【言葉】 憧れについて by 浅野忠信さん
先日、綾野剛さんがテレビで、

「浅野さんにとって、憧れって、どこに行く事が自分にとっての憧れなのかっていうか…」

と質問されてて、それに対しての浅野忠信さんの返答。




やっぱりその、本当の今の自分、ていうのがいつもどういう状態にあるのかっていうのってさ、わかんないでしょ。 今日100万円稼げたとしてもそんなに必要だったのかなって事があるわけで。 ねえ、1000円くらいで今日、おでんでも食って、へらへらしてる方がよっぽど俺らしいんだったら、そっちをきちんと選択出来る自分でいたいんだよね。俺の、一番求める、憧れられる、ね、存在っていうか。。うん。
 」
続きを読む
2017/01/28 | 心に響いた言葉 | コメント:0 | トラックバック:0____
【邦画アニメ】 君の名は。
君の名は


観に行こう!とは思ってなかったけど、タイミングが合ったので行った。きょう。

素晴らしい映画やと思います。ほんと素晴らしいです。(細かなところを無粋に突っ込んだりしなければ)完璧。新海さんて人しゅごひ。老若男女が全てそのままスッと観られる優等生な感じで、図書館に飾られそうな、文部科学省やPTAが推薦しそうな、創価学会が薦めそうな(知らんけど)、超優良図書?です。多分アジアだけでなく、白人、アフリカ世界でもこのままでOKでは。今後もいろいろ地味に世界を席巻していきそう。

とはいえ、日本のアニメってもう何十年も前から、内容であれ作画であれ、星の数ほどあるいろんな作品がそれぞれとんでもなく高品位ですので、この作品も特別ではなくて、ありふれた、日本の最高レベルの作品の1つって感じ。「時をかける少女(アニメ)」くらいの売れ方だったなら、うんうん、そうだね、て分かるんだけど。動員が凄まじすぎて、何で?てそれは不思議。

これまで日本のクリエイター達がずっと紡いできたアニメへのエネルギーが、2016年に、この作品で、新海さんという素晴らしい人の指揮によって、たまたま奇跡のようにぴたっと結びついて一般化というか、認知されたというか、実ったんでしょうね。

何にしても、観ている途中で、観に来て良かった、と思う位だったし、観終わって4時間経った今も幸せな余韻に浸っているし、嬉しいです。こういう、バランスのいい普通のアニメ作品が、やっとこハヤオさんの独特でいびつなアニメ作品群を動員として凌駕してくれたんだ、て。今後のアニメの未来は明るいというか、これまで、ハヤオさんのあの独特のアニメを標準だと思っていた一般の人達が、あ、そうではないんだ、と、いろんなアニメに注目してくれるのでは??=アニメを見る事が特殊とかオタクとか子供とかいう事ではないという事が認知されていくきっかけになるのでは??という意味で、いちアニメファンとして嬉しいのです。(ちなみに僕はもとはハヤオファンだったので、ハヤオさんに偏見はないです。フラット。彼の作品は、母を訪ねて〜、未来少年〜、アルプスの少女〜、TVいろいろ、彼の漫画すらちらっと見て来たし、映画については多分全部みてる。リアルタイムにいろいろ観て来た中で、途中からだんだん彼の作品に嫌悪感=気持ち悪いな、てなっていった感じ)

この作品でアニメが一般に認められて(売れて)、アニメーターの給料がどんどん高くなれ!!(現在売れない吉本芸人並みにブラックらしいです)

頑張れアニメ!!アニメ万歳!!(←もはや君の名は。関係ない)
続きを読む
2017/01/19 | お気に入り…こと | コメント:0 | トラックバック:0____
【干物】 灰干し
灰干し


魚だいすき。

でも、採れたての新鮮な魚が決していちばん美味しい、て事ではない、て事、ジジイになってよく分かってきた。勿論それが一番美味しい場合もあるけどな。鮨屋みたいに熟成当然な世界もあるしな。勿論家ではそれは出来んけど。

でも、スーパーで買う魚でも、生魚だけでなくて選択肢がある。代表的なのは干物。生のきゅうりと漬け物の違いか。いや、フルーツとドライフルーツの違いかな。

時間を使って乾かす事で、濃縮&熟成という変化を経て違う食べ物になる。

そんな干物の中でも、『灰干し』というのが、おれはとてもお気に入り。生の魚と比べると倍の値段するけど。干物の中でも、特に臭みが少なく旨みが濃い感じがするんだ。どこでも売っているもんでもないけど、うちの近所では『万代』というスーパーで売ってる。

美味しいで。

灰干しとは何か。以下ネットで調べてコピペ。へー。




まず、従来の干物は屋内外の違いはあれど、例外無く風にさらすことによって水分を取り除きます。天日干しでは更に太陽の光と熱も加わります。乾燥中に熱せられ過ぎると、身が煮立ってしまうこともあるのです。ですから、天日干しは1時間程度で、残りの時間は陰干しにしていることが多いと言われています。しかし、風や熱によって乾燥処理を行うと身の表面にある旨みの元とも言える脂が減ってしまうのです。

 その為、灰干しは吸水率の高い灰の結晶で水分を取り除きます。この方法は、魚の食味の大事な要素である脂を最大限に残し、尚且つ、魚の臭みや水っぽさの原因と言われる細胞内の余分な水分『遊離水』まで取り除きます。これにより、灰干しは乾物としての干物とは違い、半分生の新鮮さ、そして干物としての食感と濃厚でありながら自然な魚本来の味を実現します。
2017/01/17 | お気に入り…もの | コメント:0 | トラックバック:0____
| ホーム |