【洋画】 Pawn Shop Chronicles
Pawn Shop Chronicles


Pawn Shop Chronicles。

ポーン(チェスの歩兵)ショップ(店)クロニクル(年紀。新聞)ス(集)。「質屋ストーリーズ」みたいな感じかな雰囲気的には。てか「ポーンショップクロニクルス」でいいやん邦題も。ちなみに邦題は「スティーラーズ」。映画のバカっぽさやニュアンスが全然出てない。「盗むやつら」て。そうなった理由は分かるけど。あ!映画全編に通ずる共通項見つけた!みたいな感じなんやと思うけど。

さて。この映画、初めてのタイプというか感じです。初めての感じはそれだけでポイント高いです。

絵もいいし、テンポもいい。互いに、期せずちょいと関連する、3つのオムニバスからなる映画(パルプフィクションのパターン)なんだけど、

1つ目

がとにかく最高で、笑いまくった。知性や美的感覚に計算が感じられるタランティーノのバカバイオレンスモチーフを、本当のバカ全開で表現してみた、みたいな感じ。突き抜けてて最高。これ系の典型的なバカ描写で、これ以上の突き抜けたのってあるんだろうか。ここだけはHDDに保存すべきか、映画の一部だけ保存って中途半端だから消去すべきか、いま悩んでる。

2つ目

は、よくあるモチーフを、シリアスに、バイオレンスも程々に、特に驚くところなく表現した真面目?なストーリーで、大した特筆点もなく、あれれ?と。この映画は、笑いと痛快さと映像のダサクールさが売り!ではないんか?な?戸惑う。また、ここで出てくる「被害者女子多数」が、矛盾マックスで寒い。虐げられ、家畜の様に糞尿臭い彼女達(しかし肌きれい、髪型崩れてない、メイクしてる)、んな訳あるかッ!て。

3つ目

は、変さや滑稽さでは持ち直すものの、妙に吹っ切れてない中途半端な感じがあり、前2編との、登場人物的接続や展開が、最終編なので、いろいろあって。んー。面白くなくは、ないけど。。


でも、全体として、こんな映画は見たことないとないう空気感あったし、映像の美しいバカっぽさにはセンスがあったし、ちょっと天才?(監督さんか脚本家さんか知らんけど)と思った。

キャストが、ワイルドスピードの、亡くなった人?とか、ホビット族とか、名前知らんけど超メジャーな人が、いろいろ出てて、かつ全員超残念で無駄な役どころに配されていて、凄いな監督さん(脚本家さん?)、セレブな人で、そういう友達が多いとかなのかな?て感心した。逆にいうと、無名俳優さんでいい映画。でもそうなら、単なるB級で、俺の目には届かなかったんだろうな…という。。

ともあれ見て損はないです。特に最初の1本目が最高です。僕のアメリカの田舎に対するイメージです。


p.s.

舞台のロビーというか、中心的役割を果たす質屋さんの店主と、ずっと店に座ってる同僚?連れ?の黒人との会話が秀逸。そこだけで映画1本出来る。1本目の次に秀逸だったのがそこ。
2015/01/18 | お気に入り…もの | コメント:2 | トラックバック:0____
【洋画】 アメリカン・ハッスル
american hustle


へんてこな写真をチョイスしてしまいました。キャストが豪勢だからか、アカデミーにノミネートされたからか、セレブで胡散臭い、豪華な恰好したメインキャストの大写し写真、みたいな宣材写真みたいのばっかしで、それ映画の内容とは全然違うので、消去法で選んでたらこれになっちゃった。でもコメディ映画でないよ。真面目な映画。

この映画を作った人達が、いったいどういう印象を、見るものに望んだのかは僕は勿論しらないけれど、見て、何だかほっこりしちゃった。

映画の感じとしては、昔実際にあった出来事をアレンジしたものです、と。で、その内容としては、カジノを建設する事になったアメリカの街で起こる汚職(不正なお金の動き)を、人間模様を中心軸に、詐欺師、マフィア、政治家、FBIとその周囲の人々の思惑と共に描く人間劇、て感じで、となると当然、華やかな世界と陰、みたいな事になりがちで、キャストも華やかだし、当然そんな風な部分もあるんですけど、何か、この手の映画で、今まで感じた事がない、感触。

何か、みんないい人やな。人間って素敵やな。(ほっこり)

みたいな後味。なにこれ?

分析するに、血が流れないというか、残酷な出来事がないこと。と、出て来る人がみんな、自分の関係する人を憎むんでなくて、愛してる感じな事。傷つく人がいれば、新たな人が現れ慰めて、手をさしのべるとか。

テーマというかジャンルがジャンルだけに、

変な映画やなこれ!と思います。でもす木。

2つ、気に入らなかったこと。1つは、主人公のバッドマンの人、ハゲでデブな役どころなんですけど、違和感が酷いです。ハロウィーンのコスプレか!て感じです。あと1つは、出てくる女が全員ヒステリーでギャアギャア五月蠅すぎる事です。1人を除いて、全員、単なる女房とかなのに、ガンガン出て来てギャアギャア騒ぎます。要らない。

何か、金とか人間の欲望とか系が苦手な、草食女子?カピバラ女子?←とかでも、ほっこり?楽しめる映画だと思います。もらとりあむタマ子す木でも楽しめるハリウッドです。

p.s.

日本人としての語彙の感覚では、American Hustle?ハッスル?変なの。と思いましたけど、hustleって言葉、俗語的に「不正な金儲け」「詐欺」という意味があるんですね。ナルホド。
2015/01/02 | お気に入り…こと | コメント:0 | トラックバック:0____
| ホーム |