【しゃもじ】
しゃもじこのしゃもじ、1000えんもしやがるんだけど、ヤバい。

40000えんする土鍋とか、同じような値段するガス炊飯器持ってて、お米の美味しさ追求馬鹿を自認してきたつもりの自分ですが、まさかのしゃもじの重要性です。

炊きたての御飯は、全体を一定の状態にする為に、すぐにかき混ぜないとダメなんだけど、この時点の御飯はとてもデリケートな状態で、普通のしゃもじだと速攻潰れる。米粒が。

このしゃもじ、うっすいんよ。厚みが。これが滅茶苦茶重要で、米を潰さない。かつこのたっかいバージョンのは、米粒がつかない。無駄がないんよ。

ちょっと高いものを買う事で、かえって得をする事って多々あるんだけど、これはそう。

買って良かったなあ。。

MJ、OSSM。

久々、画像の右に文字を配置するCSS、このエントリーのおかげで思い出したわ。良かった。(独り言です)

2018/12/28 | お気に入り…もの | コメント:0 | トラックバック:0____
【実は超簡単な、イイ曲】 Chasing Pavements / Adele


アデルのこの曲。いかにもグラミー委員会が好きそうな、サムスミス?がその後似たような曲で好かれた、典型的な感じのクールなバラード?。当時スゲーいい曲だなぁと思ったな。

で今日山登りしながら改めて初めてガチで真面目に(コードや編曲を覚えるぐらい本気で)聴いてたら、

ギターアルペジオメインなんよなこの曲。オーケストレーションメインと思ってた。かつ、日本で言うフォークソング並みの単純なコード進行を、微妙にタイミングや展開をずらす事で滅茶苦茶お洒落な曲に仕上げてる。

高度。天才。曲作った人。

逆に言うと、ギター下手くそでも、アルペジオのコンビやストローク(ピッキング)の打ち方やリズムのポイントやその強弱で、テクニックなくても、弾きこなし方の組み立てで、アコギ1本だけで、人をめっちゃ感動させられる、素晴らしい曲だ。勿論歌はちゃんと歌えないといけないけどね最低限。

練習しよっと。誰に聴かせる訳でもないけどさ。
2018/12/25 | 独り言 | コメント:0 | トラックバック:0____
【小指】 明治ガルボ 練り苺
1638574_original.jpg


このお菓子、パッケージはピンク色で美味しそうやけど、実際はこんな感じで、

ガルボ

で、テレビで海原ともこさんが、食べながら、

「これ、実際の色違うなあー。指、挟んだ色みたい。」

て言ってて、それが個人的にツボって大爆笑。うっ血&部分的に内出血してる感じで、例えの適切さがパない。大きさ的には小指の第1関節の感じ。

めっちゃ面白かったので、ブログに書いた。

こんど絶対買おうっと。

家に友達を招いて料理するような時に、包丁を扱ってて、突然、ぎゃああああ!指が、指が!つって、指を抑えながらまな板の上にこれを1つ置いたら、相当面白い事になると思う。パーティ好き、サプライズ好きな人、是非ドゥエ(←流行語は自分で作る)。これこそバエなんちゃうんか。
2018/12/15 | おもしろい | コメント:0 | トラックバック:0____
【ポゼッションサッカー】 リージョ監督 in ヴィッセル神戸
(自分の)プレーの選択を決めるのは、相手選手の動き、プレーだ。
2018/12/14 | 心に響いた言葉 | コメント:0 | トラックバック:0____
【焼売】 崎陽軒
21359_main.jpg


きょうお土産に焼売もろた。上のやつ。醤油の容れ物がひょうたんできゃわたん←。これ横浜名物なんやろ?新幹線で食べたらニオイの拡がりを要因としてブーイングが凄まじい事で有名な奴やろ?

真面目に味わうのは初めてです。真剣に食う。まずは常温で1個。きっぱり不味い。食感から味から。食感は、何らかの肉の欠片の成れの果てという感じ。味は、基本ない。何らかの香りと、薄い塩と、豚肉の出汁がら、みたいな味。風邪気味だからかも?と一瞬思ったけど、結論そうではない。

むう。

ちゃんと食べよう、最高の状態で味わおうと思い、蒸し器で蒸した。6個。果たしてあまり感想は変わらない。上記感想に、”柔らかくて温かい”という前置詞がつくだけという感じ。決して美味しくはない。

世の伝統的なものって2通りあって、1つは、伝統を守るために変化し続ける努力を選んだもの。もう1つは、伝統を守るために変わらないという努力を選んだもの。

完全に後者。

昭和6年には、この上なく美味しかったんだと思うし、その伝統を完全再現しているものを今も味わえる、という事は奇跡だと思うし、普通は我慢出来ずに変化させてしまって、変質させてしまう=オリジナルではなくなる訳で、こういう、変わらないものって大切だと思うし、そういう事を体験出来るって凄いと思うし、いいなと思った。

原材料を見たけど、確か、豚肉、玉葱、澱粉、干し帆立貝柱、砂糖、食塩、こしょう、グリーンピース、だけだったと思う。超真面目というか、添加物や甘味料は使ってない。オホーツクの貝柱がどうの、とか、国産豚肉どうのって書いてた。真面目にやってはる。

でも、僕にはおいしない。豚肉があまり上等ではないのか、旨みをちゃんと引き出せてないのか、味がしない。塩が少なくて味が薄いというのは好感持てるけど、この味で薄味ってのは厳しい感じ。

個人的には、神戸の一貫楼の焼売が美味しいと思うってか普通なんやけど、大きさが崎陽軒の2.5個分=1つみたいな感じで、大きいからジューシーなのと、豚肉の味が濃いとか、皮が肉厚とか、美味しいような感じ。値段は味の割には高いなって思うけど。

崎陽軒の焼売。

タイムトリップというか、タイムストップというか、伝統を守って、時代を超越して固まった商品。でもそれこそが凄い事。これからも絶対に味を変えないで欲しい。

でも僕はもういいや。今時のシュウマイが好み。
2018/12/10 | おいしない ( ー̀~ー́ ) | コメント:0 | トラックバック:0____
【アニメ】 機動戦士ガンダム・ジ・オリジン
g001.jpg


オリジナルガンダム(=機動戦士ガンダム)を見てた人で、いまもガンダムを追いかけてる人は少ないと思う。いいオッサンは忙しいだろうので、今さらアニメもクソもないだろうからね。

俺はマニアでもオタクでもないけどそこそこ追いかけてた。オリジナルと関係する作品は。ゼータとかユニコーンとか。くっだらない、鉄血隊てスピンオフも見たし。あれはほんとしょうもなかったなあ。。そんなオッサンガンダムファンが満遍なくそれなりに痺れるだろうのが、ガンダム The Origin。(キャラ作成の)安彦良和さん自身が書いた、あの100年戦争の、(今になって)当時の矛盾を正したり、背景を書き足したりした漫画。がベースのアニメ映画。

ほんとは漫画を全巻買いたいけど、24巻15000えんなので、買えない。貧乏だからね俺。電子書籍を買おうかなあ。。

そのアニメの、100年戦争を除いた部分=映画部分が、全部公開されている。俺はAmazonプライムで全部タダで見られる。

全部で6だっけかな。完結した。安彦良和さんは、その漫画を書いて、アニメ映画6つ作って、疲れたので休むとの事。何年後かに、いちばん最初に書いた100年戦争をリニュアルしてくれたらな、きっとあるんでは、と思うと痺れる。

多分実際そうなると思う。楽しみ。
2018/12/09 | お気に入り…もの | コメント:0 | トラックバック:0____
【ライフラインと断捨離】 インターネットに絡む事を排除する。
今後、震災や災害に遭遇する可能性は高いので、普通でいられる今のうちに、出来る限りは準備する、という事は、大体用意出来ています。(前に書きました

昨日、SoftBankの携帯が繋がらない、とか、キャリアのダウンという事象があって、あーそっか、と思って、それにも対処しようと思いました。

僕は格安スマホのmineo、なんですけど、そのキャリアがエラーでダウンしたらどうする?

PCのLINEがあるので、それでいい。が結論。

ついでに、インターネットのインフラが落ちた場合は?と考えます。例えばGoogle。僕はPCメールはGmailメインなので、それが落ちても、契約しているサーバー会社(仕事用)のメールでやりとり出来る、という形にはしときました。

あと、普段からネットに依存してて何かアドバンテージがあったか?と自問した時に、単に視力が悪くなっただけで、何のメリットもなかった、と思ったので、Facebookは勿論、Twitterもやめたし、2ちゃんねる見るのもやめた。Yahoo!ニュースを見るのと、どうぶつの森(超しょうもないアプリ)、くらいかな。それも、別に外してもいい。実際視力が回復しつつある。

電気が落ちて、かつインターネット自体すら落ちた時は、リアルな部分の能力のみが試される訳で、そこは普通に準備してるので何も問題ない。インフラはFMラジオ。超いい音するの買った。単3×2個の。

何が問題かというと、家自体が壊れて消失してしまう場合。

それにはまだ準備が足りてないかも。

家の場合は、津波だったり、南海トラフによる揺れだったり、大雨による浸水などで壊れる可能性は少なくて(神戸の山の手だから)、唯一あり得るのは土石流。これまで一度も、山の土砂が僕の家周りまで来た事はないのと、来るとしても当然、津波みたいに10分とかではなく、何時間という単位だと思うので、淡々と必要なものを全てパックして脱出する、という事が必要なんだけど、まだそういう、危機に備えて重要な荷物を1つところにまとめる、て事だけは出来てない。

それも近日、やろうと思います。
続きを読む
2018/12/07 | 独り言 | コメント:0 | トラックバック:0____
【牛丼専門店】 神戸牛丼 広重
<以下2012/7/25に書いたエントリーです。こないだ6年ぶりに行ったので末尾に追記を書きました。>

神戸特上牛丼 並



<概要>

北野坂と山手幹線が交わる交差点を北に渡って右手、うどん屋だん吉の左脇を北に30m位のところに今年の2月に出来た、牛丼専門店さん。イタリアンかなにかしてらっしゃった人が、認定神戸牛を使った美味しい牛丼をカジュアルに、と思ってオープンさせたお店だそうです。


<店舗のつくり>

店舗は北壁に向かったカウンター5席+南壁に向かったカウンター×5席=10席。雰囲気は悪くないですが、マスター手作り?まんまのカウンターは奥行きがなく(30cmない?)、手元の角が直角に尖ったままなので、カウンターに乗せてる手と肘の間の部分が痛い!またカウンターの塗装も仕上げがなされておらず、木目も塗装もざらざらとしていて荒いです。ネジも天板に直接打ち込まれていたり(上の写真の左下隅)、とてもくつろげるカウンターではなく、残念ではあります。椅子はファブリックで座りよいです。


<お客さん、お店のオペレーション>

11時に入ったのに、10分後には僕ら(2人)含めて5人のお客様。その後さらに2人。全員確信犯的というか、このお店に来るために、しかもオープン直後のすいている時間を目指して来た感じで、もしかしたらもう既に、お昼にはとても混む人気店なのかもしれません。

サーブされるまでに10分~15分かかります。完全にお一人でやってらっしゃって、1回で4人分までしか作れない?みたいで、そうするとタイミング次第では20分以上とか待たされる事もあるはずです。いわゆる牛丼感覚でさっと食べれると思って行っちゃダメなのは勿論ですが、ちょっと時間かかるんだろうなと思って臨んでもなお、えっと…まだかナーって、なると思います。


<メニュー・味>

メニューは、神戸特上牛丼の並1,000円(大盛り200円アップ)、卵、のみだそうです。

おひやは溶けにくい球形の透明な氷が3つくらい入っていて、可愛らしいです。わ、凝ってるなあ…と思いきや、水本体は美味しくないです。

牛丼は、この価格帯ではこれ以上はないという位の上等な牛丼です。ちょっとした小料理屋さんのすき焼き牛肉御膳1,680円みたいな質で、1,000円という値段はめちゃめちゃ安いです。神戸牛使ったら、家ですら絶対同じ物を同じ値段では作れないです。独自のルートで牛肉を大量に買い付ける事で実現していらっしゃる?んだと思います。認定神戸牛?の、肩ロースと赤身の多いバラ肉を混ぜて入れてる?感じですが、ぺろんと2切れ3切れとかかな、と思っていたのですが、その倍~は入っています。肉の味・香りは、わあ良いお肉だね~という感じです。ひっくり返る程凄い!とかではありませんが、柔らかさが神戸牛という感じで上品な食感でした。ご飯もきちんと炊けているものが250g~くらい入っていて、タレの加減や量も非常にバランスが良く、並でお腹いっぱいになります。牛肉の下、ご飯の上に、すでに下ごしらえして煮込んであるフニャフニャというかドロドロとした飴色玉葱が敷き詰めてあります。一般的には美味しい?のかもしれません。僕の個人的な嗜好でダメでした。なんだか痰(たん)食ってる(すみません)みたいなヌルヌル感と、煮込んだ玉ねぎ特有のベタっとしたくどい甘さが。あと、上に焼ネギ1、ししとう1、あと何かあったかな…が載っています。

(家で同じ値段で作るのは無理と書きましたが、「この神戸牛、普通の国産黒毛和牛とは全く違う!YABEEEEEEEEE!!!!!」という程格段の差がある訳ではありませんでしたので、うまく肉屋さん選んで安くていい国産黒毛和牛を買えば、味付け自体は超シンプルな事も加味して、"似たようなもの"は、作れます)

お吸い物は、白菜や人参や…大根だっけかな?とあとこいも1ヶがはいっていました。出汁はよく覚えていません。とにかくとっても水っぽいというか、薄いというか、??という感じでした。(ちなみに僕は異常な位の薄味好きです)

お漬け物は、高菜と、たくあんと、きゅうりの浅い糠漬け?浅漬け?だったと思います。きゅうりがとっても美味しかった。いいあんばい。たくあんもそれなりに良かったです。高菜は…ごま油味のあのいわゆる高菜なんですけど、なんかラーメン屋のおまけみたいでちょっと。

あと、マスターはとてもいいお人柄です。応対もご丁寧だし、物腰も柔らかく素敵でした。ただ、風邪引いてる?夏ばて?みたいで、ふとした瞬間のしんどそうな感じ&その時のオーラの引き(減衰)が半端なかったです。


がんばってくださいね。神戸初の牛丼専門店ではないでしょうか。ごちそうさまでしたー。



p.s.

細かな事なんですが、箸の先が細すぎて、ご飯が超すくいにくかったです。また、カレー屋でいうところの「カンカン金属スプーン音」もそうなんですけど、丼ものの食べ終わり頃の「お茶碗への、とすとすお箸の音」というか、要はご飯をかき集める為に茶碗を箸で頻繁につつく音なんですけど、それが箸が細い為に、より回数が増えて、ちょっと…。あれって、自分の音であれ人のであれ、なんか貧乏ゆすりみたいというか、貧相というか、品のない感じがして。。。細いお箸は、すくった時にまとまるタイプのご飯(白米とか炊き込みご飯や散らし寿司など)用であって、汁を含んだ丼モノには適さないような気がします。割り箸の方が食べよかったりします。それについては丼専門店のマスターとしてはどう思われてアレなのか聞いてみたいです。けど、普通に、そこまでは考えてないよと言われそうな気がします。でも重要ですよ食べやすさ。丼ですからね。


<店舗外観>

神戸牛丼 広重 店舗外観




神戸特上牛丼
神戸牛丼 広重

神戸市中央区中山手通1-22-21 前川ビル1F
078-222-6611
年中無休 / 11時~15時、17時~23時(売り切れ次第閉店)

神戸牛丼 広重 地図

続きを読む
2018/12/04 | おいしい…飲食店 | コメント:0 | トラックバック:0____
| ホーム |