【日本代表サッカー】 チケットゲット奮闘記 2011
daihyou.gif


関西で立て続けにフル代表の試合が2つあるという事って死ぬ程珍しいんですが、来月上旬、たまたまそういう機会があるんです。

神戸(キリンチャレンジカップ)と大阪(W杯予選)で。

代表メンバーが、W杯予選の前に近所で1つ練習しておきたいという事で急遽神戸も決まった訳なんですが、何にしても珍しいです。

で、なんか行きたいなと。

どちらの試合もチケット販売のタイミングが諸々全く同じで、家は神戸なので神戸の試合がラクチンなんですけど、当然というか、練習試合よりもW杯予選の方が全然行きたいので、大阪が第一志望です。でも、最近代表がまたどえらい人気なのでなかなか予選は難しいだろうと。無理なら神戸でもええか、という心持ち。

かといって、行けるならどっちも行く!という程別に代表観戦マニアとかではないんで、うーん、どうしようかなと考えてました。

で、結局以下のような行動を取ったのでした。現状の日本代表チケットの入手状況(ガチの、ネットによる一般購入)について、ご参考ください。


1・先行予約(抽選)

だいたい代表のチケットは、開催1ヶ月前くらいにまず先行予約があります。一週間弱の期間予約を受け付けて、抽選→結果をメール、みたいな奴です。W杯予選の方をこれに充ててみました。神戸のチャレンジカップも申し込んでも良かったのですが、2つとも当たっちゃうと困るので。で結果はアウト。これまで3回くらい抽選に申し込んだことありますがこれは当たったことないです。

2・一般販売(先着順)

先行抽選が終わった週の土曜日朝10時から受付(必ずそのパターン)の一般購入。これが今日の朝10時だった訳です。もう何時間か経ちますから当然売り切れてます。その戦いが終わったそのままの勢いで今書いてる訳です。これまで何度も戦ってきましたが、これまではたまたま全てゲット出来ました。さて今回は。。

以下準備と経過を書きます。(もちろんクリックソフトとか裏技的なものは何も使わず、手仕事ガチの勝負です。FIFA FAIR PLAYの精神です)


【下準備・前日】

僕は普段ネット接続回線は無線LANなんですけど、よりレスポンスが速くなるようLANケーブルで有線接続して一番良好な回線コンディションにしておく。

チケットサイトはチケットぴあ一本(チケットJFAは大元は要はぴあ&eplusは発券の全体量が少ない)。あらかじめ会員になっておいて支払いカードなど登録しておくことは大前提となります。更にログインを済ませておいて、かつチケット購入画面の状態まで進んで表示させておく。

今回僕の場合はW杯予選(大阪)に挑む→(アウトの場合)→チャレンジカップ(神戸)参戦という複合ミッションなので、神戸のチケット購入画面も、すでに別タブで表示させておく。

更に、その、購入画面のちゃんとした?URL(長ったらしいやつ)をブックマークに追加しておいて、ワンクリックで何度もアクセスしまくれる様にしておく。単にリアルタイムでの再読み込み等だと例えば「“サーバーが混み合っています”という表示の為のURL」などを何度も表示しようとしているお馬鹿さん状態、などになってしまう場合などがありますので。

あと、秒針まで合ってる時計を用意しておく。


【下準備・当日試合開始(←?)1~2時間前】

PCを立ち上げ、時計を側に置いて、ブラウザにて上記のコンディションを再現。いつでも即購入出来ます状態を作っておく。ログイン状態や購入URLなどは表示にリミット(何時間だけ有効など)があったりしますので、昨日のままではアウトだったりするのでもう一回全てやり直しておく、という意味合いもあります。


【試合開始】 <10:00>

いよいよです。まず、もう5分10分前からフライングする人多数なので、既に望むページにはアクセスしにくくなってます。せっかく準備した上記ブラウザの状態(購入画面)なんて、ブックマーククリックや再読み込み一回でエラーが出て消し飛ぶはずです。それが普通です。気にせず、とりあえず秒針を見つめて10時ちょうどまで静かに待ちます。受付開始までは何をやっても無意味なのです。そして10時ちょうどになったらバトル開始。ブックマーク連打deSHOWの幕開けです。といってもクリックする度ブラウザのどこかに「…(URL)…に接続しています」とどこに繋ごうとしているのかが出るはずなので、果たしてそのURLがチケット購入の本ページに接続しようとしてるのか、単にエラー表示ページに接続しようとしているのかなどを1回クリックする度にアルファベットなどから判断して、正しい接続なら待って、エラーっぽいなら待たずに再クリック、という繰り返しです。

僕は今回の大阪ミッション、5~15回のクリックで購入画面自体には繋がりましたけど、席種を入れて購入ボタンをクリックすると100%アウトで、アクセス出来ませんやりなおしてください画面に。結局、そうこうしているうち

<10時15分>すべて売り切れ。

終了。残念。

もちろん想定内。次!と、1秒も無駄にせずチャレンジカップ(神戸)にバトル移行。大阪ミッションよりは若干緩やかな空気な気がするも、それでも大阪で買えない人が流れて来ているのか、やはりページにはアクセスしにくい。<10時20分=神戸戦参戦5分経過>席種により売り切れ始める。ここからは運だけなので、死んだ魚の目で画面を見つめ無になってクリック連打。30回目くらい?のトライで、ラッキーにもチケット購入の、次の画面(支払い情報の入力)まで進む。

ここに入れたらある程度買えたも同然なんです。

要は買い物かごに入れられたら勝ち目前なんです。リアル店舗で例えると、お店の外の行列は、売り切れで断られる可能性ありますけど、もう中に入れたなら買えるでしょー、みたいな感じです。もちろんそれでもサーバーエラーとかに巻き込まれる場合もありますので、極力さっさと「ご購入ありがとうございました」画面が出るところまで済ませるに越したことはありません。何せ、チケットゲット!<10時25分=神戸戦参戦10分経過>

<10時35分>すべて売り切れ。

練習試合なのに、結構薄氷を渡るような感じで厳しかったです。やはり今の代表はすごい人気ですね。とにかく買えて良かった。長友!会いに行くよ-!(出るのかな…)

関東などでは全然違う感じかもと思いますけど関西はこんな感じです。空気感は伝わったのではないかなと思います。
続きを読む
2011/09/10 | お気に入り…こと | コメント:0 | トラックバック:0____
【エレキベース】 Aria Pro II (アリアプロ2) / IGB-NEO
igbneo_sgr_h1000.jpg

ベース買いました。

ほんとは、そろそろ一生宝物に出来るようなオンリーワンのベースを買おうと思ってたんですけど、自分自身からの内なる声↓

『とりあえず現時点でベース1本も持ってなくて、しかもろくに指も動かない人間が高級ベースとか何言ってんの?何でもいいからさっさと買ってまず死ぬほど練習すれ!!』

という事で、たまたまタイミング良く、リーズナブルで美しいベースと出会えました。ので買いました。とるものもとりあえず買いました。

ボディが非常にコンパクト(ギター並?)なのと、パッシブなので、音はなんか薄いです。けど、素直な音がするのと(ちなみにEMG-HZてピックアップです)、全体の剛性というか、作りがかなり丁寧でしっかりしてるのと、個性的なこだわりが各部に効いたシャープなベースです。

ネックの裏側も含め全部グリーンなんですよ。そしてパーツは全てブラックアウト。あんまり見たことない感じの配色です。。

たぶんこんな色だから売れ残ってて、そのおかげで6割引くらいだったので、安い!と買いました。ネットなどでなく、信頼のおける近所のギターショップ「奏庵」さんで買えたのも良かった。

ちっこいので、超弾きやすいです。

それなりにガバガバ弾いていれば、それなりにかっこいい音にもなるでしょう。嬉しいな♪


DS01356083.jpg



→ ARIA guitars該当ページ
2011/09/08 | お気に入り…もの | コメント:6 | トラックバック:0____
【PC修理】 トラックパッドの修理 / アップルストア心斎橋 - ジーニアスバー (Apple Store,Shinsaibashi-Genius Bar)
アップルストア心斎橋 ジーニアスバー


きょうMacBook Proの修理の為に、生まれて初めてアップルストア心斎橋に行きました。
もうずっと前から、トラックパッドのクリックが反応しなくなってきていたので。

ネットで予約を入れて、ワクワクしながら行きました。

探すまでもなく、ミナミのど真ん中にどーんとありました。おお、格好いい!!

足を踏み入れると、贅沢な空間を使ってMacやMacBookやiPadなどがシンプルに展示されている。おー。そして左手に2階へ続く総アクリルの螺旋階段!!「ここにじぶん命かけましたから(建築デザイナー)」とか聞こえてきそうなエネルギーが伝わってくる階段です。日の丸弁当の梅干しみたいな感じ。(店舗がごはんで階段が梅干し)

世界一分厚いアクリルの板(←妄想)を踏みしめつつ2階へ。

おお!主にオーディオ関連の沢山のアクセサリー展示と待合所。沢山の高度知的疾患に病めるPatient(患者)達が選ばれし精鋭スタッフ達のジーニアスなオペを待っている。奥にはセミナー用のシアター。壁に沢山のモニターがあり、Genius Barの文字とジーニアスなモチーフの背景が動めく。2001年宇宙の旅?ここは宇宙船の船内??

ひょ-!

さて、俺はどのタッチセンサーに自らの到着を入力すればいい??あるいは音声認識か?いや、指紋認証からか?

「まだの方おうかがいしまーす」

スタッフがインカムも使わず、地声で叫んでいる。


「なん…だと?」


戸惑いつつ、スタッフに近づいて、「あのえっと、○○時に予約してたXXです」と告げて諸々説明する。「技術スタッフにそのようにお伝えします、しばらくお待ちください」と口頭で言われる。

おおふ、こんなハズは…。まだCTスキャンの様なボディチェックすらも済んでいないというのに。。

足下には案外何の特長もないフローリング。設置されたベンチは公園かIKEAかというような木の板。何かが狂い始めたのか!?とりあえず待つ。

待つ。

だいぶ待つ。そして

「MacBookProの修理でお待ちのXXX様~!!!!」スタッフが地声で叫ぶ。やはり、インカムも、順番待ち掲示モニター(3Dのはずだった)も、そこにはいっさい何もない。叫ぶ労働店員がいるだけだ。ちょ!!大声で俺の名前呼ぶなこら!恥ずかしいから!しー!!

「ははい。はーい!」そそくさと、LEDはおろかランプが光るでも、何かがその場所を指し示すでもない故に、遠くで大きく何度もお辞儀して強く目線を送ってくる技術店員に向かって、物理的に全身で存在をアピールし、手を上げ歩いて行く俺。緩やかな感触。マンツーマン。


もう何も書く必要はないだろう。


ジーニアスバーは、ちっともジーニアス風ではなかったです。


おわり。

(でも店員さんはとっても丁寧ダヨー☆)

→ アップルストア心斎橋ジーニアスバー(Apple Store Shinsaibashi / Genius Bar)
2011/09/06 | 独り言 | コメント:0 | トラックバック:0____
【お酒】 焼酎甲類
僕は学生時代にバーテンダーを少しかじっていた事もありますし、それなりにはお酒に詳しいつもりだったんですけど、最近まだまだ知らなかった根本的知識がよく発覚して、目からうろこです。

焼酎には(原料ということでなく)、その規格に甲と乙という種類がある、というのは何となく知ってたんですけど、それが実際何なのかとか特に何も考えずに飲んでました。

ところで僕は、ウイスキーやブランデー、ワイン、日本酒など、お酒の香りやアロマは大好きなんですが、焼酎の持つ香りやアロマだけは何か苦手です。例えばジャガイモの穀物の臭みや酸味みたいだったり、アロマというよりは植物や食品のにおいという感じ。穀物じゃなくても、サトウキビの甘ったるい香りも黒糖も、植物のニオイそのままでしょという感じで、全部ダメです。

だから高級焼酎なんて、高級たこ焼き2500円ですが何か?みたいなイメージで、は?という感じです。

雑穀ベースのお酒である焼酎。味香りは興味なく、要はウォッカの様な使い方です。ロックでレモンとか、酎ハイ、お湯割り梅。

なんですけどー、というような事を酒屋さんで話していたら、じゃあ焼酎甲類でいいんじゃないですが、という事。

先にも書きましたけど、焼酎には甲類と乙類というのがあります。

甲類というのは連続蒸留器で抽出したアルコール(の水割り)で、いわゆる高純度精製のスピリッツ。素材の風味は残らない。乙類は単式蒸留、要は昔ながらの素朴な抽出法で素材の風味がかなり残るやり方。それと、甲+乙をブレンドしたもの。

今までそこそこ高い焼酎を飲んでいたのはつまり全部乙類。720mlで1000円とかしてました。一方この甲類の焼酎は、ほんとにマジウォッカ。余分な臭みなし。原材料は基本は乙類と同じような酒類。勿論、風味を残さないでいいので、こだわりのない安い穀物を使っているとは思うけど、アルコールを添加してるとか、そういう意味での粗悪品ではない。あと、甲類は業務用ジャンルというか、安くてでかい。4リットルで1800円とか位で、小さなサイズはない。でもそれは、別の720mlの容器に移しながら使えば問題ない。

乙類に比べ、無味無臭だから、洋酒やフルーツ、野菜、紅茶とか、何にでも合わせられるし、雑味がなくシャープだし最高。

市販の缶酎ハイは、なんだかんだ言って香料や糖質、ジュースなど余分なものが入っていて、雑味もあるし甘いけど、そういうのが一切ないクリアな味が楽しめるのも最高。

そういう訳で、安い、使い易い、美味しいと、捗るばかり。

臭みのある焼酎が好きな焼酎マニアの人は別として、それ以外の人全てにおすすめのマストアイテムだと思います。意外と誰も知らない(4リットルペットボトルのコーナーなんて行かないのでは)?と思ってエントリーにしました。

レモン酎ハイは以下の様なコスト。

・焼酎60ml(原価27円)
・ソーダ170ml(原価23円)
・氷(原価0円)
・JCP有機レモン果汁ストレート or POKKA焼酎用レモン15ml(原価15円)

合計65円です。合計250ml位ですが氷が溶けるので実際飲む量は300ml位。発泡酒や缶酎ハイ(350ml)と比較して、同じ値段で2杯とは言わないまでもそれに近い位のコスパとなります。安くないですか?
2011/09/04 | おいしい…飲み物 | コメント:0 | トラックバック:0____
【和風サラダ】 簡単美味しい和風サラダ
きょうたまたま余ってたレタスと大根と家にある材料でサラダ作ったらなんかめっちゃ美味しかったので書きます。

<材料>
・レタス
・大根
・ポン酢
・鰹節
・もみ海苔
・すり胡麻

<作り方>
分量は人数分次第。それぞれの材料を適当に。

レタスは食べやすいように一口大に切る。大根は2cmくらいの厚みにカットしたものを皮を厚めに剥いて、カッターのついたおろし器やスライサーで縦(円柱面が垂直になる状態)に極薄にスライスする。その後臭みや辛さが抜ける程度に水にさらす。

上記2食材をよく水気を切って、蓋などせず冷蔵庫の野菜室で適当に冷やす。

冷蔵庫から出してまんべんなく胡麻を振り海苔をかけ鰹節をかけて、ポン酢をちょうど良い味になるまで少しずつかけてしっかり混ぜる。サラダは何でもそうだけど、ドレッシングになるものをしっかりと具材に混ぜ合わせるのが一番のポイントです。

おわり。激うま。

ちなみに、具材としてあと塩昆布&一口大に切った木綿豆腐(or 蒸し鶏 or 茹でた豚しゃぶ肉etc)を上記に加えたると、メインディッシュといっていい一品になります。あと、生の春菊をカットして混ぜても激うまでしょう。ごまだれでも良いでしょうし。
2011/09/03 | レシピメモ | コメント:0 | トラックバック:0____
【なでしこジャパン】 なでし考 ~ サッカー女子日本代表を憂う
大活躍のなでしこジャパン。メンバーの多数がINAC神戸のメンバーで、彼女達は僕の徒歩圏に住んでいるということもあって、超親近感を持って、たまに、見ています。

有名になる前から、Jリーグとは違う楽しさ、例えるなら高校サッカーの様な感じで(スペースや時間がある分自由に伸び伸びプレーが出来る感じ)それなりに面白いので、ちょこちょこ見てました。見に行った男子の代表の試合で、前座的に試合があることも何度かあって、生でもちょこちょこ見てます。

今回の女子ワールドカップは、そんななので多分一般の人よりは真面目に興味を持っていたので最初の予選リーグから見てたんですけど、1試合目で、『頑張ってるけど、パスの精度が低いし、バイタルの精度もダメだし、これじゃアメリカとドイツには絶対負ける』と思ってしまって、2試合からはあまり真面目には見てませんでした。ながら見という感じ。決勝戦も、最後の方までずっと『この試合っぷりは、絶対負ける』と思って見てました。ペシミスト的なものでなく、プレーから考えると必然的にという感じで。結果は本当に奇跡だと思います。その奇跡は、気持ちとチームワークが産んだ、運、です。すごかったですけれど、妥当ではなかったです。

でも、世界王者という今の立場が、急速に彼女達を変えていますね。大会中でなくて、大会終了後に、民衆に騒ぎまくられるこの状況下で、凄まじく変わったと思います。前は、メンタルも振る舞いも、沢さん等一部の人以外いかにもアマチュアという感じだったのが、本当に随分変わりました。て、、、




そんな話、どうだっていいんです。本題はそんな事ではないんです。




なでしこジャパンという呼び方、どうにかならないんでしょうか。という事なんです。
本来の意味からしても、何だかホストというかお鍋みたいなルックスとキャラクターの彼女達には似合わないですし、こう、それよりも、連想…、というか帰結的に… とにかくダメです。

作家の万城目学さん(鴨川ホルモーとか鹿男あをによしとかプリンセストヨトミの人)も仰ってましたが、うこん、とか、ちんすこう、とか、そういう単語は、全部ダメです。

僕に言わせれば、もうマンゴーだってパパイヤだってティーバッグだって~、あめんぼだぁぁって~~♪

ただちに撫でシコはやめて!落ち着かないから!

おわり
2011/09/01 | 独り言 | コメント:0 | トラックバック:0____
| ホーム |