【体重/体脂肪管理アプリ】 RecStyle / Android
RecStyle.jpg


無料のアプリで、かゆいところに手が届く、かつそぎ落とされてシンプルで、広告表示などもなく、デザインが優れているものって、滅多にないですよね。そのジャンルで1つ見つけられたらめっけもんという感じ。

僕はAndroidユーザーなんですけど、例えばTwitterクライアントの「twicca」とかそんな感じ。今回は体重&体脂肪等管理ソフトですが、いいの見つけました。

RecStyle。

体重計とのデーター通信などの機能はなく普通に手入力のタイプですけど、デザインと機能性、UIがいいです。

リクルートが作ってますし、サイトまでありますし、今後何らかの商売ベースになるのか何だか不気味ですけど、とりあえずいい無料ソフト見つけたって感じです。

RecStyleサイト

ちなみにiPhone版はありませんー(ᵕᴗᵕ )
だんだん時代はiOSじゃないところに変わっていくんだろなー、それがAndroidに、とかでは別にないと思うけど。
2013/01/29 | お気に入り…こと | コメント:0 | トラックバック:0____
【レシピメモ】 粕汁(かすじる)
粕汁

前にも粕汁を作ったんですけど、参照したレシピが多分分量の表記間違いで、結果めちゃくちゃな味になりそうでした。ごはん.comか何かいうサイトだったと思います。いっけん、お洒落そうなサイトなんですけど、結構レシピがでたらめなので要注意です。途中でおかしいと思って様々な修正をして、なんとかしましたけど、結構トラウマになったまただったので、リベンジです。一度作ったのである程度想像がつきますしその経験値は絶大。普通に大成功でした。レシピ。


<材料 (1.5リットルくらい出来上がります)>

塩鮭 2切
酒粕 100g
味噌 30〜50g
→味噌によるし好みによりますが、ここで味の濃さをいつでもどうとでも調整出来ます。薄ければ最後に味噌を足せばいいです。濃いければ水で薄めるしかないですけど、このレシピでは濃くはなりません多分。
大根 細いとこなら5cm、太いとこなら3cm位。お好みの太さに拍子切。
人参 3cm〜5cm位を、拍子切。
こんにゃく 1/2枚…スプーンを使って一口大に切る。
ごぼう 1/2本…泥をたわしで程々に取り除いて、3mmに切って水に晒す
薄揚げ 1枚…さっと湯通しして油分をのぞき、横長に置いて上下2つに切り、縦に1cmで刻む。

干し椎茸2個
昆布 5×5cm


<作り方>

1.塩鮭2切れを8等分して魚焼き器で焼く

2.鍋に水800ccと昆布を入れて出汁を取る(昆布そのまま)。干し椎茸を戻し、茎を除いて細切りにして鍋に入れる。そのでじるも、ごみを濾して入れる。

3.切った、「ごぼう、大根、人参」を熱湯でさっと茹で(入れてから最沸騰したらOK)ざるに取り出す。

4.同じお湯でいいので、こんにゃくを同様に茹でる。大きさによりますが、1分〜3分。

5.鍋を火にかける。

水と昆布が入った鍋に塩鮭を入れて火にかけ、沸騰直前に昆布を取り出し火を弱める。アクがあれば取る。

6.野菜とこんにゃくを加えて10分煮る

7.酒粕、みそをボウルに入れて、上の煮汁を適当に足して、すりこぎやビーター(しゃかしゃか)で溶かす。

8.薄揚げを加えて、さっと煮る。
2013/01/26 | レシピメモ | コメント:0 | トラックバック:0____
【モスバーガー】 ライスバーガーきんぴら
モスライスバーガーきんぴら

僕はその昔、モスバーガーが大好きで、良く買っていました。

当時は今ほどメニューはなかったんですけど、そんな中でもプレーンドッグ(今より1.5倍くらい大きかった)と、照り焼きチキンバーガー、フレッシュバーガー(レタスなど野菜が多いバーガー)、あと、きんぴらライスバーガー(当時はそういう名前だったと思う。1987年11月発売らしいです。値段は調べきらなかった)が大好きでした。モスバーガー(ミートソースが入ってるやつ)はとにかく食べにくいので(垂れる)当時から苦手でした。その美味しさも家庭的というか全然特別じゃないですし。それがほっこりして人気の理由なんでしょうけれども。

とはいえ、最近はモスバーガーのハンバーガー、年に1個くらいしか買ってません。近くにお店がなくなってしまって。。。

あ、このエントリーはモスバーガーの話でなくて、ライスバーガーの話をするつもりだったんだった。

ライスバーガー。初めて発売された時は、まじか!?それって、要はおにぎりでしょうがっ!!と思ったもんです。実際におにぎりですし。第1弾は、「きんぴら」「つくね」「焼肉」だったような気がします。さだかではない。

全部食べましたけど、中でもきんぴらが、おにぎりだけど、おにぎりじゃなかった(夢だけど、夢じゃなかった by となりのトトロ)という感じで、美味しくてめちゃくちゃ感動したのを覚えています。でも、何度か買うと、中が妙にひんやりと冷たかったりした機会もあり、おにぎりどころかこれ単なる冷凍食品チンじゃねえの!?というやられた感を抱きつつも、でも…おいひい。。と、買い続けた、そんなあまじょっぱい、よい思い出です。

そして最近、何年もぶりにモスバーガーに寄る機会がありました(カインズホームに行ってて)。あ、ライスバーガー!と思ったら280円。ぅゎ高ぃふざけんな!と。しかも、きんぴらなくなってますし。

考えたら、自分で作れるんでないか、と思いましたし、今度作ります。別にごはんを固める必要なんてない。大きな焼きおにぎりスタイルでいいですしね。

頭で思い描くだけでも、超原価安そうだし超簡単そう。ごはんと醤油、きんぴらごぼうとベーコンと海苔。それだけですもんね材料。きんぴらごぼうをベーコンに乗せて軽くチンしといて、それを海苔でくるんで、更にあったかいご飯でくるんで、そのごはんに醤油を塗ってオーブンで焼いて、終わり?

あ、これ、考えたら具、要は海苔弁当だ!今気づいた。

そっか、海苔弁当からヒントをえたのかも。。。美味しそう。。作って、また追記します。


<きんぴらライスバーガーよもやま話>

このエントリー書くために、いろいろ気になって調べていたら、きんぴらライスバーガ、ちょびっと紆余曲折あったんですね。知らなかったです。


◆2008/6/26のネットニュース

モスライスバーガー五目きんぴら&玉子きんぴら

バンズの代わりにご飯を焼き固めたライスプレートを使用、ハンバーガーの体裁ながら、焼きおにぎりの発展系に近い形で多くの消費者の心を捉えているモスバーガーのライスバーガー。モスバーガーの看板メニューのひとつとして、広く愛されているメニューだが、6月26日に行われた「店舗限定 モーニングメニュー」の刷新に伴い、朝10時までしか食べられない新メニュー「モスライスバーガー玉子きんぴら」が登場した。価格は280円。駅前・ビジネス街など朝食需要のある店舗(全国222店舗)で販売中だ。

「モスライスバーガー 玉子きんぴら」は、レギュラーメニューにも名を連ねている「モスライスバーガー 五目きんぴら」のアレンジメニューで、ふっくらと焼き上げた半熟のオムレツを挟んだ一品。甘辛のきんぴらと、マイルドなオムレツが絶妙なハーモニーを奏でるという。


時に五目きんぴら、っていう名前だったりするんですね。そして玉子きんぴら。。


◆2009/2/24のネットニュース

【リニューアル】モスライスバーガーきんぴら発売!
メイン食材を国産にして、さらにおいしくなりました!

ごぼうとにんじんをモスの協力農家で生産されたものに変更し、 こんにゃくと黒ゴマ、北海道釧路沖で獲れた昆布と一緒にじっくりと炒め煮しました。
しっかりとした歯ごたえと昆布のうまみが効いた素朴で奥深い味わいのモスライスバーガーきんぴらができました。

このきんぴらライスバーガーが、否、モスライスバーガーきんぴらが、冒頭の画像のものです。僕の知っているきんぴらライスバーガーは、もはや画像が見つかりませんでした。このニューきんぴらライスバーガーは、見た感じベーコンなくなって代わりに千切り昆布入ってます?。。それじゃ、単なる脇役具材オンリーのおにぎりじゃん。。海苔弁当の、メイン具材一切なしバージョンのおにぎり(小)が280円(海苔弁当の値段と変わらない)ってのは、ぼったくりにも程があるように思います。なくなる訳です。

て事でかどうかは分かりませんけど、2012年11月12日(結構最近!)発売停止と相成ったみたいですね。。
続きを読む
2013/01/25 | お気に入り…もの | コメント:0 | トラックバック:0____
【テレビドラマ】 泣くな、はらちゃん
泣くな、はらちゃん

新春の民放連続テレビドラマがいろいろとスタートしました。

最近のテレビドラマって、予算がないのか安直なのか、漫画や小説などが原作、というのも非常に多いですよね。当然原作のが良いに決まっていますから、面白くないと感じる場合も多いです。逆に、TVオリジナルの作品は、制作者の思い入れなど諸々期待出来る作品も多く、実際にクオリティが高い事も多いです。


泣くな、はらちゃん、です。


たまたま録画して見て、おもしろいなー!!と。でもいかにも漫画原作ぽいなー。でも、うまい事キャストはめたなー。なんて思いながら見てたんですけど、これ、オリジナル書き起こしでかつ、主役のTOKIO長瀬くんまずありきで岡田惠和さん(脚本家)が書かれたドラマなんですねー。

どうりでかっちりはまるはずー。しっくりくるはず。

たまたま録画したとはいえ、録画したという事は何か気になった訳で、それは何だっけかなと後から考えるに、タイトルの奇抜さと岡田惠和さんが脚本を書いているという事です。長瀬君という事は最初マイナス要素で(ジャニーズはあまり好きじゃない)、やめよかなと一瞬思ったんですけど、録って良かったです。

見た後よく考えると、長瀬君の出てるもので、彼が漫画みたいな大げさな熱い演技するパターンのものは、池袋ウエストゲートパークにせよ、タイガー&ドラゴンにせよ、うぬぼれ刑事にせよ(…それで全部かも)、めっちゃ好きだったです。僕は長瀬君の漫画みたいな演技が好きみたい。

ちなみに、このドラマの第一回放送を見てて、意味もなく号泣しました。「泣くな、じろちゃん」です。僕の精神状態は、来るところまで来ているのかもしれません。

→ 泣くな、はらちゃん公式サイト
2013/01/22 | お気に入り…こと | コメント:0 | トラックバック:0____
【日持ちのするお総菜】 れんこんの甘酢漬け
れんこんは肝臓の働きを助けるそうです。今後常に食べよう。そんな訳で、いろいろとレシピを調べていて、これが常備食にするには最強かな、と。めちゃ美味しかったですし。


<材料>

れんこん…150g(こぶし大くらい)

=甘酢=
酢…100ml
砂糖…大さじ1
塩…小さじ1/3
うすくちしょうゆ…小さじ1/2
赤唐辛子…1本(一味とか七味とかを適量、でもよいと思うよ)


<作り方>

1.れんこんは皮をむいて、縦に(長い方にそって)3等分とか4等分にして、乱切り。酢水にさらし、熱湯で3〜5分くらい、好みの感じにゆでる。(酢水に浸ける時点で、ほくほく系にはならないみたい。シャキシャキ系の仕上がりになります)

2.ボウルに(A)の甘酢を合わせ、(1)を30分以上漬ける。

おわり。
2013/01/16 | レシピメモ | コメント:0 | トラックバック:0____
【映画】 50/50(フィフティ・フィフティ)
50/50


ナチュラルで、可愛い映画です。

普通に地味に暮らしていた主人公が突然癌にかかって、治る確率五分五分で、地味な交友関係な暮らしな中で、地味に悩んだり楽しんだり暮らしていくという、とっても普通な生活映画です。

僕は、現実的ではない表現前提な、いわゆるドラマドラマしたものがとても苦手で「こんなヤツいねぇわ!」「こんなシチュエーションないし」「こんな時にそんな事言うわけないでしょー」とかなってしまうので、日本のドラマはほぼ見れないんですけど(だからゴーイングマイホーム、めちゃくちゃ良かったです。。)、これは特別な違和感はなく、リアル?で良かったです。

登場人物が少ないのもよかったですリアルで。

しかしながら、主役のジョゼフゴードンレビットさん。。この人の笑顔、反則!
前の…なんたらサマーの映画もこの人最高やったし。。

主人公の親友、彼女、新たな彼女、一晩だけの女の子、お母さん、お父さん。

どの登場人物にも、シンパシーを感じられました。一人一人のキャストをたいせつにキャラ設定している感じ。

最も好きな映画、その1(2013)です。(映画自体は2011です)

→ 50/50 公式サイト(日本)


p.s.

ひとつだけ、どうかな、と思ったのは、主人公が勝手に自分で坊主頭にするところ。

抗生物質ではげた訳でもないのに。何のこっちゃ分からんかった。おれもガンになったら、何かイメージとか便宜とかで髪剃ったりするのかな。うーん。
2013/01/08 | お気に入り…こと | コメント:0 | トラックバック:0____
【お正月】 七草粥ならぬ七草のすまし汁(お吸い物)
今年、生まれて初めて挑戦しました。七草。

おかゆにすると味気ないだろうなというのは作る前から分かったので、おすましにする事にしました。また、みじん切りにしてしまうと食感も良くないし見た目も何が何か分からなくなるので風情もないと思ったので、手で葉っぱや茎を丁寧にちぎって作ろうと思いました。

やってみました。市販の七草を買ってきました。

七草.jpg

以下レシピ

水1200mlで出汁を取ります。出来上がり900mlくらい。昆布適量。ふつふつと鍋底に気泡が出てくる頃取り出します。鰹50g。沸騰寸前の鍋に入れて火を止めます。沈んだらキッチンペーパー&ボウルなどで漉します。

塩×小さじ1
薄口醤油×小さじ1
(…忘れた。また修正します)

などを入れて、

予めきれいにちぎった七草(以下画像参照)を入れて火を止めます。(ちなみに根菜部分は超薄切り)

七草.jpg


こんな感じになります。いわゆる七草粥より全然草が活きているというか、綺麗だし風情があるでしょ。歯ごたえも全然いい感じです。美味しいし。そのままいただいたり、お餅と一緒にしてお雑煮で食べました。最高でしたよ。

七草.jpg

来年もやろう。
2013/01/07 | レシピメモ | コメント:0 | トラックバック:0____
| ホーム |