとかかな。

うわ!失敗した!と思ったんですけど、あれれ?

えてして、ある失敗があったから、それをきっかけに常識が変わる、てのはあるあるだと思うんですけど、それ。

スパゲッティーニって、茹で時間9分。対してフェデリーニは半分程度(推奨6分みたいですけど、それだと速攻延びるので、僕みたいに酒飲みながらちょびちょび食べる人は、4分30秒〜5分がベスツです。イメージとしては博多ラーメンの細麺みたいな感じです。豚骨(濃口のスープ)に対しての細麺。速攻茹でれる麺。でも汁に負けてない。あんな感じです。バリカタに茹でておけば、最初もそんなに固くないし、食べててもそんな延びないしという。

スパゲッティーニに比べて細い分、ソースの味が絡むし染みるので、随分味が濃くなります。あと、細い分自在に曲がるので、ことさらソースとの一体感が良くなる。ただ、パスタの小麦の風味とか弾力、かみ応えなどを重視する人には、マイナス要因割と多いと思います。

特に捗る点としては、市販のパスタソース(レトルト)で食べる時。大体パスタ100gでって書いてあるけど、レトルトってだいぶケチったソース量なので、なんだか物足りない感じあるあるだけど、それがない。濃く食べた感になる。

また、茹で時間がスパゲッティーニの半分以下という事は、ガスもお湯もかなりエコ。やってみると分かるけど、=手間もエコ。すぐに茹で上がるから。レトルトパスタを湯煎する時間より速く茹で上がるので、困る位。

なお、乾麺のパスタって、予め水に1時間程浸けておいて、茹で時間を半減させつつ生パスタみたいな食感にする、ていう素敵な調理法があるんですけど、それをこのフェデリーニでやると一体どうなるん?茹で時間2分? (後日やってみたら、1時間漬け置いて、3分!だったです。1分の短縮。意外とちょっとだ。)

ともあれ、麺のコシや小麦の香り命、みたいな人は別として、フェデリーニ、おすすめかも。

これから冬だからあれだけど、麺の細さは、夏場の冷製メニューとしても優秀だろうし、ゆで加減を変化させたり、締めたりすると、随分いろんな工夫が、短時間で出来そう。スパゲッティーニよりかなり優秀というか、自由に出来るかなと判断しました。

あと、丼(ごはん)物のソースをスパゲッティーニにかけると、粘度が足りなかったり、麺への吸収が少なかったりで物足りないけど、フェデリーニは御飯と同じようなphなのかな。例えば親子丼でも牛丼でも、そのまんまパスタソースになる。スパゲッティーニみたいに、絡み切らない、て事がない。
関連記事
2017/11/21 | お気に入り…もの | コメント:0 | トラックバック:0____
<<【常備】 家に欠かせない調味料 | ホーム | 【ひとつの正論】 和菓子ばっちい(汚い)論>>
コメント
コメントの投稿









▲投稿時に任意のパスワードを設定しておくと、投稿後の再編集が出来ます。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

http://jiro.blog42.fc2.com/tb.php/1153-d1977222
| ホーム |