【アニメ】 キルラキル
キルラキル


世の、季節毎の連続アニメ、大体のは、何かと似たり寄ったりだったりするし、そうでないものでも、1クール(30分12話)飽きずに内容を見させるものってとても少ないんですが、この、キルラキル、は、めっちゃ凄い良い作品。

昔の「粒子の粗いアニメ」のワイルドなテイストを再現というか、セル画、って感じにする為というか、エンディング除いて基本全編、画面全体にぼかしを入れてて雰囲気あります。また、昔のアニメのオマージュがいろんなところに加わってて(キューティーハニー的だったりおそ松くん的だったりなど色々と)、かつ内容のオリジナリティ異常に高いし、マンネリなくどんどん次へと展開していくストーリーのレベルも凄いし、描写について、そのスピード感や爽快感もはんぱないし、ずっとアツいハイテンションと興奮だとかもあがるし、アツいのにギャグテイストも満載で、めっちゃ笑えるとか、どんどんみんな、ほぼ全裸みたくなっていくのに(悪い意味での)エロさが全然なくてやばいとか、とにかく素晴らしい。多角的に素晴らしい。

僕の中では「まどかマギカ」以降では久々の、最高ランクなアニメという評価です。(ジョジョとかはオリジナルアニメでないからね。そういうのは除く)

このタイミングでエントリーにしたのは、次で最終回だから。(2クールなので全24話)

素晴らしいストーリーの作品ほど、内容が完璧で続編無理、てなるけど(まどかマギカも基本そうですね。奇跡的な続編映画でしたけど)、本作品も難しそう。あと1回かと思うと悲しい。

Blu-rayを買うしか見る方法はありません。買ってみてください。
ネットの海外動画サイトなどで違法に見てはダメです。ダメだぞ。ダメなんだぞ?

→ キルラキル公式サイト
続きを読む
2014/03/22 | お気に入り…こと | コメント:0 | トラックバック:0____
【映画】 ダラス・バイヤーズクラブ
ダラスバイヤーズクラブ


こないだ、程なく期限切れになってしまう映画のタダ券、があったので観てきました。

映画館が限定だったので、無理矢理選んで観てきた、という感じ、興味はあるにせよ、特別見に行ってまで…という。逆に、そんな映画を鑑賞するのは久々です。

でも、人との出会いなんか含め、凄い出会いとかって、たまたま、いつもとは違う行動を取った時とかの方が、案外多かったりするような気がします。

この映画もそうでした。

今年のアカデミー賞の主演男優賞?と、助演男優賞?的なのを取ってる映画、てのは一般常識的に知ってましたけど、内容については全然知りませんでした。あまり興味なくて。

その、全く知らない、てのが完全に功を奏したような感じ。

下品で乱暴なのが売り(タランティーノみたいな)とか、或いはアメリカの片田舎?低所得者層?の人生模様とかの映画かな、て思ってたんですけど、確かに、導入はそのようなムードなんですけど、その後の展開が斜め上というか、でもとても破綻なく良く出来ていて、凄かったです。

今年に入って観た映画(少なくとも100本以上は観てると思う)の中で、一番インパクトありました。

カメラも本も、全部いろいろ良かったけど、やっぱ主演の人と助演の人が、圧倒的に凄かった。

日本の俳優さんと(渡辺謙さん含め)、世界の俳優さん。意外と、まだ随分差があるのかもしれないなーと初めて知ったというか思いました。役者さんが本気で命を削ってるというか。ほんとうに本人になっているというか。気概でなくて、結果として本人という感じが凄いというか。渡辺謙さんて、どの作品も普通に単に渡辺謙さんですもんね。言葉悪いけど。そういうのとは全然違う。高倉健さんとも同じ意味で全然違う。

映画ていうのは、ラーメン屋さんの感想などと同じで、人の好みやその時の気分や環境などによって、まったく印象が変わるもので、万人に通用するレビューってなくて、意味ないですが、この映画については、誰がどのタイミングで観ても、それぞれにとって、意味があったり楽しめたりする映画だと思います。制作に関わったいろんな人のエネルギーが高次元で結実した、かつ、ユニークなタイプの映画と思います。

機会があったら観たらいいと思います。多分、どんな映画とも被らないので、少なくとも「これなら〜のが良かった」みたいにはならないと思います。
2014/03/19 | お気に入り…こと | コメント:0 | トラックバック:0____
【トルコライス】 神戸トルコライス
神戸トルコライス


トルコライス屋さん。

凄い美味しかったです。要は品のいいお味の洋食お子様ランチをワンディッシュ、です。

値段は800円です。スープも何もつかない完全ワンディッシュなのでリーズナブルではないです。でも洋食屋さんって何でか高いのがデフォなので、まあ普通、ともいえます。

きゅうりの糠漬けも美味しいし、小ぶりな豚カツも美味しい。豚カツの衣も薄く、油もいい状態の油使って揚げていて、脂身なしの豚を選べる、つまり全く胃にもたれない豚カツが食べられる。デミとタルタル、というありそうでない組み合わせも子供っぽくて楽しいです。黄色い御飯もそれなりに美味しいです。

女子ならお腹いっぱいかな程度の量なので、普通の男性は大盛り(+50円)でいいかも。デラックス(+150円)てのか、全部盛りみたいやつがそうなのかは分かりませんが、誰かが頼んでたのは大食い選手権みたいなすごい盛りになってました。1000円とか1200円とか出すと、そういうのも食べれるようです。

豚カツ、海老フライと2種類しかないので、そうそうしょっちゅうはいかないでしょうけど、良いお店でした。とても流行ってたよ。
2014/03/18 | おいしい…飲食店 | コメント:0 | トラックバック:0____
【ラーメン】 玉五郎 / 煮干ラーメン 神戸元町
たまごろう


沢山のチェーンを関西に抱えるお店。煮干しで取った、出汁が売り。元町の路地にあります。

つけ麺をやってるお店共通の、節粉の濃い味→煮干(粉ではない)、でやってますきすきすーという感じ。680円だったと思いますが、モノに対して100円高い感じです。立地かな。

店員さんはとても丁寧。でもラーメンの中に2cm四方の厚紙(生麺を仕切る為の紙かな?)が混入してました。別に大丈夫ですけど、あまり良いことではないっす。

チャーシューが薄味でホロッとした食感で美味しかったです。メンマも臭みが少なくて良かった。麺はちょっと太くてつるんとした、スープを吸わないタイプ。でも縮れているのでスープの持ち上げは良いです。良くある麺です。スープはコラーゲンちっくというか、表面に透明のオブラート状の膜が出来る、どろっとした粘度のスープ。煮干しと…豚骨だっけかな、とにかく魚介&動物出汁の濃い味。

全体的に普通な感じです。また行く事はないょ。
2014/03/17 | 微妙なお味( ´Θ`) | コメント:0 | トラックバック:0____
【CM】 PEPSI NEX × Momotaro
pepsi nex momotaro


めっちゃくちゃ格好良くないですかこのCM?びっくりした。

小栗旬さんが素晴らしい俳優さんなのは知ってますけど「格好いい」て思ったのは初めてです。連れてく家来3匹もヤバイ。音楽もヤバイ。(特に詳しく知りたくなったとかではないので調べませんけど)

鬼も超かっけー。んですけども、この「内部が燃えてる、土で出来たようなデカい生き物」って、昔からめっちゃいろんな映画にやたら出てくるんですけど、このタイプしか作れないけど、このタイプなら簡単に作れる安価なソフトとかなんかがあるんですかね。またこれ?て感じで、上がるような白けるような気分になります。

あと、きび団子の描写が是非欲しいところです。強烈ドラッグの球、みたいな。Kibi-Ball。摂取した途端、目や口、体中の穴から激烈プラズマ放出で、100メートル四方ぺんぺん草も生えない位のダメージを与えるエナジーボール。でも摂取した本人スーパーサイヤ人化、みたいな。“吉備”て毛筆体で墨が入ってる、アルミで構成されたアルマジロみたいな複雑な構造のボールが格好いいと思います。それを藁で編んだ袋から出すと。ももたろが。ここぞてときに。

おわり

momotaro

同じ古典・ザ・リ解釈でも、ヒライケンの「大きな古時計」とは大違いだ。

→ MOMOTARO PEPSI
2014/03/16 | お気に入り…こと | コメント:0 | トラックバック:0____
【焼きそば】 中国料理 Kirin 麒麟 キリン
香港焼きそば


東灘で昔から有名で、決してアクセスの良くない、地味な住宅街に唐突にあるお店なのに、異常な行列が出来るお店。やっとこ行ってきました。

12時から営業なんですが、オープン10分前から行列が10人以上出来、オープンから1分で20席位?は満席。まだ誰も何も頼んでない状態でウェイティング4組、みたいな状態。こんな店久々。すげぇ。

香港焼きそばが有名で、3人に2人はそれを頼んでます。大将、どうすんのこれ?いっきに焼きそば15人前オーダー入ってる状態だけど??て思ってたら、10分もせずに一気に10人前が出て来ました。中華鍋がちょっとジュージュー言ってただけなのに、1回で10人前。どういうからくりなんでしょうか。

そして、雑なおばさんがお皿から外に垂れ下がったそばも直さずささっと右から順にカウンターに置いていきます。牧草を配られてる牛みたい気分。(とても楽しい)

量多いです。湯気がほとんど立ってない。食べると、実際そばめちゃめちゃぬるい(もしかしてそばは焼いてなくてサラダ油に絡めてあるだけとか?あるいは大量調理で忙しすぎてちゃんと火を通してられないとかかな?)。具が割と少なく、麺がやたら多いです。味は普通に美味しいと思える、B級な、本格屋台で出てくるような、素朴な香港焼きそばというか和えそばというか。かなり細くてパサパサ乾いた麺にあっさり塩とサラダ油と最低限の旨み成分。あと醤油?ともあれ、乾いてるのでしばらく食べてると喉が詰まり顎が疲れてきます。もさもさもさはむはむはむ(×20)…僕はほんとに牛なのかも。。。そして食感の変化もないので(そばばっかだから)、だんだん飽きてきて、終盤は平らげる為の単純労働みたいな気分。スープや漬け物など何もつかないので逃げ場なし。セルフサービスの茶は4杯飲んだ。

最初、630円でこの量なら安いんじゃん?思いましたけど、よーく考えたら、麺の比率高いし、副菜つかないし、具も、ニラとかもやしとか葱とかちょっとの豚とか、安いものだけ最小限て感じだし、と、細かく考えると決してこれ安くはねえな、と。。

そんななので、

味:悪くないけど凄くもない。普通の美味しさ。そばが多い。ぬるい。ドラい。
値段:普通。でもよーーーく考えてみるとジワジワと…高いょ(=すごい儲かってる思う)。
サービス:全編ほぼお店の都合=褒められるとこなし(あれだけお客さん押し寄せっぱなしだと当然かもですけど)。

と、もしすいてるお店だったとしても、特別また来たいとは思わない感じでしたので、長い行列に並んでわざわざ…ないっす。

これだけ流行っているのは、東灘区では香港焼きそばが食べられるお店がここしかない、とか、例えば神戸の香港やきそばのパイオニア、みたいな権威があったりとかでしょうか。親子連れとか常連さんがとても多かったので、地域に認められているお店なのは間違いなさそうでしたし。勿論、中国料理としての単品メニュー(夜のメニュー)を食べた訳ではないので、決してお店の本領までは全く分かってません。単に「ランチにおいての香港焼きそばについてだけ」の話です。

この和えそば?なら、うちの近所の雅苑酒家(広東料理)の香港風焼きそば(800円)の方が、具も豊富だし、アツアツだし、1つずつ丁寧に作られているし、パサパサという事はない程良い食感と粘度の麺で飽きないし、あらゆる点で僕にとっては美味しいし豊かだと思いますので、僕はそっち食べとく−。
2014/03/14 | 微妙なお味( ´Θ`) | コメント:0 | トラックバック:0____
【神戸イチ分かりやすい解説?】 STAP細胞とかいろいろいったい何なの
みなさんこんにちは。コピペやリンクで楽をしようとせず、極力自分の言葉のテキスト入力で綴る誠実なブログ、ジロブログです。

STAP細胞。もっぱら問題の渦中ですが、僕は浅田真央ちゃんにもエセベートーベンにもその他のニュースにも目もくれず、ずっとこのSTAPが気になって気になってずっと追っかけてきました。分からんなりにもすげぇな、と思ったし、でも分からんのでもっと知りたいと思ったし、またたまたま神戸市中央区民として、そしてジョギングでたまに理研の前を走る身としては、人ごととは思えないという事もありますしつって。

勿論、オボカタも割烹着も気になりましたが、そもそも何なのSTAPて、と、テレビはもうまともな内容を報じる事が出来ないのかしないのか分からないですけど全然なので早々に諦めて、もっぱらネットで一所懸命調べたりしてたんですけど、やはり分からん。それでも頑張ってたら、今日やっとちょっと分かったので書きます。

ネット掲示板で匿名の誰かさんが書いてた事とか、ブログだったりとかで勉強した事をインスパイアとして、書きます。コピペちやいます。けど言ってる内容はまるパクリですエヘ。

ではいざ。微妙に間違ってたら教えてください。


<STAP細胞って?>

STAPって、英文章の単語の頭文字を略したものなんですが、日本語にすると「刺激惹起性多能性獲得細胞」。平たく書くと「刺激を与えられた事で、様々な機能性(要は身体を構成するあらゆる種類の細胞になれる能力)を得た細胞」


<何が凄いとされてたのか?>

細胞ってのは、もともと1個の卵子が分裂して、最終的に人間を構成する60〜100兆個(機能的には250種類程度)の細胞になる訳ですが、一旦分裂して何らかの機能を得た細胞はもう元には戻れない(例えば耳になっていく事になった細胞はもう他のものにはなれない)。とはいえ、それを元に戻すというかリセットする方法論が全くない訳ではなくて、例えば山中教授のiPS細胞は、ウイルスを使って体細胞に遺伝子を組み込み、体細胞のシステムを再起動(リセット)させるというやり方で、似たような事を実現します。ただ、非常に方法も難しいし、成功する率(再現性)も低い。

今回のSTAPが凄いとされたのは、iPSのように外部から何か加えたり用意する事なく、細胞自身のみの力で、しかも単純な方法(オレンジジュース程度の酸に浸す、とか、狭いところをくぐらせる、とか、口で馬鹿野郎と罵倒するwwとか)で、再起動出来るという点。しかも高い再現率(30%。iPSは1%未満)で成功すると。


<今何が問題になってるのか その1 〜不適切な画像・文章の流用〜>

まず初めに、ネイチャー(有名なアメリカの科学雑誌。投稿に対する掲載率が8%だったり、掲載基準が厳しいので、載るとある程度の説得力、権威づけになる。んだって)にて公表したSTAPの論文に、画像の捏造、他団体の作った文章のコピペ&盗用(剽窃)がある事が明らかになりました。次に、現代では普通使わないような古い実験器具や薬品名が載っていたりして、みんな??となりました。その後、オボカタさんが早稲田大学時代に作成した「博士論文」で使われていた画像(要はSTAPとは全然関係ない昔の懐かし研究の画像)が、今回のSTAPの論文で使用されていて、みんな、うわっ、てなりました。また、早稲田で博士号をもらうためのその博士論文の、冒頭、background(=この論文を書くに当たって、的な部分)の、とっかかり20ページ以上が外国の論文のほぼ丸パクリな事もついでにが発覚して、みんな、あかん…これはあかんやつやでぇ。。てなりました。問題になる位ですから当然引用元の明記などしてないそうで、こういう事は、外国の大学だったら、論文でなく、授業のレポートレベルでも退学モノだそうで、つまり相当深刻な倫理感欠如というか、やってはダメな事だそうです。そしてその後も、他人の画像を使った事実がほかにもちょこちょこと発覚し出してるみたいです。うーん厳しい。


<今何が問題になってるのか その2 〜TCRの再構成の問題〜>

TCRというのは、日本語でいうと、T細胞受容体といいます。幹細胞(=要はSTAP細胞というか、何にでもなれる元の細胞)は、専門的な細胞(例えばさっき言った、耳になっていく細胞)に分化するんですが、その専門的な細胞=T細胞、です。トランプで例えると、幹細胞=順番に綺麗に並んだトランプ、で、T細胞=シャッフルしたり、一部のカードを捨てたりしたトランプ、という事だそうです。このシャッフルの履歴?は消すことが出来なくて、出来上がったSTAP細胞にこの履歴が残っていればTCRが再構成された、つまり、分化した細胞がまた元に戻った証拠、と言えるみたいです。つまり、最初から分化してない細胞が単にそこにいただけ、なんかではないよ!という。

で理研は当初、TCRは再構成された、つまり、元に戻ったという証拠ありまっせー、と言ってたんですけど、みんなからの「作れないよー」の声に対して発表した手順の文書では、さらっと「TCRは再構成されてない」って書いてたそうです。なので分かる人は皆、えっ!?て。元に戻ったという証拠はないです(ぼそり)って、にゃにをーーーーぃ!!て感じなんだそうです。実は嘘ですテヘいうとるようなもんやないかーぃ!るねっさーーんす(なつい)!と。


<結論>

オボカタどうのより、僕的には、博士になる論文をOKした早稲田の人たち。理研という組織の様々なレベルでの不備また不備。チームオボカタを構成する14人のスタッフの不備。問題は根深いんでないのコレ?て思います。

でも、数多出て来た滅茶苦茶なデータの現状をもってしても、全てが否定されるものではない(かもしれない)と思いたいです。どっかチビッとはホント、みたいな。だからもう少し静観したい。明日理研の会見だっけか。アウトでしたスマソ、的な会見しそうだけど。。。


どうでしょう?分かりやすかったでしょうか?文系の割にはかなり頑張ったと思います。不備あれば訂正します。
続きを読む
2014/03/13 | from Yahoo!トピックス | コメント:0 | トラックバック:0____
【チーズ】 明治北海道十勝スマートチーズ かおり濃厚パルメザンブレンド
明治北海道十勝スマートチーズ


明治北海道十勝スマートチーズ。

僕はこれ好きで、常備してます。味も食感も(プロセスチーズ2+パルメジャーノ・レッジャーノ1)÷3、て感じで、このチーズ美味しいのに値段安いなあ…。といつも感心しながら食べてます。

最近、これの期間限定高級版が出た!と思ってたら、モデルチェンジみたい。量(枚数)を減らしてちょっと高級にして、結果的に利益率上げる、みたいな(いやらしい言い方すんな)感じ。消費税アップ分対策でしょうか?

味と食感と値段、トータルのパフォーマンスという点では、前のが良かったと思います。


<青>

正統進化というか基本前のと一緒で、気持ーーーーち味が濃くなって、量減った、というのが左の、青い、チェダーブレンド。

<緑>

食感はもったりぬめーと悪くなって、味も鈍くだらーんとした立ち上がりだけれど、次に来る旨みと香りはこれ相当高級で、お上品で美味いのが右の、緑の、パルメザンブレンド。

僕は緑のがかなり好みだったみたいで、「(最初)うーん。。(2秒後)うわ!めっちゃ美味い!」てなったので、これからは緑を買おうかな。

2つあっても被らず捗ると思います。上手に作ったなっ。meijiの人っ!

→ 明治北海道十勝スマートチーズ オリジナルサイト
2014/03/11 | おいしい…食品 | コメント:0 | トラックバック:0____
【フライパンでヘルシー揚げ物】 鶏胸肉のぷちチキンカツレツ by きょうの料理NHK
(2人分)

・鶏むね肉 1枚
・黒こしょう (粗びき) 少々
・パン粉 50g
----------
【A】
・にんにく (みじん切り) 1/4かけ分
・粉チーズ 大さじ1強
----------
・小麦粉 適量
・溶き卵 1コ分
・オリーブ油 大さじ4
・バター 大さじ1/2(6g)
----------
【B】
・にんにく (薄切り) 2枚
・オリーブ油 小さじ2
----------
・砂糖 適量
・塩 適量

エネルギー:360kcal
 *エネルギーは1人分

調理時間25分
作り方
《鶏肉をたたいてのばす》
1.
鶏肉は皮を取り除き、斜めにねかせるように包丁を入れ、1cm幅(約4切れ)に切る(そぎ切り)。片面に砂糖ごく少々、塩一つまみ、黒こしょうを順にふる(砂糖を先にふると、うまみが増し、肉に味がなじみやすくなる)。
2.
ラップの上に1の鶏肉を1枚のせ、上からもラップをかける。鍋の底などでたたき、厚みが半分になるまでのばす(鍋底の縁の部分でたたくと肉がのびやすい)。残りも同様にする。
《衣をつける》
3.
ボウルにパン粉を入れ、手でくずして細かくし、【A】と塩二つまみを加えて混ぜ合わせる。2の鶏肉に、小麦粉、溶き卵、混ぜ合わせたパン粉の順に衣をつける。
《揚げ焼きにする》
4.
フライパンにオリーブ油と3を入れて弱火(一番のとろ火でなく、その次くらいの火量)にかける。衣がはがれるので、あまりいじらないようにする(フライパンの大きさによっては、2回に分けて焼くとよい)。
5.
6分前後、焼いてきつね色になったらバターを加える。バターが溶け始めたら、返して2分間ほど焼く。
6.
両面に焼き色がついたら中火にし10秒。揚げ物トレー(冒頭の画像のトレー)にあげる。最後に塩少々をふる。


■■

これ、めっちゃ美味しいです!

胸肉なのでヘルシーだし安いし。鶏肉1枚120円として、卵1個20円として、その他の材料50円として190円。5枚作れるので1枚40円。。一口ひれかつってありますよね。1個の大きさがあれの2個分くらいです。で40円。あると思います(エロ詩吟)。

チキンカツレツ
※画像や盛りつけ、雑。すんません。。

塩を多く振って食べるも良し、僕の今回みたいにバルサミコソースかけるもよし、お家にあるあらゆるタイプのドレッシングでもよし、ウスターソースでもよし。万能です。ケチャップ、マスタード、何でもござれです。

レシピの中で、粉チーズ、の部分が結構肝だと思いますので、そこがパルメジャーノレジャーノの粉末とかだと一気に高級なお味になると思います。

ちなみに、作った経験を元に、手順や時間は元のNHKのものとは微妙に変わっています。
2014/03/08 | レシピメモ | コメント:0 | トラックバック:0____
【カレー】 ラーマ / 西宮
ラーマ


皆様こんにちは。カレーブログのジロブログです。


食べログでとても評価が高いのと、はやっているみたいなのでずっと気になってたラーマさん。行ってきたぞぅ。

食べログの感じからすると「厳格で寡黙な感じのマスターが一人で黙々と、ひとつずつ時間をかけて仕上げる、濃厚で複雑なスパイシーカレー」みたいな印象。

で実際、お店に入ってみると、その雰囲気は、奥さん?弟子?みたいな可愛らしい人が愛想良く給仕してらっしゃって(あれ?男一匹ちゃうやん!ほんわかムード!)、そしてマスターも真面目そうですが厳格などではなく感じ柔らかく、あと客筋も大変上品で、何やらあったかい感じの素敵なカフェ、みたいな風情。先入観と全然違うので逆にとまどった。

ともあれ、とてもいいことです。オープンキッチンもピカピカで清潔そのもの。こういうお店で悪いものは出てこないょ。

メニューは、
・野菜チキンカレー…900円
・野菜キーマカレー…900円
・ランチのカレー(野菜を全て省いて、肉などの具が1品はいったもの?ぽい)…700円
以上。

野菜チキンカレー(写真)を頼みました。

野菜カレーはお時間頂きます的エクスキューズがメニューにあります。煮込むのに余分に5分くらいかかるのかな?なにせ頼んでから15分くらいは待ちました。かなりお待たせな感じです。お店が混む原因は、お客さんが絶えないからとか以前に多分このせい。商品提供時に「ごゆっくりどうぞ」とお店の方おっしゃいましたし、スロウな、そういう(良い意味)お店なんですね。カギ括弧型カウンター、4+8の12席くらい?のみと席数も多くないですので、当然回転はとても悪そうです。

果たしてカレーは、とても美味しいです。

美味しいんですけど、クラシック(オールドタイプ)な、独自性というか、特徴的な点として上げられる事がないというか、そういう要素は求めていないというのか、良くも悪くも真面目一辺倒のスパイシーカレーという感じで、故にある意味とても印象が薄いです。食べて、あっ!…うん。としかいえないというか。シーンとしたカレー。静のカレー。スパイスの数の多さは分かりませんが、量は多いので、カレーらしいエスニックな強い香りと、それなりに鋭い辛さがあります。ルーは油脂系ではなく、野菜の粒子で粘度が出ている感じのカレーです。野菜メインで煮込んだルーに沢山のスパイス。要はアジアンテイストに近いカレーです。それをごく普通の固めの白御飯で頂きます。

野菜=角切り大根、小松菜(ほうれん草?)、角切りさつまいも、ぶっころり、マッシュルーム…あと何かあったかな、、が、ゴロゴロと入ってます。チキン=手羽元×2で、特にタンドリーとか衣などの加工はされてないです。

画像右上、良くある、人参と…なんかの漬け物。あまくも酸っぱくもなく、固く、カレーにも合わないし箸休めにもならず、浮いてます。

具が多いとはいえ、900円とお高く、サラダもつかず、味はアジア系カレー。

となると、普通に本場の例えばインド料理屋さんに行って、いろいろ出てくるセットメニュー(1000円)を食べた方が、全然多彩だしお得だし楽しいかな、てなってしまいます。

僕的にはそんな感じで、再訪はないですけど、コスパの悪さ以外は、文句のつけどころが(1点除いて)ない、とてもよいお店でしたので、例えばご近所にお勤めだったりお住まいだったりで、かつランチのサイフについて結構余裕のある人、にはお勧めと思います。


1点の、文句のつけどころ。

カレー皿が、さも当たり前の様に平たいんですが、何でなんでしょう。この形のお皿だと、最後に残った一塊の御飯とルーを、スプーン1本ですくい上げる事が非常に困難なんです(用意されたカトラリーはスプーン1本それのみ)。食べ終える直前までは、取り上げない部分の御飯と具が砦となって、何も問題なくすくえてた訳ですが、最後、すくい上げる為のきっかけとして具を抑えてくれる場所がなくなるんです。お皿の端が土手状というか、鋭角に近い角度というか、になってればすくえるんですが、この形だと、それをしようとするとお皿の外にコースアウト、ご臨終、となるのみ。結果、ずーっとスプーンで一握りの具と御飯を追い回す、「スプーンによる、具、持久走(10周勝負)、みたいな罰ゲーム状態に陥ります。お皿を垂直に立てるのも勿論下品ですし、隣のお客さんに「すいません、この残った具を、スプーンをスイングしてとき放ち、お皿の端からスキージャンプみたいにテイクオフさせてもらえませんか?僕、口で受けますから」なんて頼むのも困難ですし、成功させるのはさらに困難です。

この件は、何もこちらのお店だけの話ではありませんが、ともあれこちらのお店はそうなので、アウトです。当たり前、一般的になってること=OKなこと、では絶対ないんです。お店や、みなさんは、こんな僕の反応を不思議がるかもしれませんが、僕は逆にみなさんやお店がこういう事に無頓着?な事がいつもとても不思議です。
2014/03/07 | 微妙なお味( ´Θ`) | コメント:2 | トラックバック:0____
| ホーム |