【TVドラマ】 奇跡の人 by 岡田惠和さん
奇跡の人


僕は岡田惠和さんの作品がだいすきなので、訳も分からず録画して見た。感動。素晴らしい作品。

もうろう?目が見えなくて耳が聞こえないハンディキャップの子供を軸に据えた、困難克服の過程で良い方に変化していく人々を描いたファミリーストーリーみたいな作品なんだけど、そのハンディキャップ頑張れ頑張った的な部分については全くどうでもいいんだけど、各キャストさんの、演技?マジな人柄?みたいな、そういうほんとっぽい節々?に感動した。

それこそ全員の。

特に、この、ミュージシャン(基本的に俳優ではない)の長髪の人の演技が、ほんっっっとに、最高だった。大す木。

内容さておき、シーンシーンの人柄の些細が、温度感が、素晴らしいです。

そういう、これアドリブ?みたいな、各役者さんから、その人柄のほんとっぽさを抽出して素敵な空気を作るのが、岡田監督の素晴らしく素晴らしいところなんだけど、真骨頂だったです。
続きを読む
2017/03/19 | お気に入り…こと | コメント:0 | トラックバック:0____
【Jリーグ】 DAZN(ダゾーン)
JリーグDAZN


Jリーグが、今年からスカパー!というテレビ放送からDAZNというネット放送に変わったんですけど、いくらか見てみて分かった、これまで(スカパー!)と比べての感想です。

たまにBSとか民放でも放送がありますけど、それもスカパー!も一緒の品質です。ちなみに、これまでのスカパー!は、独占放映権的な要素が強く、民放が放送しにくい(値段が高い?)感じあったみたいですけど、それは安くなってるのか、民放の放送増えてます。いいこと。

話戻します。

僕はJリーグは50インチのプラズマテレビで生で見てるので、その視聴環境での感想です。スマホやPCではない特大画面なので、フルハイビジョンなので、生放送なので、と、この上なく要求のシビアな環境なので、感想もシビアといえます。

DAZN。テレビ放送(生放送)と比較して

・1分くらい遅い。(ある意味生放送ではない)
・紙芝居的に例えると、テレビが1秒4枚としたら、DAZNは3枚とか2枚。結構酷いカクカク。
・くるくるマーク(画面が止まって読み込み中)に、30秒間とか、なる時が希にある。
・かつ、くるくるマークになるとその後どんどん画質が下がっていく。

サーバーの容量が全然足りてないのと、そもそも、放送画質(規格)として、日本のハイレベルな視聴環境を無視した紙芝居の紙数の設定、なんだと思う。PCとか小さいテレビならわからんでしょ?綺麗でしょ、みたいな画質。

ちなみに、AmazonプライムとかAbemaTVとかは、めっちゃ安定してて画質も綺麗なので、ネットテレビ自体が悪いのではないと思う。

DAZNは、月額が1700えん(docomoユーザーなら1000えん弱)と一見安いけど、このレベルのコンテンツなら高過ぎる。現状月額300えんとかのレベル。

ちなみに、DAZN、世界中の様々なサッカーや、モータスポーツ、バスケ、沢山のスポーツ、全員全部込み、でなんぼ、というコースしかない。

こんなカクカク画像の配信サービス、進んで見ないというか、バスケならWOWOWで見るし、F1でも格闘技でも、民放でやってるならそれを見るし、みたいな感じで、DAZN、見ないで済むなら選ばない、て感じです。

願わくば、J1しか見れなくていいから、(個人的には)ヴィッセル神戸しか見れなくていいから300えんにして、て感じ。それならこの品質でも我慢出来る。



現在全力で「くるくる」には対応(=サーバーの増強)してるのか、ちょっとずつ良くなってるきてる気はする。今後もどんどん良くなるんではと思います。

ただ、紙芝居みたいなカクカクは、DAZNが配信のレート自体を変えないとだめなので、ちょっと深刻かも。今後Jリーグだけレートを高くするんでないかな。そんな気がする。
続きを読む
2017/03/18 | 独り言 | コメント:0 | トラックバック:0____
【BS】 おのののか@世界入りにくい居酒屋
世界入りにくい居酒屋


BSプレミアム(NHK)で毎週やってる番組「世界入りにくい居酒屋」

文字通りの内容で、世界中の、街の片隅の入りにくいお店(=超ローカルでじもてぃーだけが通うお店とそのお客さんとメニュー)を紹介する、という番組。丁寧な下調べと臨場感ある取材で、そもそも素晴らしいんだけど、それを更に良くしているのがMC陣。かつその中でもエクセレントなのがおのののかさん。というお話。

何でこんなにいいんだろう。

視聴者同様にリアルタイム(初見)でVTRを見つつ、あらかじめ製作さんが用意した場面場面の紹介文を読みつつ、かつ感想も述べたりする、というMCスタイルなんだけど(ちなみに2MCで、もう一人は単に感想を述べるというスタンス。島崎和歌子さんやいとうあさこさんや大久保加代子さん(=酒飲み中年芸人))。彼女達の説得力臨場感も素晴らしいんだけど、

番組の軸は、おののののかさん。彼女が肝。とっても心地良い。

まず、声が少年のような声というか女の子だけどボーイッシュというか、可愛らしくてしゅっとしてる。滑舌がとてもいい。映像に対する反射が速い。えっととかあーとか余分な言葉がない。コメントの内容が素直で率直。我の強さがないし馬鹿でもない。

彼女のリードのおかげで、番組のバランス、テンポがとても心地よくなる。ふわっとした声で進行しつつ自然に気持ちを声に込めて話す感じが、番組全体を何でもなくさせる。けどダラっともさせない。ほっこりお家感覚だけどゴロゴロとだらけさせない。目配りがちゃんとある。

彼女の素晴らしいところは、場の空気が読めて(大人)かつシンプルな思考(子供)というところ。大人の芦田愛菜みたい?な感じ。

この番組で、僕はすっかりおのののののかファンになった。んでんで、この番組をお休みの日の昼間に見ながらめっちゃお酒飲むのがいマイブーム。
2017/03/12 | お気に入り…こと | コメント:0 | トラックバック:0____
【陶器】 御飯茶碗 by 棚橋淳さん作
瀬戸2


<モノ>
御飯茶碗

<要件>
・150gが程良く収まる大きさ(=ちょっと大きい)
・ご飯を箸ですくうに適した、片手で持つに適した、程良い丸みふくらみ
・ご飯粒離れが良いつるっとした内側
・薄くて軽い
・出来れば、美しい見た目

<探索期間>
10ねんくらい

<値段>
5000えんくらい

瀬戸3

瀬戸1


<感想>
器が黒い、って事は要件になかったけど、だいすきな白御飯がちょー映えて嬉しい。割らないように気をつけよっと。
続きを読む
2017/03/09 | オンリーワン | コメント:0 | トラックバック:0____
| ホーム |