【とろけるチーズ】 クラフトチェダースライス
090818-04-02.jpg


僕はとろけるチーズなしでは生きていけません。

年々、昔の日本人の食事みたいな指向・嗜好になっていっているので、なんとなく、乳製品はもうやめるべきかなと思っていて(結局、動物性タンパク質や動物性脂肪は日本人には合わない気がするんです)、で、牛乳はやめたんですけど、卵と、とろけるチーズはまだやめられません。

メーカーは、雪印(メグミルク)と一部のローカルメーカーのものは買いません。それ以外なら大丈夫です。

これまでは、明治十勝のとろけるチーズをずっと買ってたんですけど、ふと目が横に行って、値段もカロリーも変わらないなら、このチェダーを買ってみようと。

美味しい!

これ好きです。この味の濃さなら、野菜に乗せてチンして、粗挽き胡椒などするだけで、上等なオードブルになります。楽です。

ず~っと売ってたのに。たまには違うモノに目を向けてみるって、たいせつですね。

→ サイト
2011/04/25 | おいしい…食品 | コメント:0 | トラックバック:0____
【替え歌】 ごはん (卒業 / 尾崎豊の節で)
ごはん

アーティスト 尾崎豊&じぶん
作詞 尾崎豊&じぶん
作曲 尾崎豊

上蓋の下 釜の中 すいこまれる水
幻とリアルな気持ち 感じていた
チャイムが鳴り キッチンのいつもの席に座り
米に従い 従うべきか考えていた
ざわめく米粒 今 米にあるものは
胚芽なく思えて とまどっていた

浸け置き後 街ふらつき 俺達は風の中
孤独 瞳にうかべ 寂しく歩いた
笑い米とため稲の飽和した店で
おかわりのハイスコアー 競いあった
退屈な心 刺激さえあれば
何杯でも大げさに食べ続けた

行儀よくまじめなんて 出来やしなかった
夜の校舎 ご飯つぶ 飛ばして回った
逆らい続け あがき続けた 早く自由になりたかった

信じられぬパン好きとの争いの中で
許しあい いったい何 解りあえただろう
うんざりしながら それでもおかわり
ひとつだけ 解っていたこと
この炊きたてごはん おいしい

誰かのおかわりの話に みんな熱くなり
自分がどれだけ腹ぺこか 知りたかった
力だけが必要だと 頑なに信じて
ごちそうさまは負けることと言いきかした
友だちにさえ 強がって見せた
時には籾殻を傷つけても

やがて誰も米に落ちて 米の言葉と
理想の米 米だけに米奪われた
生きる為に 計算高くなれと言うが
米を愛すまっすぐさを強く信じた
大切なのは何 愛することと
生きる為にすることの区別米(まぃ)った

行儀よくまじめなんて 米くらえと思った
夜の校舎 ご飯つぶ 飛ばして回った
逆らい続け あがき続けた 早く自由になりたかった

信じられぬパン好きとの争いの中で
許しあい いったい何 解りあえただろう
うんざりしながら それでもおかわり
ひとつだけ 解ってたこと
この炊きたてごはん おいしい

炊飯して いったい何解ると言うのか
でんぷんのほかに 何が残るというのか
人は誰も縛られた かよわき発芽米ならば
先生あなたは かよわき五穀米の代弁者なのか
俺達の怒り どこめ向うべきなのか
こめからは 何が俺を作付けるの脱穀
あと何度自分自身 おかわりすれば
本当の自分に たどりつける脱穀

仕込まれたにがりに 米も気づかゆに
ゆがいた日々も 終る
この炊きたてからの おかわり
闘いからの おかわり
2011/04/24 | 独り言 | コメント:0 | トラックバック:0____
【オリーブオイル】 EPIFANI OLIO EXTRAVERGINE D'OLIVA
epifani.jpg


僕はこのブログでは、神戸のお店やスポット以外の、モノ、については、『“一般的再現性”のないものは紹介しない』というルールを敷いています。つまり、一般的にどこでも買える、とか、一般的に実現出来る、とか、そういう事だけを紹介する、と決めている訳です。

でも、これは相当ヤバい一品で、書きたくて仕方ないので書きます。こんな説明をするという事は、一般的には手に入らない商品だろうと思われるという事です。写真もネットになく、自分で撮るしかなかったです。

オリーブオイル

なんですけど、これ、味のバランスがものっすごいいいんです。そのままでも美味しいのは勿論、加熱しても風味は損なわれないし、強くて素直です。濾過してないタイプなんですけど、全然クセなく扱い易く、ほんとに捗る一品なんです。オリーブオイルの底力ってこういうのだよ!という感じです。そしてその素性の良さの割にはコスパがめっちゃ高いんです。

750mlで定価2,500円。

イタリアの、ホールトマトの会社がその畑の一部で作っているオリーブオイルの、プレミアム製品みたいで、エピファニ、というブランドです。表題はイタリア語で書いていますけど、エピファニ・エクストラヴァージンオイル、ということです。

僕は、近所のワインの卸屋さんで買っています。そのお店は紹介しません。ないしょです。そこの店員さんが言うに、基本、店舗向けに卸している商品なので、一般小売はあまりされてないんです、とのこと。

以下商品のデータを頂きましたので紹介しておきます。もし見つけたら買って損はないです。出色の一品です。



農園:
フラテッリ・カンパーナ農園は、プーリア州サレント半島の中心、ブリンディジ県メサーニェ市にあり、16世紀からの古い農園です。その広さは130haで、うち65haは特にトマト、アーティチョークが栽培され、18haはワイン用の葡萄が、そして残りは7,000本以上のオリーブの木と桃の木等の果樹園です。

品種:
レッチーノ、ペンドリーノ、フラントイオ、コラティーナ、ペコリーネ

収穫期:
11月~12月中旬、木から直接収穫、低温搾油

色彩:
緑がかった黄金色、ノンフィルター

アロマ:
淡い草の香りとピュアなオリーブの香り

風味:
苦みと辛みのバランスに優れ、後口にアーモンドやアーティチョークの風味

酸度:
0.2~0.4

お問い合わせ(輸入元)は、神戸の優良なワイン輸入元業者さんである、フードライナーさんへどうぞ。

有限会社フードライナー
〒658-0031
神戸市東灘区向洋町東4-5 森本倉庫5F
TEL:078-858-2043
FAX:078-858-2044
2011/04/23 | おいしい…食品 | コメント:0 | トラックバック:0____
【焼肉のタレ】 黄金の味 / エバラ
黄金の味


これ、考えたら中学生の時くらいから「スゲー。これ超うめー」と思っていて、それ以来、何十年も焼肉のタレといったらコレで、常に冷蔵庫にあります。本当に、常に。

途中、いろんなタレに浮気してみたんですけど、どれもエバラの足下にも及ばず、今でもコレです。そして「スゲー、うめー」と今も思っています。

例えばビールの、アサヒ・スーパードライもそうですけど、「特別でもないのに、その線ではもうそれ以上は絶対あり得ない絶妙さ」みたいな商品ってたまにあります。

それは、ほんとうに、運が良かったというか、たまたまの味がそうだったんだと思います。ほんとうに良いものって、努力の結果出来るもんではないと思います。ふっと降りてくる偶然が与えてくれるというか、頭で作れるものではないというか。プロセスとしての努力はあるかもしれませんが、最終的には関係ないというか。

僕は辛いものが特別に苦手で、中辛を買うんですけど、辛口(ラベルが白いの)が、一番絶妙バランスの様な気がします。

p.s.

最近、そんなエバラ代表作に、度肝を抜く新商品が発売されました。本商品の、固形バージョンです。

食べるラー油に触発されたのでしょうか。固形なら液体と違って、マヨネーズ的な汎用性、マーケットの拡大を得られると考えたのでしょうか。

確かに、例えばバーベキューの時に強風で空に舞う皿こぼれるタレ、というのは定番で、そういった、液体のデメリット、限界から解放されるという点では最高かも知れません。

でも、食べるラー油もなんのこっちゃ分からないし、このタレもダメです。

でも(2回目)、

「タレなのに、タレなーい」

というコピーだけは最高です。

→ エバラ / 黄金の味(公式サイト)
2011/04/17 | おいしい…食品 | コメント:0 | トラックバック:0____
【身だしなみ】 ヘアーのトリミング
hair.jpg


タイトルと画像で、意味は分かると思います。えっと、別に頭のネジが一本外れてしまった訳ではありませんよ( ´_ゝ`)ノ真面目?なエントリーです。

僕はこれまでかつて、ヘアーをトリミング(カット)したことは一度もありません。Always 原生林、でした。なんとするならば、そういうことはしてはいけないではないですけど、完全に概念の外でした。考えた事もなかった。

でも先日テレビを見ていて、整えないのは日本人他近隣のアジア人(中国・韓国)くらいで、黒人や他のアジア人、西洋人は皆、整えるもしくはツルツル、という事を知りました。

考えてみたら、ツルツルは別として、“整えない事”のメリットってこれ、何もないんですよね。見た目も良くない、抜け毛が散らかり易い、挟まったりいろいろ不便、蒸れるし衛生的でない、など。

そういう訳で、整える事にしました。ちなみに、脇も同様です(←西洋人はこれも当然整えるのだそう)。

<そして整えましたお風呂でさっき。(以下、脇ではない方の話のみ)>

果たして、これまでがトータルテンボス(半端ないの方)だったのが、ツマブキになりました。

行き過ぎず足りなすぎず。満ち足りた絶妙の息吹感や芽生え感、命の躍動。さっぱりとしながらも、柔らかなファブリック感はふくよかに健在。そう、言うなれば春のきらめき。一言でいうなら、お洒落!

…。

具体的な技術論、方法論としては、いきなりざくざく切っていくと当然おかしな事というか、虎刈りになりますので、一回で大量に横にハサミを入れるのでなく、5本ずつ位小まめに切るか、体に対して縦にハサミを入れて、小さな範囲を斜め切り、それを延々続けるというのがコツといえばコツです。

あまり人の目に触れるジャンルのものではありませんが、やってみて思うのは、やっぱし、口ひげなどと同様、伸ばしっぱなしというのは見た目だらしないし、機能的にも不便だったな、という事です。

これからの日本人にとって、地味に、これは必須の身だしなみと言えるのではないのでしょうか。

裸で鏡に立ってみて、改めて自分の判断に満足しています。

捗ります。ナイスガイ達は是非。マストです。(女子にも必須です)


以下余談
続きを読む
2011/04/12 | 独り言 | コメント:0 | トラックバック:0____
【洋画】 (500) Days of Summer
500_days_of_summer01.jpg



久々に大好きな映画を発見しました。

ストーリーも、脚本も、キャメラも、画も、編集も、監督さんのスタイルも、全部好きです。主人公の男の人も可愛いし周りのキャストも素敵です。画面を構成する全てが、衣装や部屋、オフィスや公園、小物、全部可愛いです。音楽は持ってるCDと結構かぶったので新鮮でなくて変な感じ…。


ともあれ僕にとっては最高の映画でした!


と言いたいところなんですが、一点だけしっくり来ない点があって、それは『主人公の女の子のルックス始め雰囲気が、全然セリフや振る舞いとしっくり来ない』

ということ。。何というか、こういう雰囲気の人はそんな事言わないのでは、とかそんな事しないのでは、とか思ってしまった、という感じです。演技力がないとかではなく。違和感。要はミスキャストだと思いました。

それでもブルーレイ欲しいな。(プレーヤー持ってないけれど)

【2009年夏 アメリカ公開(2010冬 日本公開)】

→ 公式サイト
2011/04/10 | お気に入り…こと | コメント:0 | トラックバック:0____
【原子力】 わたしの頭の中の原発
<原発に関わる人的資源>

東京電力は、一般の企業とは違って、ほとんど官営企業のようなもので、事実上独占企業です。
しかも、扱っているのは電力。ライフラインで、電力の自由化のない日本では、郵便や通信より更に独占的な立場にあります。

企業努力や企業競争を勝ち抜いて商品を売り、商品価値や企業レベルを上げていく一般の企業とは違って、競争もありませんし、また、日本の中心の電力を担っているという特性上、地方の電力会社よりも、政府の人間や官僚とのダイレクトで密接な結びつきもあり、また、そういった人々の個人的な利権を担っている側面もあり、あらゆる角度から見ても強靱に守られている立場の企業です。

そのような企業、というか利己的な営利組織に、クリエイティヴな人や、世の中を良くしよう、良いサービスを提供しよう、という人は集まりません。高収入で安定した職場ですし、ある一部の人間しか入れない、高学歴の人間の一部しか入れない、ある種エリートのみが入社出来る会社ですから、集まるのは、プライドが高く、謙虚さや庶民感覚から遠く、ともあれ自分の利益や収入のことを一意に考える人達です。

そういう人達で形作られた組織の中で、高い能力、という言葉が指す意味は、クリエイティヴ的能力や、生産性向上能力などではなく、組織の中での、自分の利益に反する危機を回避する能力と、責任を回避する能力です。

物事においてなんらかのプラス、付加価値を生み出したり、現状をさらに上のレベルへと変える為にはリスクが伴います。そういうリスクは避け、いかに自分がリスクを負わずに現状をそつなく過ごすか、そういう事だけ考える人達の環境です。


<原子力発電というメソッド>

原子力発電というのは、日本が導入を考えていた当初から、既にもう人類には収拾出来ないリスキーな発電方法でした。何か起こったらどうなるのか、ということについて無責任な事柄というのは、様々なジャンルに星の数ほどありますが、ただ、放射性物質を扱うというそれは、トラブルが、その場所で、その時間だけでということでは済まない、地球規模、人類の時間の尺度以上の、完全に割の合わないツケを払わされるリスクのある唯一のフィールドですので、僕は昔から全否定でした。

他の発電方法としては、現実的に、現行としては火力があります。勿論その他風力地熱いろいろあると思いますけど。その、一番マスである、火力の発電の原料である石油は、もう何十年も、あと何十年で枯渇と言われていますが、掘削能力や調査能力が年々上がっている為、そのままです。現在も、何十年、という同じフレーズが続いています。つまり、枯渇するという前提は、あまり現実的ではありません。また、その排出ガス、CO2の問題を引き合いに出し。変えるべきとよく言われていますが、地球温暖化は、人類にとっては多少そうなのかもしれませんが、有史、地球的には今は寒冷期ですし、火力発電によるCO2等よりも、見直さないといけない事は他にあるでしょう。それは、エネルギー問題というよりは、目先と自分の事しか考えていない、結局利権の問題になると思いますけど。

また、仮に温暖化で極の氷が溶けて水位が上がったり、異常気温になったとしても、放射性物質が人類に与える被害と比べたら、比較の対象にもなりません。(異常気温が軽いという意味ではなく、放射性物質の凄まじさ)

原子力発電は、一度稼働し始めると、毒素を何十年何百年も吐き出し続けますので、施設を使い終わった(老朽化)後の事を考えると大変です。しかも、その、後の事を制御する技術は現在まだありません。そして、その、何百年分の後処理コスト、はコストに入れていません。発電所自体の耐用年数は、もの凄く過酷で過激なエネルギーを使う発電ですので短いです。福島でももともと10年だったのではないでしょうか(実使用はむりやり使っていて40年)。施設内の全てから放射線物質を揮発し続けますので、極論、根本的なメンテナンスは出来ません。有名になりましたが、使用済みの燃料棒も、無害になるまで300年位かかるのですが、300年の間耐える廃棄容器というのも現実的に検証出来ませんし、どこに保管しておいたらいいのかも答えが出ていません。いまはとりあえずガラスで固めて、埋めてたり、海の底に穴を掘って、とりあえず置いている状態です。

それなのに何故原子力なのか?

単に、群を抜いて儲かるからです。

それも、国民みんなが儲かる訳ではなくて、いまテレビに出ていろいろ報告している人達や事故を起こした当事者たち(政治家も含めて)、それを放送するマスコミ達、それを解説する大学教授の人達や専門家、彼らだけが儲かるのであって、一方そのリスクや計算に入れられていない事故のコスト、計算に入れられていない事後処理のコストは、国民全員と、何代にもわたる子孫達が支払う事になっています。

原子力が何故儲かるかというと単純で、例えば飲食店的な言い方をすると、ひとつには、原価率が低いからです。

ところで、原子力が何故そんなにパワフルかという事をご存じない方もいるかもしれませんので、そこにまず少し触れますと、(ちょっと間違った変な喩えですが)例えば小さな木片がひとつあります。そのままだと特に何もなくちょこんとそこにいる、単なるおとなしい物質ですね。でも、いったんそこに火をつけたらどうでしょう。熱く燃え上がり、周りのものを焦がしながらすごいエネルギーを放ちます。物質が持つ潜在能力は、実はほとんど発揮されていない状態で、通常一番静かな状態でその場に佇んでいるのが通常なんです。そういう、物質の構成要素(原子)の持つ潜在能力を、更に、自然界に存在しない程までどんどん濃縮していくと、たとえ1cm×1cmのちっぽけな欠片でも、大変なエネルギーになるんです。とても乱暴な説明ですが、そういう物質が放射性物質で、それは何もしなくても延々と発熱し揮発し、何十年も厳重に冷却管理をしておかないと大暴走して臨界するような…要は現在の福島です。

さらに余談ですけれど、そういった放射性物質に耐性を持っている有機物(原始的な生き物)は沢山いますし、それが蔓延しても、地球の生き物的には、新たなものに取って代わるだけで、特にどうという事もないんです。ただ、僕ら人類は、食物連鎖の頂点に位置する為、特別に放射性物質に弱く(上位捕食者にどんどん濃縮されていくからです)、文字通り死活問題となります。これまでの全ての事もそうですが、地球の為、でなくて、単に僕らだけの為の、自滅行為の後の自演行為という状態です。とりわけ原発のようにごく一部の人達の利益の為だけにこれ程のリスクを負うというのは、多分過去に比類ないものです。

話がそれました。

電力会社の原価率の話ですが、確か電力の価格は、一般企業の様に、総合的な原価から算出されているのではなく、『設備投資にかかったコストから一定のパーセントを利益として電気料金に設定出来る』というルールではなかったかと思います。つまり、建設に金がかかればかかる程、儲かる訳です。しかも延々とそのままで。

原子力発電所にかかる建設費は、他と比べてダントツです。そして危険や事後コストについては無視、基本サービスの向上や健全性などとは無縁の独占状態。

自分の今の利益だけを追求する人にとっては、原子力はウハウハなんですね。


<マスメディア>

マスコミといっても、単なる営利企業です。本来そうではないはずのNHKも、原子力発電に利権を持っている団体や個人を沢山抱えています。つまり、伝える側は、皆事故を起こした当事者側の人達という事です。テレビは、プライドのない人達の集まりになっています。当然です。自分の給料こそがたいせつ、自分の社会的立場や生活こそがたいせつという人達ですから結果的に。だから、その情報を鵜呑みにする程愚かな日本人にはならないでください。真実は、自分自身で努力して調査した人だけが得られるというのが現状です。



いろんな事を書きましたが、この期にいろんな膿を出して、リーダーとしての資格のない一部の人達が不当に莫大な利益を得ながら日本を削り取っているという一部の現状がきっちりと精算・淘汰され、あるべき姿に適切に改善されなければいけません。
2011/04/07 | 気になる・・ | コメント:0 | トラックバック:0____
【レシピ】 かぼちゃの煮付け
<材料>

・カボチャ 1/4(300g)を3cm角くらいに切ったもの
・醤油(大さじ×1.5杯)25gくらい
・砂糖(大さじ×2/3杯)10gくらい

<調理>

クック膳に入れてレンジで8分。

ほくほくかぼちゃ、できあがり。
2011/04/05 | レシピメモ | コメント:0 | トラックバック:0____
【UVケア】 ベラリス 128g / エーザイ
berarisu.jpg

春っスね。

そして紫外線は夏っす。

表でずっと仕事したり、ジョギングで2時間も走り回っていたりすると、4月早々すぐに焼けてきます。
もうすでに、顔など性感…もとい精悍←な感じで焼けて来てます。

UVケアもたいせつですが、汗をかくと取れますし、特にジョギングなどの場合は塗り直しなど出来ませんので、結局アフターケアがたいせつです。

僕はこのアロエベラ。これすごいイイと思いますよ。

99%アロエ成分だからかな。ジェルで、つけ心地はさらさらしてますし、炎症も起こりにくいです。おっさんになると、焼けて肌が傷むと、剝ける云々より、ひび割れたり粉を吹いたりするんですけど、これつけとくと、だいじょうぶです。たぶん、でんぷん糊みたいな効果があるんでないかな。アロエに。ガバガバ使っても減りません。2シーズン持つ。

あんまし街で見かけなくなったけど、Amazonなどで買えます。なんといっても750円は安い。捗ります。

たぶん超ロングセラー商品と思います。ずっとあるもん。
2011/04/02 | お気に入り…もの | コメント:0 | トラックバック:0____
| ホーム |