【加熱の仕方】 ウインナー
ウインナー

みんなだいすきウインナー。

タコさんウインナーとか子供ちゃん用の安いのは別として、シャウエッセン!みたいな、割と高い大人のウインナーのお話です。そういうのって、加熱法として

「沸騰しない程度のお湯で3分」

と書いてますよね。

僕からしたら当然それしかないだろという調理法なんですけど、それを必然として理解している人が少ない様な気がするので、なんでその調理法がベストなのかという理由を書く。箇条書きで。

・味を封じ込めてるのがウインナー。口の中で皮がパリッと割れてジューシー、んまんま、みたいなのが醍醐味なので焼くと、皮→割れる、弾力なくなってカサカサなる、苦くなる。味→ジューシーな水分が外に出て蒸発、煮詰まってピーキーな味を演出、と、ウインナーの形と調理の本来の目的を全て無視してるので、当然味も、台無し。

茹でると、

・もともとの塩分の強さが、茹でる事で程良く抜ける。

・茹でて皿に上げると、気化熱で表面の水分抜けてぱりっとなる。余分な水分も抜けるから旨みも増す。

・脂っぽさが程良く抜けてさっぱりする。

・軟骨だったり、食感の悪い雑な部位も、焼くと更に硬くなるが、茹でると柔らかくなり、食べやすくなる。
2016/10/21 | 独り言 | コメント:0 | トラックバック:0____
【歯】 正しい磨き方
クリニカ1


歯の正しい磨き方って知ってます?

100人の内99人が出来てない(やってない)と思うので、書きます。

まず歯磨き粉は、歯の健康とは何も関係ないというかどちらかというと悪い要素しかないので要らない、という事。次に歯ブラシは、毛がコンパクトで柔らかいものがいいです。いい歯ブラシあります。内緒です。とにかくコンパクトで柔らかいもの(あっ!上の画像…ナイショがッ)。人間ガシガシ磨こうとするので、それが一番ダメなので、細くて、コンパクトな柔らか歯ブラシ。

それを、20分くらいかけて、各歯を撫でるように(触るよりちょっと強い程度の力。ふざけてんのか、て位ゆるい力)、こすこすー、こすこすー、てちまちまやります。かつ、そのこすこすの振幅幅は2〜3mmくらい。横に動かす、というより、かすかに揺れてる、て感じ。

1日1回とかでええんでないかな。(←これは唯一俺の個人的意見)

テレビ見ながら、ダラダラこすこすやってたら、全然いけます。

電動歯ブラシは、必要ないんだそう。画一的で高速過ぎるもんね。手仕事に叶う手法はない、て事だと思う。

これでも歯石は多分溜まるから(磨き癖の偏りとかがあるから)、年1とか歯医者で取ってもらえば、更に完璧と思う。
2016/10/17 | 独り言 | コメント:0 | トラックバック:0____
| ホーム |