【携帯】 NECカシオ製Androidスマートフォン / MEDIAS (N-04C) for docomo
medius

docomoから3月15日に出るスマートフォン。

カシオ(NECカシオ)が初めてdocomoに参入する機種ですね。それがAndroidモデルということ。

僕がiPhone3GSを買ってからこっち、XperiaでもGalaxyでも、これまでそれに足ると思った端末はなくて、今回のカシオがスマートフォンで反応したの初めてです。

とはいえ、考えようかな、と思えたのは本モデルではなく、防水にも対応する次モデル、夏モデルです。

防水、ワンセグ、お財布(僕には要らないけど)、赤外線。いわゆるケータイの機能があって、スマホの各アプリもぼちぼちAndroidにも揃ってきた。しかもdocomoだから電波もいいし、と。

iPhoneは、PC端末&音楽再生端末としては(オリジナルですから当然)比類ないんですが、“電話”として、また、耐久性が求められるモバイルギアとしての基本能力は日本製品のレベルと比べると相当低いです。本質的な機能だけでなく、付加的な機能、例えばカメラとかスピーカー性能なども含めて雲泥の差です。

そういう、日本のガラケーのスペックや機能、物理的な強さ凄さは、iPhoneにしてから、逆に日本製って凄かったんだなあと改めて分かりました。

さすがにスマホのフィールドになると、そういうこと全てを再現してもらえるとは思っていないですけど、いろんなバランスを考えたら、かなりのApple贔屓な僕でも、日本のカシオの方が信頼できる。家電に対するストイックさはAppleよりもカシオの方が全然あるように思います。

その為なら、少々のインターフェイスのスムースさやアプリのアドバンテージなんて気になりませんし、そう考えると、この夏は僕にとってアツイです。

iPhone5もこの夏らしいですし、NECカシオの本商品(の次ヴァージョン)もこの夏。

もしかしたらまさかのdocomoにMNP、docomoに始まりほぼ全キャリアを渡り歩いた末のただいまーー!となるか。はたして。

まずは日本のガラケーの10倍は脆い、今もひび割れだらけで、持つだけで軋む僕のiPhone3GSを、あと3ヶ月以上もたせること。

それが当面の僕のミッションです。

→ NTT docomo 該当商品インタビュー他
2011/02/25 | お気に入り…もの | コメント:0 | トラックバック:0____
【漫画】 ふうらい姉妹・1巻 / 長崎ライチ
ふうらい


いままででいちばん好きな漫画。


→ ジュンク堂の購入ページへ

→ 【ネットだけの別作品】 筆おろし望先生
→ 【本作品も一部ネットで見れるよ】 ふうらい姉妹フルカラー出張版
2011/02/19 | お気に入り…こと | コメント:0 | トラックバック:0____
【Web】 Pogoplug (ポゴプラグ) POGO-P25 (ブラック) / Cloud Engines (クラウドエンジンズ)
<2011/10/15追記>

1年くらい使いましたけど、あまり使い勝手が良くなく、改善もされないし、何と言っても、大したファイル操作をしてない時でも10時間とか、カラカラ×2とバックアップばかりしてるので電気代も勿体ないし、もう外しました。


pogoplug_image.png



無料オンラインストレージをあらためて比較というエントリーを最近書いたんですけど、それはつまり自分なりに今どきのオンラインストレージサービス(=例えば自分のPC上のファイルや画像をネット上で同期してくれたり管理してくれる無料オンライン保存サービス)に満足いってなくて、模索していたということなんですけど、そんな僕の雑多な要望を解決してくれる機器(会社・サービス)がいよいよ出て来たんじゃね!?という感じの商品が日本で先日発売されまして、とにかく買いまして使ってみましたので、書き…まして。


<Pogoplugの説明>

自分のPCにある画像やファイルを保存する外付ハードディスク。それをネット上ならどこからでもアクセス出来るオンライン保存空間にしてくれる装置(上のかたつむりみたいの)です。上の装置(9,800円)を買って自分で用意した外付けハードディスクを繋ぐ事で、クラウドエンジン社のサーバーとリンクされ、そのハードディスクはオンライン上(ネット上)の保存空間となります。4基まで繋ぐことが出来ます。このかたつむりを買うことでサーバーの使用権など諸々の費用もすべて買ったことになるみたいで、以降月額費用などのランニングコストは一切かかりません。はかどるー。


<日本でのPogoplugの経緯>

この製品、海外では何年か前から発売されていたみたいで、コアな人は買ったりしていたようですが、昨年から、サイトなどがちょこちょこと日本語に対応していってて、今年2月ついに日本正式参入を始めたようです。販売についてはソフトバンクと提携したり、全てについて日本語化するようです(サーバーは既に日本に設置していて、日本語の電話サポートも今後行うそう)。そしてまず日本語版の製品の販売を開始したのが5日前です。


<僕の購入経緯>

僕は日本での正式版発売2日前にたまたまその存在を知って、すごい気になったので、日本で販売されるチャネル(ソフマップとアマゾンとヨドバシとビックカメラ)にアクセスしたらソフマップだけ予約を受け付けていて、でも会員に入ってなかったので予約しなかったら程なく予約打ち止めになって、あとのサイトはずっと商品自体がなくて発売日当日になってもアマゾンですらなくて(売り切れでなく、商品そのものが“ない”)、でも気になるので、当日ちょこちょこ、ちょこちょことアクセスしてたら、午後4時位に見たときにアマゾンに予約画面が現れていたので、わお!とそのまま反射的に注文したような次第です。その4時間後には予約不可になっていたので、かなりの人気商品なんだなあ!!と驚きました。

ぽごpぅg


<全体の印象>

全体的には想像通りで、なかなかイイです。ただ、これも想像通りだったんですけど、相当おおざっぱな感じです。いろんな意味で。でも日本に正式参入したことで、日本人から様々な要望が出ると思いますので、今後洗練されていくことになるのではないかと期待しています。


<良い点>

・容量 / 自動バックアップ

事実上容量無制限ですから、PC上の写真やファイルなどを好きなだけバックアップする事が出来るのが良いです。ほとんどその為に買ったようなもんです。僕の場合、とりあえずPC上の写真、ファイル、音楽ファイルなどで重要なものだけを選んでバックアップしてみましたが、それでも30GBあります。オンラインストレージでは到底無理です。また、バックアップしたいフォルダを指定しておけば、自動で常時バックアップしてくれるのもらくちんです。

・iPhone(スマートフォン)との連携

iPhoneで撮った写真を(線を繋がずとも)ダイレクトにどんなPCからでもアクセス出来るのも良いです。例えば友達の家で自分のiPhoneで写真を撮って、それをその友達の家のPCでウェブから開いてそこに保存、なんてことも当たり前に出来てべんり。

・ファイルやフォルダの共有

手元にある写真ファイルやフォルダなどを、URLを発行する形で、そのまま公開・共有が出来ます。ファイル管理サイトやオンラインストレージのようにいちいち長い時間をかけてアップロードしなくても良いのでラクです。


<悪い点>

・使い勝手などが良いとは言えない

デザインは悪くないんですが、使い勝手は洗練されていません。おおざっぱな感じです。動きももっさりとしていますし、機能が多くない割には操作性が分かりにくく、説明もとても少ないです。改善の余地が沢山あり、価格の安さを別にして贅沢を言わせてもらえるならば、サービスのレベルとしてはまだまだ満足とはいえないです。

・プリンタの共有は、ない。(ぼくのCanon MP610は未対応)

そんなに古いプリンタでもマイナーなのでもないのに、なんじゃそれ…ですが、もし対応していたとしても、あまり使えたもんではなさそうです。まず、Pogoplugにプリンタを接続しておいたら、ラインを繋がなくても持っているどのPCやスマートフォンからでもウェブアクセス経由で何でも印刷できる、と、かなり脳天気な事を考えていたんですけど、勿論というかそうではありません。印刷出来る対象は、あくまでも『Pogoplugに接続した外付HDDの中にあるデータ』で、かつ、『かなり限定された一般的ファイルフォーマット(pdfなど?)のもの』だけです。しかも例えばtxtファイルなどは日本語に対応しておらず、文字化け化けです。かなりラフな、おまけ機能という感じです。

・日本語化の不備

単に表記を日本語にするという部分でも、言葉がおかしかったりしていますが、根本的に英語画面のままの部分も多々あり、日本に正式に進出したという点を考えると、まだかなり不十分な状態です。また、表記だけでなく、システムとして日本語に対応出来ていない点も多く、ファイル名の文字化けが起こったりもします。iPhoneの部分がいちばん日本語対応出来ていないようで、iPhoneアプリでは、内容が日本語のテキスト文書を表示する事が出来ません(文字化け)。また、通常、例えばiPodのアーティストやアドレス帳の連絡先などの一覧を表示した時、画面右側に検索用に縦にA-Z、あ~んの様なインデックスが並びますが、PogoplugのアプリにはA-Zしかありません。あ~んは検索出来ないです。


<細かなこと>

以下は、更に細かな諸々で、僕なりに触ってから分かった仕様です。もしかしたら間違っているところもあるかもしれませんがよろしくお願いします。(間違いであって欲しいと思うところもありますけど)

・アクティブコピーについて

アクティブコピーいう機能があるんですが、これには2種類あって、ひとつはPogoplugに繋いだ外付HDDその1→HDDその2への自動コピー機能です。ダブルバックアップみたいな。連携みたいな。もうひとつは、PC内のデータをPogoplugに繋いだ外付HDDに自動コピーする、いわゆるバックアップ機能。ただ、注意点というか、どちらの場合も、多分コピーしたらしっぱなしで、同期を取っている訳ではないようです。つまり、いったん(例えば)PCから外付HDDへバックアップされたデータ(ファイル)は、例えPCの方で削除しても外付HDDの方は削除されないという。バックアップ側は付け足されっぱなしみたいな感じです。不便といえば不便。あと、バックアップ時に、PC側のどれか1つのファイルが壊れていたり隠しファイル(アクセス権なし)だったりすると、そのファイルの時点で失敗(failed)→再度イチからバックアップ開始→というのを延々やり続けますので注意。そういう場合は、どのファイルまでコピー出来ているかを確認して問題のファイル(フォルダ)を特定して取り除くとうまくいきます。あと、PCからPogoplugの外付HDDへの自動コピー(アクティブコピー)を設定したい時には、まず外付HDD側に受け皿となるフォルダを予め用意しておいてから、設定を始めないとダメです。そういった、エラー時の対処や、基本手順に関する説明がPogoplugは行き届いていないので、ちょっとしたことですごく戸惑います。

・ファイル共有

ファイルやフォルダを他の人に公開(共有)するように設定した際、他の人は見る&ダウンロード出来るだけなのか、はたまたアップロードしたり削除したりも出来る(フルアクセス)権限を持つのか選べるんですが、そのフルアクセス権限を与えたい人には招待メールを送るんですが、その人は、メールにあるリンク(該当共有URL)にアクセスしたあと、自分のIDとパスワードを2週間以内に設定しなければそのURL自体が無効になってしまうんですが、そのIDとパスワードを設定するということ=Pogoplugに会員登録するみたいになるのと、またフォルダや複数ファイルを一度にアップしたりするには結局専用のPogoplugソフトをその人もインストールしないといけなかったりで、共有相手がPogoplug自体に別に興味ない場合(ほとんどそうだと思うんですけど)、あまり実用的な仕様ではない感じです。

・大胆過ぎるリンク切れ

日本語サイト上部の、でっかいメニュー“ヘルプ”をクリックしてもちゃんと飛ばないんです。ちょっとー。トップページだぞーぅ。すぐ直してーぇ。(だって単なるリンク先指定の不備のような。ちゃんとありますし日本語ヘルプページ。何故かそこは律儀?に日本語URLだし。
( http://www.pogoplug.com/home-ja-サポート-ヘルプ.html

※だいぶ経ったので、さすがに今は直ってます。

・メニューバーのアイコン(Mac)

これは、非常に知覚過敏的というか神経質というか…あれなんですけど、Macのメニューバーに表示されるアイコンが、黒過ぎる&なんか2pxほど上に寄ってるというのも直して欲しいです。目につくんですよう。下の小さい画像では伝わりきらないというか、分かりにくいんだけれども実際は結構目立つんだよぶつぶつ…

ぽごぷらぐ

・Wi-Fiの謎

僕の買ったモデルはWi-Fiつきなんです。けど、この、Wi-Fiについては、オンラインヘルプ、マニュアル、どこに説明があるんだろう??どういう機能としてのWi-Fiなのか未だに分かっていません。たぶん、Pogoplug本体からルーターに対してLANケーブルを接続しなくても、無線LAN引いてるんなら無線で動きまっせ、ということなのであろうと理解していて、僕の場合、本体はルーターの近くにあるし、わざわざスピードを落としてまで無線で繋ぐ理由がないので放置していますが、謎です。なんだろWi-Fiって。

・常時バックアップの用途に使うならHDDは耳から遠いところに

バックアップ対象にしているファイルやフォルダを触るようなPC作業の時は、現状、同期(バックアップというかupdateというか)のロジックはあまり賢いものではないような感じで、ささっと書き直す感じでもなく、かなりずっとHDD稼働みたいな状態になります。対象の外付HDDを目の前に置いておくと、ずっとカリカリカリカリうるさいので注意です。些細ですけど電気代も注意です。

とりあえずそんな感じです。また気づいたらその都度いろいろ書き足します。


→ Pogoplugの公式サイト
続きを読む
2011/02/09 | お気に入り…こと | コメント:0 | トラックバック:0____
【テクノロジー】 3D映像の世界
消費者的にはそこまで流行ってはいないと思いますけど、メディアや企業的にはめちゃくちゃ流行ってますね、3D。

どう思いますか?

僕は、映画の世界とか、携帯ゲーム(NINTENDO 3DS)とか、そういう特定分野、エンターテイメント分野などから、ある種の先駆的テストも兼ねて展開されている分には、そういうものというか、いいんですけど、一般の家電商品としてのテレビとしてバンバン発売されているのは、ちょっとどうか、というか、まだ全然完成してないのではないのかこれ(家電商品のレベルに満たないのでは)という気がするんですけど。

まず、特殊なメガネが要るとか、寝ながら見ちゃダメとか、前後左右一定の場所から見てねとか、そういう時点でアウトなような。お茶の間の、あくまでテレビですからね。家族全員でメガネかけてすき焼き食べるんでしょうか。また裸眼のタイプのでも、冷蔵庫の前が一番3Dでソファだといまいちとか?何かおかしい。

あと、3Dを実現するメガネや画像処理の為に、『画面が暗くなる』とか『実効解像度が下がる』というのもどうなんだろう。

いちばんどうかと思うのが、僕が見たものは全て、立体というより、今までが1枚の紙芝居だったとすれば、奥行き方向に4枚くらいに増えた紙芝居になりました、というイメージ。PC用語でいうと、レイヤー?と。古典的なイメージでいうと、飛び出る絵本みたいな。



立体だ、かつ、今までの映像より次元だ、と言える条件には、以下の要素が必要だと思います。

●現在のハイビジョンと同質以上の映像レベルであること(明るさ・コントラスト・精細度)
●同じく同質以上の視聴条件であること(どの角度からどのようにみても裸眼でふつうに高解像度で見れる)
●遠近感が無段階であること(でないと、書き割り、もっと良くてもレゴブロックみたいになってしまう)
●左右180度近くの視野角であること(でないと多分人間の視野的に違和感を覚えると思う。立体となると)

TVが積極的に売れる理由や、現行のテレビの利益率がほとんどなくなってしまって、何かしないとダメなのは分かりますけど、このレベルではまだ売ったらあかんのとちゃう?と僕は思います。TVに関してだけは。

もちろん、3Dテレビ、でなく、テレビ(3D機能つき)、と捉えるなら、それでいいじゃんか、ということかも知れないですけど。

大昔の原理のものから始まった3Dテレビですが、いま急速に技術が進んでいってるので、今後どんどん良くなるとは思いますけど。

とにかく頑張れ3DとTV!
続きを読む
2011/02/01 | 気になる・・ | コメント:0 | トラックバック:0____
| ホーム |