【アメリカ映画】 The Hangover
hangover_ver5.jpg


子供やキャラ系でない、大人のドタバタコメディ系の映画で、ふわっと心温まるような事って割と少ないと思うんですけど、それはやっぱり(いつもそればっかり言ってますが)、演出があざとかったり、リアリティがなかったりするから。また、笑わせようとかハチャメチャにしようとする為に、ストーリーに無理があったり、展開がおかしかったりなりがちなので、ふわっといい気分というのはなかなか難しいです。

この映画は、ドタバタコメディで、かつ下品系(セックス、ドラッグス&ロケンロー?系)なのに、見ていて不愉快でも胡散臭くもなく、ストーリー展開も登場人物のセリフ、絵の描写、とても丁寧に作られているので(結構)自然な感じで快適に見れて、最終的には暖かい気持ちになりました。

多分、ですけど、監督さん始めスタッフさんやキャスト(マイクタイソン除く)が、皆真面目で明るくて、細かなところにも気の回るいイイ人達なんではないか、と思います。その人柄が作品に表れているような感じがしました。

分かりやすく例えると、松本人志の作品は、下品で低い知性(学、という意味での知性)の作品ですよね。(作品の善し悪しや芸術性、独自性は勿論別の話)それは彼の育ちと知性に由来してます。本作品はそういう点で正反対?で、(いい意味で)育ちが良い人達の作った作品だから、下品な作品だけど上品?に仕上がってるのかなという感じです。

2009年の作品ですけど、これpart2も公開されたみたい。評判良かったんだ。この内容なら、アッパーな層の人達でも好感持って見れると思うし、納得。

いい映画でした。
2011/11/08 | お気に入り…こと | コメント:0 | トラックバック:0____
【洗濯】 洗剤についての豆知識
日々何気なく使っている洗濯洗剤。

アタックとか、トップとか、そういうの。

あれって、どの程度入れたらどの程度汚れが落ちるのかとか、案外ご存じの方は少ないのではないでしょうか。基本的に、フタで計量した定量を、盲目的にずーっと、何となーーく、何なら同じ洗剤で、ずーーっと使ってらっしゃるような人がほとんどなんではないでしょうか?

僕もそうでした。結論から書きます。

洗剤は、入れても入れなくても汚れ落ちは、ほとんど変わりません。
つまり、通常の生活での衣料の汚れのほとんどは、水によって、落ちてます。

これが、自分なりにネットで調べて、実際自分でいろいろ試して、出た結論です。

基本的にはこの事が一番重要な事で全てです。終わり、です。
是非お水だけでお試しください(。•̀ᴗ-)✧ 、です。


以下追記は、蛇足というか補足です。
僕はそれを踏まえてこういう風にしてます、という事と、このエントリーで言いたかったこと、です。
続きを読む
2011/11/03 | 独り言 | コメント:0 | トラックバック:0____
【TVアニメ】 君に届け



先日テレビで(実写)映画の本作を見て、わぁいいな、と思って、アニメを見ました。全部。TVシリーズ。1stシリーズが25話、2ndシリーズが13話、計38話。1本正味20分位なので、正味16時間。(ちなみに原作はコミックなんですね)

めっちゃくちゃ良かった。泣いたし。

感想は一言で、リアル。

ひとそれぞれ、リアルの基準は違うと思うけれど、おれの場合はホントにこんな風だった。高校時代。勿論、具体的な内容がとかいう事でなくて、雰囲気とか、会話とか、気持ちの深さとか。

高校の時の恋愛とかに、というか日常生活で、ドラマみたいな特別な事件なんて基本起こらない。つまりTVの恋愛ドラマなんて基本嘘っぽいしオーバー。現実は、ドラマチックになるよりむしろ、例えば自分の見えないところで何かが起こりそうでも、友達の誰かがそれを伝えてくれたり、また何か自分ではどうにも出来ないおかしな事になっていきそうでも、現実は、友達みんなが正しくなるように修正していってくれる。

そういう風に、物事がドラマティックになっていくのでなくて、逆に正常化していくのが現実の世界だと思う。

そんな中でも起こる、ちょっとした出来事や、心の機微。そういうことを主軸として描かれているドラマはリアルだと思う。また、TVドラマの様に、メインキャストだけでどうのこうのとかは、大人ならともかく、高校時代にはそんな事絶対あり得なくて、その周囲にいるもっと多くの人、場合によっては直接関係のない人や知らない人も含めて、多くの人だったり、それぞれの環境の制約だとかが、確実に当事者の青春全てに影響を与えてた。

そういう事が、ちゃんと全部丁寧に描写されてたから多分感情移入できて、感動したんだと思う

結ばれてハイ終わり、とか、その辺りの脇役の描写は省略とか(特に脇役の脇役等)、恣意的で短絡的なものがTVドラマには多いのに、そうじゃなくて素晴らしかった。

作者が、全てのキャストを愛していて、じっと観察して描写しているのがひしひしと伝わってきた。

その、いろんなキャストが、たくさんの素敵で大切な言葉をいろんな場面で発します。それも見所。あ、聞き所か。。
続きを読む
2011/11/02 | お気に入り…こと | コメント:0 | トラックバック:0____
| ホーム |