【地味に凄い】 創味シャンタン 粉末タイプ
syantan_logo.jpg


中華スープのもと。

大昔、味覇を使った事があるけど、多いのと、独特のニオイ(豚脂?調味料?)が若干気になるのと、使いにくい(硬いペースト状)ので、いつからか粉末の鶏がらスープの素を使うようになったけど、それはそれであまり美味しくないので使わなくなった。

白だし(=和風)と、コンソメ(=洋風)は使うけど、そうして中華系スープの素は使わなくなって久しい。(ヒガシマルのラーメンスープの素は常備してるけど、ラーメン専用で、調味料としては使ってない)

創味シャンタンが発売されてから、ずっと気にはなってた。味覇と比べてどうなんだろう、と。そもそも、味覇(ユウキ食品)って、もともとその中身は創味が作ってたけど、ユウキ食品自身が独自に作るようになって、創味は、にゃにを!?それならこっちも勝手にさせてもらうぞ、ぷんすこ!と、オリジナルブランドで挑発的?に発売した、というのが創味シャンタンの発売経緯で、創味シャンタンの方が、元祖&ブランドとしては後発なので頑張ったからなのか、ユウキ食品が雑な仕事なのか分からんけど、創味シャンタンの方がだいぶ美味しいらしい、というところまでは知っていた。

で、更に、去年柔らかいペーストタイプが出て、今年、粉末タイプが出た。

この、粉末タイプ、というのは地味に凄い有難い。格段に調理しやすい。調べてみると、開発に滅茶苦茶苦労したみたい。脂分がどうしてもダマになってしまって大変だったらしい。

量も炒飯10回分程度、値段も100円代、ちょう安い。しかも常温保存で1年半ほど持つ。家に常備しない理由が何もない。美味しいならば。

て事で買って、まずスープにしてみた。や、これは凄い美味しい。味の濃さ、バランス、風味のナチュラルさ。どれを取っても凄い。味覇の時に感じた臭さみたいのがない。ヒガシマルのラーメンスープの素がオールドスクールな優しい味としたら、これはしっかりとした濃さがある感じ。

この粉末タイプ、話題沸騰になってないのが不思議。スープ、炒飯、野菜炒め、卵焼きなど、これを入れるだけで相当なレベルの中華味に一気になる。おすすめ。
関連記事
2017/09/23 | お気に入り…もの | コメント:0 | トラックバック:0____
<<【無人島に1つだけ持って行けるとしたら】 漫才師編 | ホーム | 【流行最先端】 ハンドスピナー>>
コメント
コメントの投稿









▲投稿時に任意のパスワードを設定しておくと、投稿後の再編集が出来ます。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

http://jiro.blog42.fc2.com/tb.php/1129-b5b60c3a
| ホーム |