【武器】 ごんぼう
ぬすっとど


風来のシレン、というゲームがある。

その昔、ニンテンドー64でやりまくった優れたゲーム。地下ダンジョン(限られた空間の複数の部屋みたいな感じ)に潜って、その場その場で武器や薬、食べ物を拾いながら、敵を倒して、どんどんと地下に進んでいく、というゲームで、死んでしまうと獲得したアイテムも、上がったレベル(戦えば戦うだけ強くなる。でも地下に進めば進むほど相手も強くなる)も、ゼロに戻るという、斬新で過酷なゲームシステムが刺激的だった。とはいえ例えば、アイテム「持ち帰りの巻物」を使うと持っているアイテムを持ったまま地上に帰れたり、その他いろんなやり方で、装備のレベルを上げていって、地上に帰っても、ちょっとずつ強く有利にはなっていける。しかし、いかなる場合も、途中で死んでしまうとその時点で所持装備した全て失う事に変わりはなく、常に緊張を強いられる。(ゲーム状況は逐次自動保存されるので、基本的にやり直せない。)

そんな風来のシレン、最初は弱い武器、棍棒(要は木の棒)を拾って戦うところから始まるんだけど、そして最終的には秘剣カブラステギみたいな尋常でない刀みたいなところに辿り着くんだけど、初期に、

ごんぼう

という武器を拾った時、何?何?こんぼうの強い奴??と新たな武器に嬉しくて、詳細説明を見ると

ごぼうの事

とシンプルに書いてあった。ん?

で、敵を殴ると、あまりダメージを与えない上、かつ1発で折れてしまう。要は、ごぼうだった。

棍棒にかけつつ、ごぼうを田舎風に発音して、ごんぼう。しかも棍棒よりも弱い。新たな武器の獲得に上気した僕は、後にも先にも、これ程、ギャフン、て言葉にはまった事はない。

登場モンスターに、半分の財産を奪って逃げる、ぬすっとど、というキャラクターがいる。トドなんだけど、名前も、見た目も、顔に巻いてる手ぬぐいを手に持ち替えてシュッと放ちさっとお金を絡め取って逃げる、という動きも、音(シュッどろん!みたいだったかな)最高にむかつく。それくらい、素晴らしいキャラばっかりのゲームだった。

未だにごぼうを見る度、思い出すんだもん。トラウマと言っていい。
画像はぬすっとどで検索したらヒットしたキーホルダー。Amazonの。思わず注文してしまった。
関連記事
2017/09/07 | おもしろい | コメント:0 | トラックバック:0____
<<【BS】 おのののか@世界入りにくい居酒屋 | ホーム | 【漫画】 服を着るならこんなふうに>>
コメント
コメントの投稿









▲投稿時に任意のパスワードを設定しておくと、投稿後の再編集が出来ます。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

http://jiro.blog42.fc2.com/tb.php/1124-47745d51
| ホーム |