【時短お総菜】 さば缶のさっぱり南蛮 by NHKきょうの料理
さば缶


だいすきな斉藤辰夫センセーによるレシピ。作る時間が全行程5分!なのに煮物っぽいというスーパー時短お総菜だったので、メモ。お酢とミョウガを使った夏メニュー。ふつうにとても美味しいし、とても栄養バランスがいいと思う。夏のお総菜。

<材料>
・青じそ(=大葉ね)… 1ワ(約10枚)
・みょうが 3コ
・さばの水煮 (缶詰) 1缶(160g)
・厚揚げ (小) 1枚(130g)
・赤とうがらし (ヘタと種を除く) 1本

【A】

・水 カップ1/2
・砂糖 大さじ1(→俺は小さじ2)
・みりん 大さじ1
・しょうゆ 大さじ1
・酢 大さじ1(→俺は大さじ2)


<作り方>


青じそは重ねて丸め、2~3mm幅の細切りにする。みょうがは縦半分に切ってから、斜め半分に切る。厚揚げは6等分に切る。


2
鍋に缶汁ごとさばを入れ、【A】、半分にちぎった赤とうがらしを加えて火にかける。煮立ったら1の厚揚げを加える。オーブン用の紙の中央に穴をあけたもので落としぶたをし、弱めの中火で3分間煮る。

3
2にみょうがを加えてさらに2分間煮る。器に盛り付け、1の青じそをのせる。

2人分出来ます。結構汁が出るので、1人につき茹でて冷水で締めたそうめん1束にこの料理をかけて、汁も絡めて食べたらめちゃくちゃ美味しいんちゃうかな。
2016/07/05 | レシピメモ | コメント:0 | トラックバック:0____
【無添加・無化調系ラーメン】 百々福 @ 灘区
百々福


神戸市灘区、ホームセンターコーナンから西に100メートル程のラーメン屋さんです。

こちらのテナント、中途半端なお店がいくつか入っては退出、だったんですけど、ちょっと良いラーメン屋さんが移転してきたらしいとのことで、今日行ってきました。

美味しいです。値段も安いと思います。

ケミカルなものを使わずにラーメン作ろうと思うと、昆布なら昆布、鶏がらなら鶏がら、量がいります。自然なもの程、うすい味しか出なかったりしますし。僕は自分でいろんな出汁というかスープというか作って来たのでそれがよく分かります。こだわって良い材料使うと、とても手間とお金がかかります。

そうして苦労して作ったスープが、一般的には、何これ?物足りない、て思われる事ってあるある(ラーメンって、味濃いのが当たり前にになってるから)。そんな中で素材重視で良質なラーメンてのは、商業的にもコンセプト的にもいちばん難しいジャンル。

にあって、こちらのお店はとても頑張っていらっしゃる、こういうラーメンは800円とか900円とかが普通なんですけど、醤油らーめん700円です。めちゃ良心的です。

その醤油ラーメンについての説明ですが、スープは、飲み干せる程素朴な美味しさです。煮干し?などの魚介節と鶏がらベースに、節粉を沢山加えた醤油ラーメンです。節粉って、僕はその味しかせんくなる!て感じで苦手でして、実際んーって、なりました。他には、麺自体が塩辛いって事と、チャーシューが、赤身も硬く脂身もゴムみたいで美味しくなかったです。それ以外は、刻み葱と白髪葱のミックスも食感楽しく、とても上等で上品で、たいそう美味しかったです。

スープについて、「あっさり」or 「節粉多め脂多め」、あと、麺について「全粒粉」 or 「卵縮れ麺」という二択が求められます。

僕は、店長さんのおすすめでお願いします、と頼んだんですが、それは「あっさり」+「全粒粉」でした。それがベストなんだと思います。節粉多めにしなくてよかった。それでなくとも主張強いのに。あと、麺柔らかめ、て頼んだ方が良い気がします(太いのに硬めなので食べにくかった&味染みが良くなかったから)。

他に餃子だったり唐揚げ、担々麺(おいしい)とか辛いラーメンとか、いろいろあります。

灘区のヒキュウさんとか、西宮の徹信さんとかと同じ系統のらーめん屋さんです(とはいえ、メニューの写真や字が汚なくて素人だったり、お店がDIYな感じだったりと、ラーメン自体以外の部分ではうーん…という点はあります。)が、それら程の認知はなされてないのでは?と思ったので、応援の為にエントリーを書きました。

行ってみて。くら寿司かコーナンに車止めてさ。(←怒られるで。ちなみに駐車場はお店が近所のタイムズを用意されてます。)
2016/07/01 | おいしい…飲食店 | コメント:0 | トラックバック:0____
| ホーム |